【海外ITニュース速報】マスクのツイッターは、世界が必要とする町の広場にはならないだろう。

【海外ITニュース速報】マスクのツイッターは、世界が必要とする町の広場にはならないだろう。

Musk’s Twitter Will Not Be the Town Square the World Needs

マスクのツイッターは、世界が必要とする町の広場にはならないだろう。

要約(英語):

Twitter co-founder Jack Dorsey said, “Yes, a new platform is needed.” “It can’t be a company. It can’t have an advertising model … It should be funded by a foundation,” he added. Musk has announced plans to make Twitter the “most respected advertising platform in the world.” Twitter after Musk’s purchase will be loaded with debt; interest alone will be billions of dollars each year.

要約(日本語):

Twitterの共同設立者であるJack Dorseyは、「はい、新しいプラットフォームが必要です」と述べました。「それは会社ではありえない。広告モデルを持つことはできない…財団によって資金提供されるべきだ」と彼は付け加えた。マスクは、Twitterを「世界で最も尊敬される広告プラットフォーム」にする計画を発表しました。Muskの購入後のTwitterには借金が詰まっています。関心だけで、毎年数十億ドルになります。

本文:

Eli Pariser In April, as he prepared to make his offer to buy Twitter, Elon Musk asked on the site whether “a new platform is needed” for “the de facto public town square.” Jack Dorsey, Twitter’s cofounder—and, until recently, its CEO—replied to him privately in a now-public text: “Yes, a new platform is needed,” he wrote. “It can’t be a company. This is why I left … It can’t have an advertising model … It should be funded by a foundation.” ELI PARISER is is codirector, with Deepti Doshi, of New_ Public, a community and studio for building better digital public spaces. Before New_ Public he co-founded the social media startup Upworthy, wrote “The Filter Bubble,” and ran the pioneering digital citizen organization MoveOn.org.

4月にエリパリザーは、Twitterを購入することを申し出る準備をしたとき、Elon Muskはサイトで「事実上の公共の町広場に必要な新しいプラットフォームが必要か」かどうか尋ねました。Twitterの共同設立者であるJack Dorsey(そして最近まで、CEO)は、現在公開されているテキストで彼に個人的に表現しました。「はい、新しいプラットフォームが必要です」と彼は書いています。「それは会社になることはできません。これが私が去った理由です…それは広告モデルを持つことができません…それは基礎によって資金提供されるべきです。」Eli Pariserは、より優れたデジタルパブリックスペースを構築するためのコミュニティでありスタジオであるNew_ PublicのDeepti Doshiと共に、コディレクターです。New_ Publicの前に、彼はソーシャルメディアのスタートアップUpworthyを共同設立し、「The Filter Bubble」を書き、先駆的なデジタル市民組織moveon.orgを実行しました。

Musk is unlikely to listen—especially given the plans he announced Thursday morning to make Twitter the “most respected advertising platform in the world.” Twitter after Musk’s purchase will be loaded with debt; interest alone will be billions of dollars each year. And his alliance with far-right voices (see, for example, the “three Musketeers” meme he posted suggesting common cause with Donald Trump and Kanye West), combined with his undercooked ideas about content moderation, make him an unlikely steward for the kind of cohesion and meaning-building digital “town square” democracies need.

マスクは、特に木曜日の朝にTwitterを「世界で最も尊敬される広告プラットフォーム」にするために発表した計画を考えると、耳を傾ける可能性は低いです。Muskの購入後のTwitterには借金が詰まっています。関心だけで、毎年数十億ドルになります。そして、彼の極右の声との同盟(たとえば、彼がドナルド・トランプとカニエ・ウェストと共通の原因を提案した「3人の銃士」のミームを参照)は、コンテンツの節度についての調理不足のアイデアを組み合わせて、彼を種類のためにありそうもないスチュワードにします結束と意味の構築デジタル「町の広場」民主主義が必要としています。

The other options are no better. Mark Zuckerberg seems to have given up on his stated mission of building community and “bringing the world closer together” while he chases the metaverse, and is pivoting Facebook and Instagram to algorithmically surfaced TikTok-style videos. And TikTok, the fastest growing social application and an increasingly important source of news around the world, is effectively controlled by the world’s most powerful autocrat, Xi Jinping, and his surveillance state.

他のオプションは良くありません。マーク・ザッカーバーグは、メタバースを追いかけている間、コミュニティを構築し、「世界を近づける」という彼の述べられた使命をあきらめたようで、FacebookとInstagramをアルゴリズム的に表面化したティクトクスタイルのビデオにピボットしています。そして、最も急速に成長しているソーシャルアプリケーションであり、世界中のますます重要なニュースのソースであるTiktokは、世界で最も強力な独裁者、Xi Jinping、および彼の監視状態によって効果的に制御されています。

Featured Video Climate Scientist Answers Earth Questions From Twitter Musk’s purchase is the inevitable outcome of a choice we collectively made to cede our public sphere to centralized, advertising-driven companies controlled by a few men. The outcome has been a functionally autocratic digital environment in which you can tweet whatever you want—but to change the dynamics of the platform itself, you need $44 billion. And it’s been disastrous for democracies, for communities, and for many people who have suffered the hate, political oppression, and worse that comes with being an afterthought in an attention economy.

注目のビデオ気候科学者は、Twitter Muskの購入からの地球の質問に答えます。これは、少数の男性が管理する集中型の広告主導の企業に公共の領域を譲るために集合的に行った選択の避けられない結果です。結果は機能的に独裁的なデジタル環境であり、あなたが望むものをツイートすることができますが、プラットフォーム自体のダイナミクスを変更するには、440億ドルが必要です。そして、それは民主主義、コミュニティ、そして憎しみ、政治的抑圧に苦しんでいる多くの人々にとって悲惨なものでした。

It doesn’t have to be this way.

このようである必要はありません。

This moment of great change in social media gives us a window to choose a different path. It’s time to stop relying on a few billionaires or VCs to make key decisions for billions of people around the world. It’s time to invest in public digital spaces that actually serve the public and prioritize healthy relationships, stable communities and, well, people.

ソーシャルメディアの大きな変化の瞬間は、別のパスを選択するためのウィンドウを提供します。世界中の何十億人もの人々に重要な決定を下すために、数億ドルまたはVCSに頼るのをやめる時が来ました。実際に一般に役立つ公共のデジタルスペースに投資し、健全な関係、安定したコミュニティ、そして人々に優先順位を付ける時です。

This isn’t just a pipe dream: A growing movement of software architects, community entrepreneurs, designers, and researchers around the world—including myself and my colleagues at New_Public—are starting to imagine and build the kind of truly public spaces that Dorsey’s text gestures at.

これは単なる夢ではありません。ソフトウェアアーキテクト、コミュニティの起業家、デザイナー、世界中の研究者の成長する動きは、私自身とnew_publicの私の同僚を含む – ドーシーのテキストが真に公共スペースを想像し、構築し始めていますジェスチャー。

We start by taking the town square metaphor seriously—not just because town squares are not run for financial gain, but because a meaningful understanding of how public spaces work in healthy communities in the physical world can give us a great deal of insight about how to structure the digital world. In the physical world, we’ve developed a whole host of social affordances and institutions–from park benches and parks to schools to sidewalks to libraries—to help build cohesion and inclusion.

町の広場のメタファーを真剣に受け止めることから始めます。町の広場が経済的利益のために運営されていないからではなく、物理的な世界の健康なコミュニティで公共空間がどのように機能するかについての意味のある理解が、どのようにするかについて多くの洞察を与えることができるからです。デジタルの世界を構築します。物理的な世界では、公園や公園から学校、図書館までの学校までの多くのソーシャルアフォーダンスと機関が、結束と包含の構築を支援しました。

And as in the physical world, in the digital world there should not be one single town square, no single, unitary nonprofit Facebook clone. We take inspiration from the economist Elinor Ostrom, who, after studying how communities manage commons like fisheries and forestries around the world, declared that there are “no panaceas,” no one-size-fits-all solutions for commons management.

そして、物理的な世界のように、デジタルの世界には、単一の町の広場、単一の単一の単一の非営利のFacebookクローンはありません。エコノミストのエリノール・オストロムからインスピレーションを得ています。エリノール・オストロムは、コミュニティが世界中の漁業や森林のようなコモンズを管理する方法を研究した後、「パナシア」、コモンズ管理のための万能のソリューションがないと宣言しました。

What we should aspire to is an overlapping ecosystem of cross-connected public-service and publicly owned digital social spaces. On today’s Big Social, a few voices do a lot of the speaking, while most users struggle to get heard, get shouted down when they do, or self-censor to avoid harassment and worse—a problem less prevalent in the world of “small social.” Moving to smaller fora creates more opportunity for everyone to actually participate.

私たちが目指すべきのは、相互接続された公共サービスと公開されているデジタルソーシャルスペースの重複するエコシステムです。今日の大きなソーシャルでは、いくつかの声が多くの話をしますが、ほとんどのユーザーは聞くのに苦労したり、叫んだり、嫌がらせや悪化を避けるために自己検閲に苦しんでいます。社交。”より小さなforaに移動すると、誰もが実際に参加する機会が増えます。

Matt Burgess Khari Johnson Simon Hill Boone Ashworth Consumers have sensed this and are already moving toward a digital social environment of smaller and more governable spaces. You can see this in the rise of Discord, Slack, group chats, and Web3 DAOs—spaces that feel more ownable, governable, and safe than the legacy commercial platforms. However, these spaces tend to be either high-quality, well-moderated, and homogenous, with a subscription business model, or a low-quality, heterogeneous free-for-all. The critical project that the new wave of startups have little incentive to solve for is building free, heterogeneous, well-moderated communities—and that’s where public-service digital spaces have a critical role to play.

マット・バージェス・カリ・ジョンソン・サイモン・ヒル・ブーン・アシュワースの消費者はこれを感じており、すでにより小さな統治可能な空間のデジタル社会環境に向かっています。これは、Discord、Slack、Group Chats、およびWeb3 DAOSの台頭で見ることができます。ただし、これらのスペースは、サブスクリプションビジネスモデルを備えた高品質で、十分にモデレートされ、均質であるか、または低品質で不均一な自由に備えている傾向があります。スタートアップの新しい波が解決するインセンティブをほとんど持っていない重要なプロジェクトは、無料で不均一な、よくモデレートされたコミュニティを構築しています。そこで、公共サービスのデジタルスペースが重要な役割を果たしています。

Private and public funders should invest in smaller and more public governable spaces—the digital equivalents of parks and libraries—built toward specific community goals (for example, slower but respectful local conversation) rather than advertiser engagement.

民間および公的資金提供者は、広告主のエンゲージメントではなく、特定のコミュニティの目標(たとえば、より遅いが敬意のあるローカルな会話など)に基づいて構築された、公園や図書館のデジタルに相当する、より小規模で公的なガバナブルなスペースに投資する必要があります。

As for what will draw people to participate in them, the dynamics of these new spaces can be informed by the ones in offline life. People don’t go to libraries to participate in civic democracy, they go to libraries to get books, access the internet, engage librarians, and use free community space—in other words, to meet disparate individual needs that commercial and market-based solutions will not. The fact that libraries build community strength and cohesion is a beneficial byproduct. There are plenty of these unmet needs in digital life as well—especially where building deep relationships and community is concerned. Meeting needs around social support and connection in a simple, enjoyable way can drive adoption of these spaces.

人々を彼らに参加させるものについては、これらの新しいスペースのダイナミクスは、オフラインの生活のダイナミクスに通知することができます。人々は市民民主主義に参加するために図書館に行きません。彼らは図書館に行き、書籍を入手し、インターネットにアクセスし、図書館員に関与し、言い換えれば、商業および市場ベースのソリューションの異なる個々のニーズを満たすために、無料のコミュニティスペースを使用します。しない。図書館がコミュニティの強さと結束を構築するという事実は、有益な副産物です。デジタルライフには、これらの満たされていないニーズもたくさんあります。特に、深い関係やコミュニティの構築が関係している場合です。ソーシャルサポートとつながりに関するニーズを簡単で楽しい方法で、これらのスペースの採用を促進することができます。

Some of these social spaces can also grow around existing public institutions. For example, New_ Public has been investigating how public-service digital conversations might be built around one of America’s largest and most public institutions: school communities. These communities contain many of the ingredients for building a healthy, pluralistic, cross-cutting public conversation: a shared identity and investment, a relatively high degree of diversity, and a need to communicate digitally. But, as researcher danah boyd has pointed out, schools are overburdened already, and weaving this “social network for democracy” isn’t anyone in particular’s job. The school community members in Oakland, California, we worked with saw an enormous unmet opportunity to help each other solve problems as caretakers, be more informed about their schools, and celebrate their kids accomplishments digitally (think the digital equivalent of a school talent show)—none of which are met by most of the existing tools around schools.

これらの社会的空間のいくつかは、既存の公的機関の周りでも成長する可能性があります。たとえば、New_ Publicは、アメリカの最大かつ最も公的機関の1つである学校コミュニティを中心に、パブリックサービスのデジタル会話がどのように構築されるかを調査しています。これらのコミュニティには、健康で多元的で交差する公開会話を構築するための多くの要素が含まれています。アイデンティティと投資、比較的高い多様性、そしてデジタルでコミュニケーションする必要性です。しかし、研究者のダナ・ボイドが指摘しているように、学校はすでに負担をかけられており、この「民主主義のためのソーシャルネットワーク」を織り込むことは、特に仕事の仕事ではありません。カリフォルニア州オークランドの学校コミュニティメンバー、私たちは、世話人として問題を解決し、学校についてより多くの情報を与え、子供の業績をデジタルで祝うのを助けるために、巨大な満たされていない機会と協力しました(学校のタレントショーに相当するデジタルと考えてください) – 学校の周りの既存のツールのほとんどで満たされているものはありません。

There’s still plenty of space in this vision for private businesses online, just as coffee shops don’t obviate the need for parks and bookstores don’t remove the need for libraries. In fact, as they do in the physical world, investments in digital social infrastructure could increase the value and health of businesses: They could take on some of the thorny functions and conversations that advertisers aren’t eager to support anyway and would be better managed by public servants.

コーヒーショップが公園や書店の必要性を排除しないのと同じように、このビジョンにはこのビジョンにはまだ多くのスペースがあり、図書館の必要性を削除しません。実際、物理的な世界で行うように、デジタルソーシャルインフラストラクチャへの投資は企業の価値と健康を高めることができます。公務員による。

Bringing online a digital environment conducive to healthy conversation and democracy will require a mix of space-size ambition and human-scale curiosity and care. We’ll need an explosion of experimentation to discover how to build different kinds of social spaces, and we’ll need to develop new methods to quickly assess what works and what doesn’t. We’ll need a significant amount of new philanthropic and public funding for this work. And we’ll need community entrepreneurs, digital urban planners, and public-interest technologists who are adept at building with the public in mind.

健康的な会話と民主主義を助長するデジタル環境をオンラインで提供するには、宇宙サイズの野心と人間規模の好奇心とケアの組み合わせが必要です。さまざまな種類のソーシャルスペースを構築する方法を発見するには、実験の爆発が必要になります。何が機能し、何が機能しないかを迅速に評価するための新しい方法を開発する必要があります。この作業には、かなりの量の新しい慈善活動と公的資金が必要になります。また、コミュニティの起業家、デジタルアーバンプランナー、および一般の人々を念頭に置いて構築することに熟達している公的な技術者が必要です。

Getting our communications infrastructure right is an existentially important task. The fate of democracy—and our ability to solve big problems, from runaway AI to climate change to the next pandemic—depends on our ability to see each other, influence each other, and make meaning with each other. All of that will happen to a large degree in digital spaces.

通信インフラストラクチャを正しく取得することは、実存的に重要なタスクです。民主主義の運命と、暴走AIから気候変動、次のパンデミックまで、大きな問題を解決する能力は、お互いを見て、互いに影響を与え、お互いに意味を作る能力に依存します。それはすべて、デジタル空間で大量に起こります。

We can build the kind of digital public spaces that actually help us come together effectively. Or we can continue to put our faith in Xi Jinping, Mark Zuckerberg, and Elon, and hope for the best.

実際に効果的に集まるのを助けるデジタルパブリックスペースを構築できます。または、Xi Jinping、Mark Zuckerberg、およびElonに信仰を置き続け、最高のことを望んでいます。

We know how that experiment plays out. It’s time to try a different one.

その実験がどのように機能するかを知っています。別のものを試す時が来ました。

WIRED Opinion publishes articles by outside contributors representing a wide range of viewpoints. Read more opinions here, and see our submission guidelines here. Submit an op-ed at opinion@wired.com.

Wired Opinionは、幅広い視点を表す外部の貢献者によって記事を公開しています。こちらの意見をご覧ください。提出ガイドラインはこちらをご覧ください。op-ed(Opinion@wired.com)を提出します。

元記事

Newsカテゴリの最新記事