【海外ITニュース速報】米国は水素製造大国を目指す

【海外ITニュース速報】米国は水素製造大国を目指す

The US wants to become a hydrogen production powerhouse

米国は水素製造大国を目指す

要約(英語):

the Department of Energy wants to produce 10 million metric tons of clean hydrogen by 2030, according to a draft National Clean Hydrogen Strategy and Roadmap released yesterday. About 10 million metric tons of hydrogen is already produced in the US each year, but that’s mostly “gray” hydrogen made with dirty natural gas. The shift would be to combine natural gas with controversial technologies that capture carbon dioxide emissions and make more hydrogen using renewable energy sources and nuclear energy. Deputy Secretary of Energy David Turk said clean hydrogen is a high priority technology for the Obama administration.

要約(日本語):

エネルギー省は、昨日リリースされた全国的なクリーン水素戦略とロードマップのドラフトによると、2030年までに1,000万トンのきれいな水素を生産したいと考えています。毎年、米国では約1,000万トンの水素がすでに生産されていますが、それはほとんどが汚れた天然ガスで作られた「灰色」水素です。シフトは、天然ガスを、二酸化炭素排出量を捕捉し、再生可能エネルギー源と原子力エネルギーを使用してより多くの水素を作る物議を醸す技術を組み合わせることです。エネルギー副長官デイビッド・タークは、クリーン水素はオバマ政権にとって最優先技術であると述べた。

本文:

By Ramping up production of hydrogen fuel is now a high priority for the Biden administration as it tries to put an end to the fossil fuel pollution causing climate change.

水素燃料の生産を増やすことにより、気候変動を引き起こす化石燃料汚染を終わらせようとするため、現在、バイデン政権にとっては最優先事項です。

The Department of Energy wants to produce 10 million metric tons of “clean” hydrogen by 2030, according to a draft National Clean Hydrogen Strategy and Roadmap released yesterday.

エネルギー省は、昨日リリースされた全国的なクリーン水素戦略とロードマップのドラフトによると、2030年までに1,000万トンの「クリーン」水素を生産したいと考えています。

About 10 million metric tons of hydrogen is already produced in the US each year, but that’s mostly “gray” hydrogen made with dirty natural gas.

毎年、米国では約1,000万トンの水素がすでに生産されていますが、それは主に汚れた天然ガスで作られた「灰色」水素です。

The shift would be to pair that natural gas with controversial technologies that capture carbon dioxide emissions as well as make more hydrogen using renewable energy sources and nuclear energy.

このシフトは、その天然ガスを、二酸化炭素排出量を捉え、再生可能エネルギー源と原子力エネルギーを使用してより多くの水素を作る物議を醸す技術と組み合わせることです。

“A high priority technology for this administration” Clean hydrogen is “a high priority technology for this administration,” Deputy Secretary of Energy David Turk said in a press briefing yesterday.

「この管理の優先技術が高い」クリーン水素は、「この政権にとって優先度の高い技術」であると、エネルギー副長官のデイビッド・ターク副長官は昨日の記者会見で述べた。

“I will say one word about why that is, and that is versatility.” Hydrogen is seen as an alternative fuel to fossil fuels.

「それがなぜなのか、それが汎用性であることについて一言も言います。」水素は、化石燃料の代替燃料と見なされています。

It might be a cleaner fuel for planes or ships, for instance.

たとえば、飛行機や船のよりきれいな燃料かもしれません。

There’s also hope that using hydrogen as fuel could potentially reduce greenhouse gas emissions from industrial processes that need to reach extremely high temperatures, something that’s harder for renewables like wind and solar to accomplish.

また、燃料として水素を使用すると、非常に高い温度に達する必要がある産業プロセスからの温室効果ガスの排出量が潜在的に削減される可能性があることを願っています。これは、風や太陽のような再生可能エネルギーが達成するのが難しいものです。

When hydrogen is made with excess wind and solar energy, it also serves as a kind of “energy storage,” similar to a battery, so that abundant renewable power doesn’t go to waste when electricity demand is low.

水素が過剰な風と太陽エネルギーで作られている場合、バッテリーと同様の一種の「エネルギー貯蔵」としても機能するため、電力需要が低い場合、豊富な再生可能電力は無駄になりません。

Hydrogen releases water vapor when burned, which is why it’s being sold as a clean fuel.

水素は燃焼すると水蒸気を放出するため、きれいな燃料として販売されています。

The big caveat is that hydrogen is essentially only as clean as the energy source used to produce it.

大きな警告は、水素は本質的にそれを生成するために使用されるエネルギー源と同じくらいきれいであるということです。

One way to make hydrogen is through electrolysis, which uses electricity to separate water molecules into hydrogen and oxygen.

水素を作る1つの方法は、電気分解を使用することです。これは、電気を使用して水分子を水素と酸素に分離します。

“Green” hydrogen can be made by splitting water molecules using renewable energy.

「緑」の水素は、再生可能エネルギーを使用して水分子を分割することで作ることができます。

There’s also “pink” hydrogen, made through electrolysis powered by nuclear energy.

また、原子力エネルギーを搭載した電気分解を通じて作られた「ピンク」の水素もあります。

But the majority of hydrogen produced today is “gray” and greenhouse gas-emitting.

しかし、今日生産されている水素の大部分は「灰色」と温室効果ガス発光です。

To make gray hydrogen, methane gas reacts with high-temperature steam under high pressure in a process that releases carbon dioxide while making the hydrogen.

灰色の水素を作るために、メタンガスは、水素を作りながら二酸化炭素を放出するプロセスで高圧下で高温蒸気と反応します。

Now, the Biden administration wants to rely on technologies that scrub CO2 out of smokestack emissions to try to make that gray hydrogen clean.

現在、バイデン政権は、smokestackの排出物からCO2をスクラブして、灰色の水素をきれいにしようとする技術に依存したいと考えています。

That’s a contentious proposition since critics argue it would prolong, rather than phase out, the reign of fossil fuels.

それは、批評家が化石燃料の統治ではなく延長すると主張しているため、論争的な命題です。

And capturing CO2 doesn’t deal with methane leaks, which are a huge problem for natural gas infrastructure.

CO2の捕獲はメタン漏れには対処しません。これは、天然ガスインフラストラクチャにとって大きな問題です。

There are also worries that a new hydrogen industry could create its own problems.

また、新しい水素産業が独自の問題を引き起こす可能性があるという心配もあります。

Citing safety concerns about leaks from hydrogen pipelines and storage facilities, several environmental groups sent a letter to US Secretary of Energy Jennifer Granholm earlier this week that urged the Department of Energy to drop hydrogen projects from the Biden administration’s environmental justice initiatives.

水素パイプラインと貯蔵施設からの漏れに関する安全上の懸念を引用して、いくつかの環境グループは今週初めにエネルギー秘書のジェニファーグランホルムに、エネルギー省がバイデン政権の環境正義イニシアチブから水素プロジェクトを落とすよう促しました。

Critics argue it would prolong, rather than phase out, the reign of fossil fuels Nevertheless, the Biden administration looks poised to push forward with its hydrogen ambitions.

批評家は、それが段階的に廃止されるのではなく、延長すると主張しているが、それにもかかわらず、バイデン政権は水素の野望を前進させる態勢を整えているようだ。

The roadmap issued yesterday includes clean hydrogen production goals that grow with time: 20 million metric tons of clean hydrogen by 2040 and 50 million metric tons by 2050. The Department of Energy thinks that could ultimately reduce US greenhouse gas emissions by 10 percent by 2050. The roadmap, however, is still a draft, and the DOE says it’s soliciting feedback before finalizing the strategy.

昨日発行されたロードマップには、時間とともに成長するクリーンな水素生産目標:2040年までに2,000万トンのクリーンな水素と2050年までに5,000万トンのトンが含まれています。エネルギー省は、2050年までに米国の温室効果ガス排出量を最終的に10%削減できると考えています。ただし、ロードマップは依然としてドラフトであり、DOEは、戦略を最終決定する前にフィードバックを求めていると述べています。

The Biden administration has already set in motion plans to develop up to 10 regional hubs for hydrogen production across the US.

バイデン政権はすでに、米国中の水素生産のために最大10の地域ハブを開発するための動き計画を設定しています。

At least one of the hubs should use renewable energy to make hydrogen fuel, the DOE says, and another hub is supposed to harness nuclear energy.

DOEによると、少なくとも1つのハブは再生可能エネルギーを使用して水素燃料を作る必要があり、別のハブは原子力エネルギーを利用することになっています。

But the DOE is also looking for at least two hubs in regions with “abundant natural gas resources.” Yesterday, the DOE opened up $7 billion in funding opportunities to develop those hubs, which the agency says will be “one of the largest investments in DOE history.”

しかし、DOEはまた、「豊富な天然ガス資源」を持つ地域に少なくとも2つのハブを探しています。昨日、DOEは70億ドルの資金調達機会を開設して、これらのハブを開発しました。代理店は、「DOE史上最大の投資の1つ」になると述べています。

元記事

https://www.theverge.com/2022/9/23/23368339/hydrogen-clean-energy-biden-administration-strategy

Newsカテゴリの最新記事