【海外ITニュース速報】ロボットトラック開発のTuSimple、中国の新興企業との関係報道を受けてCEOを更迭

【海外ITニュース速報】ロボットトラック開発のTuSimple、中国の新興企業との関係報道を受けてCEOを更迭

Robot Truck Developer TuSimple Ousts CEO After Report Of Ties To Chinese Startup

ロボットトラック開発のTuSimple、中国の新興企業との関係報道を受けてCEOを更迭

要約(英語):

Xiaodi Hou, the architect of TuSimple, was ousted as CEO and chairman of the company last week. Hou was reportedly investigated for improperly funding and transferring technology to a Chinese startup. “We lost trust and confidence in Dr. Hou’s judgment, decision-making, and ability to lead the company,” the company said in an emailed statement

要約(日本語):

Tusimpleの建築家であるXiaodi Houは、先週、会社のCEO兼会長として追放されました。Houは、不適切に資金を提供し、テクノロジーを中国の新興企業に譲渡したことで調査されたと伝えられています。「私たちは、ホウ博士の判断、意思決定、会社を率いる能力に対する信頼と自信を失いました」と会社は電子メールで声明を出しました。

本文:

Xiaodi Hou, cofounder, of TuSimple, was ousted as CEO and chairman this week. TuSimple, a leading developer of autonomous driving systems for trucks, fired CEO and cofounder Xiaodi Hou, the architect of its technology, following a report that he was being investigated for his role in improperly financing and transferring technology to a Chinese startup. Hou denies doing anything improper.

Tusimpleの共同設立者であるXiaodi Houは、今週CEOおよび会長として追放されました。トラック向けの自動運転システムの大手開発者であるTusimpleは、技術の建築家であるCEOを解雇したCEOであり、共同設立者のXiaodi Houであり、テクノロジーへの不適切な資金調達と移転における彼の役割について調査されているという報告に続いて、中国のスタートアップに譲渡しました。houは不適切なことをすることを否定します。

TuSimple shares plunged about 50% on the news. The company’s board, which also removed Hou as chairman late Sunday, “unanimously determined that it was necessary and in the best interest of the shareholders to terminate Xiaodi Hou,” TuSimple said in an emailed statement. “Fundamentally, we lost trust and confidence in Dr. Hou’s judgment, decision-making, and ability to lead the company as CEO. This decision, which was made in connection with an ongoing investigation that was initiated by our Board’s Audit Committee in July, was made independent of any media coverage.” Hou’s ouster occurred shortly after the Wall Street Journal reported that the Federal Bureau of Investigation, Securities and Exchange Commission and Committee on Foreign Investment in the U.S., known as CFIUS, were all probing TuSimple’s connection to Hydron Inc., a hydrogen truck startup founded by TuSimple co-founder Mo Chen, citing people familiar with the matter. The concern is that executives including Hou failed to properly disclose the relationship with Hydron, a potential breach of fiduciary duties and securities law, according to the people who spoke anonymously. Investigators are also probing whether TuSimple shared its U.S.-developed autonomous driving technology with Hydron, a company with Chinese operations, a potential violation of U.S. rules, the report said. TuSimple did not reference the report in its statement, but Hou denied it in a LinkedIn post on Monday. “I have been completely transparent in both my professional and personal life and I fully cooperated with the Board because I have nothing to hide,” he said. “I want to be clear that I fundamentally deny any suggestions of wrongdoing.” The Caltech-trained computer scientist created TuSimple with Chen in 2015 with the goal of perfecting autonomous driving for heavy-duty trucks rather than robotaxis. Given the somewhat easier operating environment that semis experience–highways rather than crowded urban streets–and a persistent shortage of long-haul truck drivers, Hou believed it would be a faster path to commercialization. Companies including Alphabet’s Waymo, Aurora, Embark and Kodiak are also competing to bring robotic trucks to market in the next few years. (For more on Hou and TuSimple, see, Robo-Rigs: The Scientist, The Unicorn and The $700 Billion Race To Create Self-Driving Semi-Trucks) The ouster of Hou comes as the outlook for self-driving companies grows tougher as the push to automate vehicles to operate safely without a human at the wheel is increasingly seen as a costly, long-term challenge. Last week, Ford and Volkswagen decided to stop funding Argo AI, a promising autonomous tech company that had raised more than $3 billion after determining that it would be too many years before they saw a return on that investment. “My motivation has always been and continues to be chasing that visionary dream,” Hou wrote today. “The painful truth is that on Oct. 30, the Board voted to remove me as CEO and Chairman of the Board without Cause. Unfortunately, the Board’s processes and conclusions have been questionable at best. As the facts come to light, I am confident that my decisions as CEO and Chairman, and our vision for TuSimple, will be vindicated.” San Diego-based TuSimple named Ersin Yumer, its executive vice president of operations, as interim CEO. Board member Brad Buss was appointed as the new chairman. Ben Kallo, an equity analyst with Baird Research, downgraded his rating of the company to Neutral from Outperform, citing Hou’s dismissal. TuSimple shares plunged 46% to close at $3.43 in Nasdaq trading on Monday. I track technology-driven changes that reshape how we get around from Los Angeles, America’s sunny capital of congestion.

Tusimple株式は、ニュースで約50%急落しました。同社の取締役会は、日曜日の後半に議長としてHOUを削除したが、「Xiaodi Houを終了することが必要であり、株主にとって最大の利益であると全会一致で判断した」とTusimpleは電子メールで述べた。 「基本的に、私たちは、Hou博士の判断、意思決定、CEOとして会社を率いる能力に対する信頼と自信を失いました。 7月に取締役会の監査委員会によって開始された進行中の調査に関連して行われたこの決定は、メディアの報道とは無関係になりました。」 Houの追放は、Wall Street JournalがCFIUSとして知られる米国への連邦捜査局、証券取引委員会および米国への外国投資委員会がすべてを調査していることを報告した直後に発生しました。 Tusimpleの共同設立者Mo Chenは、この問題に精通している人々を引用しています。懸念は、匿名で話した人々によると、HOUを含む幹部がHydronとの関係を適切に開示できなかったことです。調査官はまた、Tusimpleが米国が開発した自律運転技術を、中国の事業を備えた会社であるHydronと共有しているかどうかを調査しています。 Tusimpleはその声明で報告書を参照しませんでしたが、Houは月曜日のLinkedInの投稿でそれを拒否しました。 「私は自分の職業生活と私生活の両方で完全に透明性があり、隠すものが何もないので、私は取締役会と完全に協力しました」と彼は言いました。 「不正行為の提案を根本的に否定していることを明確にしたいと思います。」 Caltechの訓練を受けたコンピューター科学者は、ロボタキシスではなく大型トラックの自律運転を完成させることを目標に、2015年にChenとTusimpleを作成しました。混雑した都市通りではなく、高速道路ではなく、ハイウェイが長い環境と長距離のトラック運転手が持続的に不足するように、やや簡単な運用環境を考えると、Houはそれが商業化へのより速い道になると信じていました。 AlphabetのWaymo、Aurora、Embark、Kodiakなどの企業も、今後数年間でロボットトラックを市場に出すために競争しています。 (HouとTusimpleの詳細については、Robo-rigs:科学者、ユニコーン、7,000億ドルのレースを参照してください。車輪で人間がいなくても安全に動作するように車両を自動化するようにプッシュすることは、ますます費用のかかる長期的な課題と見なされています。先週、フォードとフォルクスワーゲンは、その投資に利益を得るまでには数年かかると判断した後、30億ドル以上を調達した有望な自治技術会社であるArgo AIへの資金提供を停止することを決定しました。 「私の動機は常にその先見の明のある夢を追いかけ続けてきました」とHouは今日書いています。 「痛みを伴う真実は、10月30日に、理事会が私をCEOおよび委員会の議長として理由なく排除することに投票したということです。残念ながら、取締役会のプロセスと結論はせいぜい疑わしいものでした。事実が明らかになると、CEOおよび会長としての私の決定、そしてTusimpleのビジョンが立証されると確信しています。」サンディエゴに拠点を置くTusimpleは、オペレーション担当副社長であるErsin Yumerという名前を暫定CEOとして指名しました。取締役会メンバーのブラッド・バスは、新しい会長に任命されました。 Baird Researchの株式アナリストであるBen Kalloは、Houの解雇を引用して、会社の評価をアウトパフォームからニュートラルに格下げしました。 Tusimple株式は46%急落し、月曜日のNASDAQ取引で3.43ドルで終了しました。私は、アメリカの晴れた首都渋滞であるロサンゼルスからどのように移動するかを再構築するテクノロジー主導の変更を追跡します。

元記事

Newsカテゴリの最新記事