【海外ITニュース速報】最高裁は、教育の不平等に対処する努力を弱める可能性がある。

【海外ITニュース速報】最高裁は、教育の不平等に対処する努力を弱める可能性がある。

The Supreme Court Is Likely To Undercut Efforts To Address Education Inequality

最高裁は、教育の不平等に対処する努力を弱める可能性がある。

要約(英語):

‘Students for Fair Admissions’ v. Harvard College and ‘Students for Fair Admissions’ v. University of North Carolina will be heard on October 31, 2022 in Washington, DC. The conservative Supreme Court will hear arguments for the two cases concerning the consideration of race as one factor in college admission at the two elite universities. This will affect most institutions of higher education in the United States. nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn

要約(日本語):

「公正な入学の学生」対ハーバード大学と「公正な入学の学生」対ノースカロライナ大学は、2022年10月31日にワシントンDCで聞かれます。保守的な最高裁判所は、2つのエリート大学での大学入学の1つの要因としての人種の考慮に関する2つの事件の議論を聞くでしょう。これは、米国のほとんどの高等教育機関に影響を与えます。

本文:

WASHINGTON, DC – OCTOBER 31: Christina Huang of UNC for Affirmative Action addresses a rally of … [+] fellow proponents for affirmative action in higher education outside the U.S. Supreme Court before oral arguments in Students for Fair Admissions v. President and Fellows of Harvard College and Students for Fair Admissions v. University of North Carolina on October 31, 2022 in Washington, DC. The conservative Supreme Court will hear arguments for the two cases concerning the consideration of race as one factor in college admission at the two elite universities, which will have an effect on most institutions of higher education in the United States. (Photo by Chip Somodevilla/Getty Images) When abortion rights came up before the Supreme Court in Dobbs v. Jackson Women’s Health Organization, there seemed an established bias on the part of the five justices. And it only took a simple majority to overturn the 1973 Roe v. Wade decision and Planned Parenthood v. Casey in 1992, as attorney Amy Howe wrote in her analysis.

ワシントンDC- 10月31日:肯定的行動のためのUNCのクリスティーナ・ファンは、公正な入学者と大統領とフェローの学生の口頭弁論の前に、米国最高裁判所外での高等教育における肯定的な行動のための仲間の支持者に対処しています。 2022年10月31日にワシントンDCで、ハーバード大学と公正な入学の学生とノースカロライナ大学の学生。保守的な最高裁判所は、2つのエリート大学での大学入学の1つの要因としての人種の考慮に関する2つの訴訟の議論を聞きます。これは、米国のほとんどの高等教育機関に影響を与えます。 (写真による写真Somodevilla/Getty Images)妊娠中絶の権利がDobbsv。JacksonWomen’s Health Organizationの最高裁判所で登場したとき、5人の正義の側に確立された偏見があるように見えました。そして、1992年に1973年のRoev。Wadeの決定とPlanned Parenthoodv。Caseyを覆し、エイミー・ハウ弁護士が彼女の分析で書いたように、単純な過半数が必要でした。

Importantly, she wrote, “Chief Justice John Roberts did not join the opinion. He agreed with the majority that the Mississippi abortion restriction at issue in the case should be upheld, but in a separate opinion, he argued that the court should not have overturned Roe.” The connection to education inequality is the issue of race-based admissions decisions. From one extreme to another, for hundreds of years U.S. colleges and universities have made considerations of ethnic background, race, religion, and gender grounds for admission. The history is one of how now-protected classes were treated.

重要なことに、彼女は次のように書いています。「ジョン・ロバーツ長官は意見に参加しませんでした。彼は、事件の問題にあるミシシッピ州の中絶制限を支持すべきであるという過半数に同意したが、別の意見では、彼は裁判所がROEを覆すべきではないと主張した。」教育の不平等とのつながりは、人種ベースの入場決定の問題です。極端なものから別のものまで、何百年もの間、米国の大学は、入場のための民族的背景、人種、宗教、ジェンダーの根拠を考慮してきました。歴史は、現在保護されているクラスがどのように扱われたかの1つです。

For much of the country’s existence, there was more than preference favoring white males. Members of other groups were often barred from admission. As time passed and groups were allowed to apply and potentially gain entrance, the watchdogs of elite education—let’s talk specifically about Harvard, although this was hardly unique to that institution—were worried that the “wrong” type might be gaining too much prominence and undermining a marketing advantage. Here’s the Washington Post quoting from the book “The Chosen: The Hidden History of Admission and Exclusion at Harvard, Yale, and Princeton” by University of California at Berkeley professor of sociology Jerome Karabel. The reference is about when Harvard University president Abbott Lawrence Lowell looked at a study of how Jewish student representation climbed from 7% in 1900 to 21.5% in 1922: “To Lowell, the study confirmed his worst fears. ‘The summer hotel that is ruined by admitting Jews meets its fate, not because the Jews it admits are of bad character, but because they drive away the Gentiles, and then after the Gentiles have left, they leave also,’ Lowell wrote in 1922 to a Harvard philosophy professor.” It was marketing.

国の存在の多くにおいて、白人男性を支持する好み以上のものがありました。他のグループのメンバーは、多くの場合、入院を禁止されました。時間が経ち、グループが適用され、潜在的に入場を獲得することが許可されたため、エリート教育のウォッチドッグ(ハーバードについて特に話すことができましたが、これはその機関にはほとんどユニークではありませんでしたが、「間違った」タイプがあまりにも多くの著名さを獲得しているのではないかと心配していました。マーケティングの利点を損なう。 Here’s the Washington Post quoting from the book “The Chosen: The Hidden History of Admission and Exclusion at Harvard, Yale, and Princeton” by University of California at Berkeley professor of sociology Jerome Karabel.参考までに、ハーバード大学のアボット・ローレンス・ローウェル学長が、ユダヤ人の学生の代表が1900年の7%から1922年の21.5%にどのように上昇したかについての研究を見たときです。 「ユダヤ人がその運命に出会うことを認めることによって台無しにされる夏のホテルは、それが認めているユダヤ人が悪い性格であるからではなく、異邦人を追い払ってから、異邦人が去った後、彼らも去ったからです」とローウェルは1922年に書いた。ハーバードの哲学教授に。」それはマーケティングでした。

Today the Supreme Court hears oral arguments in two cases about affirmative action. The non-profit membership group called Students for Fair Admissions (SFFA) has sued both Harvard and the University of North Carolina over race-based admissions. SFFA holds “that racial classifications and preferences in college admissions are unfair, unnecessary, and unconstitutional.” The current argument is that Asian students face discrimination because, if academics were the only criterium, they would The constitutionality has been slippery, running one way and then another, but generally coming back to race being allowed as one factor among multiple—for example, socioeconomic status or geographic location. With the current court, and past statements from a number of the justices, that mix seems unlikely to hold. That’s going to cause a large problem, given the part that affirmative action has played in bringing groups up to an economic starting line rather than leaving them behind to pretend that in-groups had no advantage.

今日、最高裁判所は、肯定的な行動に関する2つの事件で口頭議論を聞いています。非営利のメンバーシップグループは、学生のためのFair Admissions(SFFA)と呼ばれており、ハーバード大学とノースカロライナ大学の両方を人種ベースの入場で訴えました。 SFFAは、「大学入学における人種的分類と好みは不公平で、不必要で、違憲であると考えています。現在の議論は、アジアの学生が差別に直面しているということです。なぜなら、学者が唯一の基準であった場合、彼らは憲法性が滑りやすく、ある方法で、次に別の方法で走っているが、一般的には複数の間である要因として許可されることができるということです。社会経済的地位または地理的位置。現在の裁判所、および多くの正義からの過去の声明により、そのミックスは保持されないようです。グループ内のグループが利点がないふりをするのではなく、グループを経済的スタートラインに導く際の肯定的な行動が果たしていることを考えると、それは大きな問題を引き起こすでしょう。

As Karabel himself recently wrote, “In a nation still wracked by glaring racial inequalities, a ruling permitting the controversy over Asian-American admissions to serve as a wedge enabling the foes of affirmative action to realize their long-cherished goal of abolishing it would be a serious mistake.” There is still the sting of discrimination to many Asian-Americans. In Medium, Ryan Fan, who says he teaches at a predominantly black school, writes, “I see race-conscious admissions as an imperfect yet necessary correction due to the biases of standardized testing,” but also notes, “College admissions should not be a zero-sum game where more Black and Brown students mean fewer Asian students.” Fan points out the irony of legacy admissions, which protects those who had gone before, which often means wealthier white families. Research from 2011 in the Economics of Education Review found that in a group of “30 highly selective colleges and universities … the odds of admission are multiplied by a factor 3.13 due to legacy status.” The Wall Street Journal noted in 2020, regarding the case involving Harvard, that evidence in the trial showed a “legacy had a 33.9% chance of being admitted to Harvard compared with 5.9% for nonlegacy students.” Institutions have argued for the continuation of legacy status is necessary to ensure stronger donations to the schools, though some research in a Santa Clara Law Review article claimed that “analysis of extensive data from more than 100 elite universities shows that legacy preferences are not correlated with increased alumni giving rates, and are likely not correlated with increased private donations.” Legacy status is not a protected class under U.S. civil rights laws. But might it be a proxy for race if the results show an unusually high correlation? One wonders when that will become a target of lawsuits.

Karabel自身が最近書いたように、「人種的不平等を明らかにしている国家において、アジア系アメリカ人の入学に対する論争を許可する裁定は、肯定的な行動の敵が彼らの長年の廃止の目標を実現することを可能にするくさびとして役立つことを許可する裁定を許します。深刻な間違い。」多くのアジア系アメリカ人にはまだ差別の刺されがあります。中で、主に黒人学校で教えていると言うライアンのファンは、「標準化されたテストの偏見のために、人種を意識した入学を不完全でありながら必要な修正と考えています」と書いていますが、「大学入学はすべきではありません。より多くの黒人と茶色の学生がアジアの学生が少ないことを意味するゼロサムゲーム。」ファンは、以前に行ったことのある人々を保護するレガシー入場の皮肉を指摘しています。 Economics of Education Reviewの2011年の研究では、「30の非常に選択的な大学と大学のグループで、入場の可能性にレガシーステータスのために因子3.13を掛けている」ことがわかりました。ウォールストリートジャーナルは、2020年にハーバード大学が関与する事件に関して、裁判の証拠が「レガシーがハーバード大学に33.9%の確率で認められる可能性が33.9%であることを示した」と述べた。 Santa Clara Law Reviewの記事の一部の調査では、「100を超えるエリート大学からの広範なデータの分析がレガシーの好みが相関していないことが示されていることが示されているが、学校へのより強力な寄付を確保するためには、レガシーステータスの継続が必要であると主張している。卒業生の増加は料金を与え、おそらく私的寄付の増加と相関していないでしょう。」レガシーステータスは、米国の公民権法に基づく保護されたクラスではありません。しかし、結果が異常に高い相関を示している場合、それは人種の代理かもしれませんか?それがいつ訴訟の標的になるのか疑問に思う。

And then there is socioeconomic status, more colloquially known as class. That, too, is unprotected by law, already in use by universities, and could be used more. This is another characteristic where a correlation to race could be shown, but then there is also the fact that whites compose the single largest percentage of the poor in the US.

そして、社会経済的地位があり、より口語的にクラスとして知られています。それも法律で保護されておらず、すでに大学で使用されており、より多く使用できます。これは、人種との相関関係を示すことができる別の特徴ですが、白人が米国の貧困層の最大の割合を構成するという事実もあります。

If the Court tosses any use of race in admissions, which seems likely, then now is the time for universities and colleges to consider a different approach. Give up legacies, as it seems on the whole, they don’t bring in more money, and focus more on economic disadvantage, because the point now will be to save what can be kept and find another way to what should be the goal—giving people from a history of disadvantage a chance to advance through education.

裁判所が入院で人種の使用を投げている場合、それが可能性が高いと思われる場合、今は大学や大学が別のアプローチを検討する時です。遺産をあきらめます。全体的には、彼らはより多くのお金を持ち込み、経済的不利な点にもっと集中することはありません。なぜなら、今は維持できるものを保存し、目標となるべきものを別の方法で見つけることです。不利な歴史の人々に教育を通じて前進する機会を与える。

My credits include Fortune, the Wall Street Journal, the New York Times… Read More My credits include Fortune, the Wall Street Journal, the New York Times

私のクレジットには、フォーチュン、ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズ…続きを読む私のクレジットには、フォーチュン、ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズ

元記事

Newsカテゴリの最新記事