【海外ITニュース速報】アメリカンウイスキーとアメリカンドリームを融合させたフィリバスター蒸溜所

【海外ITニュース速報】アメリカンウイスキーとアメリカンドリームを融合させたフィリバスター蒸溜所

Filibuster Distillery Is Combining American Whiskey With The American Dream

アメリカンウイスキーとアメリカンドリームを融合させたフィリバスター蒸溜所

要約(英語):

Siddharth Dilawri, founder of Filibuster Distillery in Delhi, India, said, “I moved to the U.S. with my parents in 2008 for a better living. America is a dream country for anyone who lives in a Third World country.” He added, “America is a land of opportunity, but it didn’t really start off great for me.” Dilawri added, “I started working in a liquor store, which was my passion.”

要約(日本語):

インドのデリーにあるフィリバスター蒸留所の創設者であるシッダールス・ディラウリは、「私は2008年に両親と一緒に米国に移り、より良い生活を送った。アメリカは第三世界の国に住んでいる人にとっては夢の国だ」と述べた。彼は、「アメリカは機会のある地ですが、私にとっては本当に素晴らしいことではありませんでした。」ディラウリは、「私は私の情熱だった酒屋で働き始めました。」と付け加えました。

本文:

A special edition 15 Year Old Straight Bourbon Bourbon and Rye are as American as apple pie. In fact, the native spirits have been distilled here since this country was merely a collection of colonies. And despite the modern popularity of American whiskey, in many ways the industry that crafts it has been notoriously stuck in the past. Siddharth Dilawri is helping to change that. As founder of Filibuster Distillery, the first generation immigrant from Delhi, India is challenging stubborn norms of what a whiskey maker ought to look like or where they ought to come from. He joins the ranks of folks like Fawn Weaver and Victoria Eady Butler of Uncle Nearest; Marsha Milan and Heather Greene of Milam & Greene; Kaveh Zamanian of Rabbit Hole—to name but a few notable examples. Together they’re making sure that those benefitting from the success of American whiskey are more emblematic of the diverse nation it supposedly represents.

特別版15歳のストレートバーボンバーボンとライ麦は、Apple Pieと同じくらいアメリカ人です。実際、この国は単なる植民地のコレクションであるため、ここでネイティブスピリットはここで蒸留されています。そして、アメリカのウイスキーの現代的な人気にもかかわらず、多くの点で、それが過去に悪名高い産業を作る業界はそうでした。Siddharth Dilawriはそれを変えるのを助けています。デリーからの第一世代の移民であるフィリバスター蒸留所の創設者として、インドは、ウイスキーメーカーがどのように見えるべきか、どこから来るべきかという頑固な規範に挑戦しています。彼は、Fawn WeaverやVictoria Eady Butler of Constestestestestのような人々の仲間に加わりました。MILAM&GREENEのMarsha MilanとHeather Greene;ウサギの穴のカベ・ザマニアン – いくつかの注目すべき例に名前を付けます。一緒になって、彼らはアメリカのウイスキーの成功から利益を得ている人々が、おそらくそれが表す多様な国をより象徴していることを確認しています。

As for Dilawri, he never really set out to accomplish anything more than following his passion: to craft great spirits in the hills of northwest Virginia which he calls home. Originally laying down liquid in 2014, Filibuster sources all of its corn, rye, and barley from neighboring Shenandoah Valley farms. Ever since, Dilawri has been tinkering with creative barrel finish combinations to accentuate these ingredient-minded distillates. In so doing, the self-taught distiller is also expanding the parameters of what great American whiskey can taste like. He just so happened to stumble upon the American Dream along the way. He shares his journey with Forbes in an exclusive interview below.

ディラウリに関しては、彼は自分の情熱に従うこと以上のことを実際に達成しようとはしませんでした。元々2014年に液体を敷設していたフィリバスターは、近隣のシェナンドーバレー農場のトウモロコシ、ライ麦、大麦すべてを調達しています。それ以来、ディラウリは、これらの成分志向の蒸留物を強調するために、創造的なバレル仕上げの組み合わせをいじくり回してきました。そうすることで、独学の蒸留器は、偉大なアメリカのウイスキーが味わうことができるもののパラメーターも拡大しています。彼はたまたまアメリカの夢につまずいた。彼は以下の独占インタビューで、フォーブスと旅を共有しています。

Siddharth “Sid” Dilawri, founder of Filibuster Distillery Siddharth Dilawri: “I moved to the U.S. with my parents in 2008 for a better living. America is a dream country for anyone who lives in a Third World country. We saw it as a land of opportunity, but it didn’t really start off great for me. I was looking for a job in computers, but I didn’t find a job in that field. So, I started working in a liquor store, which was my first real exposure to spirits. I’d seen my dad drink scotch, but I knew nothing about brandy, cognac, whiskey, Irish whiskey, or bourbon. Yet I became fascinated and wanted to learn more.” SD: “I had all these questions that I asked the guys I worked with at the store. They were super knowledgeable and taught me about how to taste whiskey. That intrigued me to learn more and soon I was learning about a vast industry and the science and art and passion behind it. Eventually, my father started a liquor store, and while I was finally working in IT, I worked for him also. We really enjoyed the business, so we opened up another liquor store, Modern Liquors, in Washington, D.C.” SD: “It did. And at our second store is where our passion for it really came forward. We wanted to know about everything we sold, and our bottles were really hand-selected. Things really changed for me when we went to Four Roses to pick a single barrel in 2014. We met Jim Rutledge there, he took us to lunch, and we picked a barrel from five single barrels there. That was my first experience of seeing a barrel! It was also my first chance to hold a whiskey thief, to feel that in my hands and watch the way the whiskey came out. It was then that I had a strong sense that this is what I wanted to do with my life.” A woman painting a view of the Shenandoah Valley from the Skyline Drive, near an entrance to the … [+] Appalachian Trail, Virginia, 1940. (Photo by Jack Delano/Buyenlarge/Getty Images) SD: “With decades of experience in specialty spirits in retail, we’d tasted and sold almost everything from super-aged single malt to wet-behind-the-ears American craft. With all that knowledge, it seemed a shame not to throw our own hat into the distilling ring. We knew it would be hard work, though. When we first started on the distillery, I bought our whiskeys from MGP (Multi-Grain Products in Lawrenceburg, Ind.). They’re great people and the distillery is massive and absolutely fascinating. I was on a tour there and the CEO of the place saw us and just joined in. He led me on a tour of the entire facility—the CEO! As we walked around and I started talking about my plans, he introduced me to the master distiller. I shared with them my passion I had for the work, and they encouraged me to keep building on it.

Filibuster Distillery Siddharth Dilawriの創設者であるSiddharth“ Sid” Dilawri:「私は2008年に両親と一緒に米国に移り、より良い生活を送った。アメリカは、第三世界の国に住んでいる人にとっては夢の国です。私たちはそれを機会のある土地と見ていましたが、それは私にとって本当に素晴らしいことではありませんでした。私はコンピューターでの仕事を探していましたが、その分野で仕事は見つかりませんでした。それで、私は酒屋で働き始めました。それは私の最初のスピリットへの本当の露出でした。お父さんがスコッチを飲むのを見ましたが、ブランデー、コニャック、ウイスキー、アイリッシュウイスキー、バーボンについては何も知りませんでした。それでも私は魅了され、もっと学びたいと思った。」 SD:「私はこれらすべての質問があり、店で一緒に働いていた人たちに尋ねました。彼らは非常に知識が豊富で、ウイスキーを味わう方法について教えてくれました。それは私をもっと学ぶことに興味をそそられ、すぐに私は広大な業界とその背後にある科学と芸術と情熱について学びました。最終的に、父は酒屋を始め、私がついにそれで働いていた間、私も彼のために働きました。私たちはビジネスを本当に楽しんだので、ワシントンD.C.に別の酒屋、Modern Liquorsをオープンしました。」 SD:「やった。そして、私たちの2番目の店は、それに対する私たちの情熱が本当に前進した場所です。私たちは販売したすべてのことについて知りたいと思っていましたが、私たちのボトルは本当に手で選択されていました。 2014年に1つのバレルを選ぶために4つのバラに行ったとき、私は本当に変わりました。私たちはそこでジム・ラトレッジに会い、彼は私たちを昼食に連れて行き、そこで5つのシングルバレルから樽を選びました。それが樽を見る最初の経験でした!また、ウイスキー泥棒を抱きしめ、私の手でそれを感じ、ウイスキーが出てきた方法を見るのは私の最初のチャンスでした。その時、これが私が自分の人生でやりたかったことであるという強い感覚を持っていました。」 1940年、バージニア州アパラチアントレイルの入り口の近くにあるスカイラインドライブからシェナンドーバレーの景色を描く女性(写真:ジャックデラノ/バイエンラルジュ/ゲッティイメージズ)小売業の専門の精神で、私たちはスーパーエイジングのシングルモルトからウェットビヒンズのアメリカのクラフトまで、ほとんどすべてを味わって販売しました。そのすべての知識があれば、蒸留リングに自分の帽子を投げかけないのは恥ずべきことでした。しかし、私たちはそれが大変な仕事になることを知っていました。私たちが最初に蒸留所を始めたとき、私はMGP(インディアナ州ローレンスバーグのマルチグレイン製品)からウイスキーを購入しました。彼らは素晴らしい人であり、蒸留所は巨大で絶対に魅力的です。私はそこでツアーに参加していて、その場所のCEOが私たちを見て、ちょうど参加しました。彼は施設全体のツアーで私を率いていました。私たちが歩き回って私が私の計画について話し始めたとき、彼は私にマスター蒸留器を紹介してくれました。私は彼らと私が仕事にあった私の情熱を共有しました、そして、彼らは私にそれを構築し続けるように勧めました。

SD: “You have to understand this: I couldn’t believe this was happening to me. I was a guy working an $8-an-hour job in IT. and also in a liquor store—getting to pick a barrel and talking to the CEO of MGP in his office! I felt like I’d arrived, that I could talk to somebody who knows something about this industry and really do something about it! We started the distillery in Maurertown, Virginia in 2013, but we began distilling our own in 2016. We have a 12-inch column still and a doubler that produces three barrels of whiskey per day. I really want to run the still 24-7, and that could happen now that we’re adding a chiller for the mash.” SD: “We hired a gentleman who came from a bigger distillery and help train us. He did that for almost four months before coming to me and saying, “This is a very small operation, and I’m used to doing what I do in larger facilities,” and he left! I’m standing there thinking, ‘I have this massive amount of investment! What exactly am I going to do? Wait for someone else to come in and do it?’ I knew that wasn’t the answer. I’m one of those guys who will take a risk, and I decided I was going to run the still—me, who’s never run a boiler in his life is going to run a still! I know it sounded crazy, but when I told my wife about it, she backed me up.” SD: “I went in there, turned on the boiler and turned on the stills, and successfully started distilling it. The first barrel I distilled in 2014 won a double gold medal at the San Francisco World Spirits Competition. We eventually hired a master distiller to do the job and we make 100 percent of our own whiskey now using my recipes. I also do all the blending. I take pride in that.” SD: “We have our liquor store business in Washington, D.C., just a few blocks from Capitol Hill. So, naturally spirited conversation is in our blood. We also aren’t afraid to speak up. Also, our innovative approach to blending and finishing reflects our homage to freedom of expression. That’s the essence of what makes this great land so special.” The full range of Filibuster spirits, which also includes barrel aged gins. Brad Japhe is a freelance journalist specializing in food, beverage, and travel. He… Read More Brad Japhe is a freelance journalist specializing in food, beverage, and travel. He

SD:「これを理解する必要があります。これが私に起こっているとは信じられませんでした。私はその中で8ドルの仕事をしている男でした。また、酒屋でも、樽を選び、MGPのCEOと彼のオフィスで話しかけることをGitター!私は到着したように感じました、私はこの業界について何かを知っている人と話すことができ、本当にそれについて何かをすることができました! 2013年にバージニア州モーラートタウンで蒸留所を開始しましたが、2016年に独自の蒸留を開始しました。12インチのコラムと1日あたり3バレルのウイスキーを生産するダブラーがあります。私は本当に24-7を実行したいのですが、マッシュにチラーを追加しているので、それは起こりうるでしょう。」 SD:「私たちは、より大きな蒸留所から来た紳士を雇い、私たちを訓練しました。彼は私のところに来て、「これは非常に小さな操作であり、私は私がより大きな施設でやっていることをすることに慣れている」と言って、ほぼ4か月間それをしました。私はそこに立って、「私はこの膨大な量の投資を持っています!私は正確に何をするつもりですか?他の誰かが来てそれをするのを待っていますか?」私はそれが答えではないことを知っていました。私はリスクを冒す人の一人であり、私は静止画を走らせることにしました。私はそれが狂ったように聞こえたことを知っていますが、妻にそれについて話したとき、彼女は私をバックアップしました。」 SD:「私はそこに行って、ボイラーをオンにして静止画をオンにし、蒸留を正常に始めました。 2014年に私が蒸留した最初のバレルは、サンフランシスコワールドスピリッツコンペティションでダブルゴールドメダルを獲得しました。私たちは最終的にマスター蒸留所を雇って仕事をしました。私たちは今、私のレシピを使用して自分のウイスキーの100%を作ります。また、すべてのブレンドを行います。私はそれに誇りを持っています。」 SD:「私たちは、キャピトルヒルからわずか数ブロックのワシントンD.C.に酒屋事業を行っています。だから、自然に元気な会話は私たちの血の中にあります。また、私たちは話すことを恐れていません。また、ブレンドと仕上げに対する革新的なアプローチは、表現の自由へのオマージュを反映しています。それが、この素晴らしい土地を特別なものにしている理由です。」バレル熟成ジンも含まれるフィリバスタースピリッツの全範囲。 Brad Japheは、食べ物、飲み物、旅行を専門とするフリーランスのジャーナリストです。彼は…続きを読むBrad Japheは、食べ物、飲み物、旅行を専門とするフリーランスのジャーナリストです。彼

元記事

Newsカテゴリの最新記事