【海外ITニュース速報】モービルアイが公開市場へ巡航、アルゴAI崩壊の内幕に迫る

【海外ITニュース速報】モービルアイが公開市場へ巡航、アルゴAI崩壊の内幕に迫る

Mobileye cruises into the public market and inside the Argo AI collapse

モービルアイが公開市場へ巡航、アルゴAI崩壊の内幕に迫る

要約(英語):

Argo AI’s shuttering was like a bucket of ice cold water being dumped on one’s head. GM temporarily paused paid advertising on Twitter following Musk’s takeover. Meanwhile, Citi Bike has launched a “Bike Angel” program that incentivizes people to rebalance e-bike inventories at docking stations across NYC. Tesla Cyberquad for Kids, a $1,900 mini ATV made by Radio Flyer, is being recalled due to safety concerns.

要約(日本語):

Argo Aiの閉鎖は、頭に捨てられている氷の冷たい水のバケツのようなものでした。GMは、Muskの買収に続いてTwitterで一時的に有料広告を一時停止しました。一方、シティバイクは、ニューヨークのドッキングステーションでeバイクインベントリをリバランスするように人々を奨励する「バイクエンジェル」プログラムを開始しました。ラジオフライヤーが作った1,900ドルのミニATVであるTesla Cyberquad for Kidsは、安全性の懸念のために想起されています。

本文:

Welcome back to The Station, your central hub for all past, present and future means of moving people and packages from Point A to Point B.  Welp, that was a week! My head is still spinning over here what with Mobileye going public, Argo shutting down and Elon Musk taking the reins at Twitter. Yes, there’s a transportation angle to Twitter beyond the less-than-happy reaction of Tesla shareholders. (GM temporarily paused paid advertising on Twitter, following Musk’s takeover.) Let’s just jump right in, shall we?

駅へようこそ、過去、現在、将来のすべての手段の中心的なハブ、ポイントAからポイントB.ウェルプに移動する手段、それは1週間でした!私の頭はまだここで回転しています。Mobileyeが公開され、Argoが閉鎖され、Elon MuskがTwitterで手綱を握っています。はい、テスラの株主のあまりにも少ない反応を超えて、Twitterへの交通手段があります。(GMは、Muskの買収に続いて、Twitterで一時的に有料広告を一時停止しました。)すぐに飛び込みましょう。

Please email me at kirsten.korosec@techcrunch.com to share thoughts, criticisms, opinions or tips. You also can send a direct message to @kirstenkorosec The California state legislature recently passed AB 371, the so-called “Kill Bikeshare Bill,” which puts extreme insurance requirements on shared micromobility companies beyond what’s required of private car owners or rental car companies. It makes the companies liable for the behavior of anyone using their service, and will likely lead to many companies pulling out.

kirsten.korosec@techcrunch.comに私にメールして、考え、批判、意見、またはヒントを共有してください。また、@kirstenkorosecに直接メッセージを送信することもできます。カリフォルニア州議会は最近、いわゆる「Kill Bikeshare法案」であるAB 371を可決しました。これにより、企業はサービスを使用している人の行動に対して責任を負い、多くの企業が引き出される可能性があります。

Citi Bike has a “Bike Angel” program that incentivizes people (with money!) to rebalance e-bike inventories at docking stations across NYC.

シティバイクには、ニューヨークのドッキングステーションでeバイクインベントリをバランスさせるために(お金を持って)人々を奨励する「バイクエンジェル」プログラムがあります。

San Francisco is restricting shared e-scooters from parking in certain tourist zones, specifically a large stretch of the Embarcadero and a popular street in Fisherman’s Wharf. The move comes as the SFMTA is under pressure to issue more hardline enforcement of sidewalk riding.

サンフランシスコは、特定の観光地域の駐車場、特にエンバカデロとフィッシャーマンズワーフの人気のある通りの駐車場から共有eスコーターを制限しています。SFMTAが歩道のライディングのより強力な施行を発行するよう圧力を受けているため、この動きが起こります。

Tesla Cyberquad for Kids, a $1,900 mini ATV made by Radio Flyer, is being recalled due to safety concerns. About 5,000 units have been sold.

ラジオフライヤーが作った1,900ドルのミニATVであるTesla Cyberquad for Kidsは、安全性の懸念のために想起されています。約5,000ユニットが販売されています。

You’re reading an abbreviated version of micromobbin’. Subscribe for free to the newsletter and you’ll get a lot more.

Micromobbin ’の略語バージョンを読んでいます。ニュースレターに無料で購読すると、さらに多くのことが得られます。

Image Credits: Argo AI The sudden shuttering of autonomous vehicle company Argo AI was received like a bucket of ice cold water being dumped on one’s head. Sure, the autonomous vehicle industry is still frontier tech that is years, even decades, away from becoming a product used daily by most consumers. Profits, hell even revenue, are distant goals.

画像クレジット:Argo AI自動運転車会社Argo Aiの突然の閉鎖は、頭に捨てられている氷の冷たい水のバケツのように受け取られました。確かに、自動運転車産業は、ほとんどの消費者が毎日使用する製品になることから、数十年、さらには数十年でさえ、フロンティアの技術です。利益、地獄の収益でさえ、遠い目標です。

And yet, Argo’s demise did feel unexpected, largely because it had deep-pocketed backers like Ford and VW ($2 billion in cash and $1.6 billion in value of taking over VW’s Autonomous Intelligent Driving subsidiary), several high-profile partners with active pilot programs, a large workforce of top talent and a presence in multiple cities.

それでも、Argoの終miseは、主にフォードやVWのような深い支援者を持っていたために予想外のと感じました(現金20億ドル、VWの自律的なインテリジェントな運転子会社を引き継ぐことの価値が16億ドル)、アクティブなパイロットプログラムを持ついくつかの有名なパートナー、トップの才能の大規模な労働力と複数の都市での存在。

The work culture wasn’t toxic, based on accounts from numerous insiders at different levels of the startup. It was a company widely respected and considered one of a handful of companies poised with the talent, backing and tech to actually pull off the commercialization of AVs.

スタートアップのさまざまなレベルの多くのインサイダーからのアカウントに基づいて、作業文化は有毒ではありませんでした。それは広く尊敬されており、AVSの商業化を実際に引き離すために、才能、バッキング、テクノロジーに態勢を整えている少数の企業の1つと考えられていました。

So why did Argo die? Did the founders or its backers make some fatal flaw along the way? Or is it a larger systemic problem with the technology itself?

では、なぜアルゴは死んだのですか?創設者またはその支援者は、途中で致命的な欠陥を犯しましたか?それとも、テクノロジー自体のより大きな体系的な問題ですか?

As I learn more about this (and I continue to dig), it seems it is a combination of a few factors, including Ford and VW deciding to prioritize near-term profits gleaned from advanced deriver assistance systems over a still-in-the-works technology that neither company had actually figured out a business model for. (or at least one guaranteed to be profitable) Argo apparently was able to find some new backers (Ford said in its earnings call that Argo couldn’t find fresh outside investment.) But finding capital wasn’t the only problem. The terms of any new investor would have to be agreed upon by Ford and VW. I have received varying accounts on the health of that relationship.

私がこれについてもっと学んでいるので(そして私は掘り続けています)、それはフォードやVWなどのいくつかの要因の組み合わせであるようです。どちらの企業も実際にビジネスモデルを理解していなかった技術を機能させています。(または、少なくとも1人が収益性があることが保証されています)Argoは明らかにいくつかの新しい支援者を見つけることができたようです(Fordは、Argoが新鮮な外部投資を見つけることができないとその収益のコールで述べました)。しかし、資本を見つけることは唯一の問題ではありませんでした。新しい投資家の条件は、フォードとVWによって合意されなければなりません。私はその関係の健康に関するさまざまなアカウントを受け取りました。

TechCrunch editor Darrell Etherington makes the argument that this proves self-driving cars are not coming anytime soon. Cruise co-founder and Kyle Vogt responded with some light trolling on Twitter.

TechCrunchの編集者であるDarrell Etheringtonは、これが自動運転車がすぐに来ないことを証明するという議論をしています。クルーズの共同設立者であり、カイル・ヴォイトは、Twitterでの軽いトローリングで応答しました。

Aurora co-founder and CEO Chris Urmson also piped up with an AV-industry-is-not-doomed message. “This is not a signal that a future with self-driving technology isn’t real or imminent. In fact, it’s quite the opposite,” he wrote, noting Waymo’s expansion of a robotaxi fleet to LA and Cruise charging for driverless rides in San Francisco. Urmson also provided an update on Aurora’s focus on self-driving trucks.

Auroraの共同設立者兼CEOのChris Urmsonも、AV-Industry-In-Not-Notのメッセージをパイプアップしました。「これは、自動運転技術を備えた未来が現実的でも差し迫っていないという合図ではありません。実際、それはまったく逆です」と彼は書いて、Waymoがロボタキ艦隊をLAに拡大し、サンフランシスコでの無人の乗り物のためにクルーズ充電を請求しました。Urmsonは、自動運転トラックにAuroraが焦点を当てたことに関する最新情報を提供しました。

I don’t believe the AV industry is dead. I do see — and have for two years now — consolidation, tightening capital markets and a shift in priorities from automakers, which were once some of the biggest cheerleaders and backers of AVs. That makes a tough rough even bumpier. And for now, that shuts out a lot of startups.

AV業界が死んでいるとは思わない。私は、かつてAVSの最大のチアリーダーと支援者の一部であった自動車メーカーからの統合、資本市場の締め付け、および優先順位の変化を統合し、2年間持っています。それはタフなラフをさらにでじみます。そして今のところ、それは多くのスタートアップを締め出しています。

It would be a bit simplistic to say “it’s the profits, stupid.” But that’s not entirely isn’t wrong either.

「それは利益だ、愚かだ」と言うのは少し単純だろう。しかし、それも完全に間違っているわけではありません。

What do you, dear reader, think?

親愛なる読者、あなたはどう思いますか?

On the day the Argo AI news dropped, Mobileye made its official debut. The success of the IPO — the third largest this year — was seen by many as a validation of Ford and VW’s decision to shutdown Argo. The takeaway was that advanced driver assistance systems, not AV tech, is the real future (at least in terms of revenue and profits).

Argo AI Newsがドロップした日に、Mobileyeは公式デビューを果たしました。IPOの成功 – 今年3番目に大きい – は、Argoを閉鎖するというFordとVWの決定の検証の検証と見なされていました。テイクアウトは、AVテクノロジーではなく、高度なドライバーアシスタンスシステムが実際の未来であるということでした(少なくとも収益と利益の点で)。

Mobileye was able to price 41 million shares at $21 and above its initial range, raising $861 million. General Atlantic agreed to buy an additional $100 million of shares in a private placement. Investors seemed ready to pile in and helped shares pop and close nearly 30% above the IPO price.

Mobileyeは、最初の範囲を21ドル以上で4,100万株の価格を獲得することができ、8億6,100万ドルを調達しました。アトランティック将軍は、プライベートプレースメントで追加の1億ドルの株式を購入することに同意しました。投資家は、積み重ねる準備ができているようで、株式がIPOの価格を30%上回る株式を飛び越えて閉鎖するのを助けました。

I spoke to Mobileye founder and CEO Amnon Shashua on the big day. (Look for a longer piece this week.) A couple of quick takeaways from Dr. Shashua: “Things have changed and became more and more nuanced. You know, five years ago we’d be talking about driving assist and then robotaxis as kind of two separate domains. We gradually built a product portfolio that bridges the spectrum between driving assist and robotaxis.” That bridge, a technology called Mobileye Supervision, is the critical foundation of the company’s future. This technology isn’t looming in the distant future either. The system, which includes 11 cameras around the car that feeds data into Mobileye’s system on chips, is on 50,000 vehicles in China. Shashua told me they started in China because the country is “more tech forward and is moving faster than anyone else.” Other deals that got my attention … AM Batteries, a Boston-based company that has developed lithium-ion dry-electrode technology, raised $25 million in Series A round led by Anzu Partners. TDK Ventures, Foothill Ventures, Toyota Ventures, Zeon Ventures, SAIC Capital, VinFast, Doral Energy-Tech Ventures and Creative Ventures also participated.

私は大切な日にMobileyeの創設者兼CEOのAmnon Shashuaと話をしました。 (今週は長い作品を探してください。)シャシュア博士からのいくつかの素早い持ち帰り:「状況は変化し、ますます微妙になりました。ご存知のように、5年前、私たちは運転アシスト、次に2つの別々のドメインのようなロボタキシスについて話していました。私たちは、運転アシストとロボタキシスの間のスペクトルを橋渡しする製品ポートフォリオを徐々に構築しました。」 Mobileye監督と呼ばれる技術であるその橋は、会社の将来の重要な基盤です。この技術は、遠い将来にも迫っていません。このシステムには、CHIPSのMobileYeのシステムにデータを供給する車の周りに11匹のカメラが含まれており、中国では50,000台の車両を使用しています。シャシュアは、彼らが中国で始めたと言った。私の注目を集めたその他の取引…AM Batteriesは、リチウムイオン乾燥電気技術を開発したボストンに拠点を置く会社であり、ANZUパートナーが率いるシリーズAラウンドで2,500万ドルを調達しました。 TDK Ventures、Foothill Ventures、Toyota Ventures、Zeon Ventures、SAIC Capital、Vinfast、Doral Energy-Tech Ventures、Creative Venturesも参加しました。

Ascend Elements, the lithium-ion battery recycling company, secured $300 million in equity and debt financing, including $200 million in a Series C equity round led by Fifth Wall Climate and joined by SK ecoplant.

リチウムイオンのバッテリーリサイクル会社であるAscend Elementsは、5番目の壁の気候が率い、SK Ecoplantが加わったシリーズCエクイティラウンドで2億ドルを含む3億ドルの株式と債務ファイナンスを確保しました。

Beam, a Singaporean shared micromobility operator, raised $93 million in a Series B round led by Affirma Capital with participation from Sequoia Capital India, Hana Ventures, ICT Capital, EDB Investment, AC Ventures, RTP Global and Momentum Venture Capital.

シンガポールの共有マイクロモビリティオペレーターであるBeamは、Affia Capital India、Hana Ventures、ICT Capital、EDB Investment、AC Ventures、RTP GlobalおよびMomentum Venture Capitalからの参加を伴うシリーズBラウンドで9,300万ドルを調達しました。

BMW iVentures led a $20 million investment round for Fox Robotics, an Austin, Texas-based autonomous forklift maker. Japan Airlines, Translink Innovation Fund, Foothill Ventures, Zebra Technologies along with Menlo Ventures, ENIAC Ventures and SignalFire also participated.

BMW Iventuresは、テキサス州オースティンに拠点を置くフォークリフトメーカーであるFox Roboticsの2,000万ドルの投資ラウンドをリードしました。Japan Airlines、Translink Innovation Fund、Foothill Ventures、Zebra Technologies、Menlo Ventures、Eniac Ventures、Signalfireも参加しました。

Helbiz’s deal to buy Wheels went through, and with it promises to double annual revenue and reach profitability in the next couple of years. Investors weren’t impressed, though, and the company’s stock is still languishing. If Helbiz can’t get its stock up, it might get kicked off the Nasdaq.

Helbizの購入契約は、ホイールを通過し、今後数年間で年間収益を2倍にし、収益性に達することを約束します。しかし、投資家は感動しませんでした、そして、会社の株はまだ苦しんでいます。Helbizが在庫を獲得できない場合、Nasdaqから追い出される可能性があります。

Ionblox, a lithium-ion cell company previously known as Zenlabs Energy, raised $24 million in a Series B round with investment from  all-electric vertical take-off and landing jet developer Lilium, Applied Ventures, LLC and Catalus Capital.

以前はZenLabs Energyとして知られていたリチウムイオンセル企業であるIonbloxは、全電気垂直の離陸および着陸ジェット開発者のLilium、Applied Ventures、LLC、Catalus Capitalからの投資でシリーズBラウンドで2,400万ドルを調達しました。

Want more deals? A whole list of them were in the subscription version this week. Subscribe for free here.  Andrej Karpathy, Tesla’s former director of AI, is interviewed by Lex Friedman.

もっと取引したいですか?それらのリスト全体が今週サブスクリプションバージョンにありました。ここで無料で購読してください。テスラの元AIディレクターであるAndrej Karpathyは、Lex Friedmanからインタビューを受けました。

Cruise, GM’s autonomous vehicle subsidiary, has opened up a waitlist for a robotaxi service in Phoenix and Austin.

GMの自動運転車の子会社であるクルーズは、フェニックスとオースティンでRobotaxiサービスのウェイトリストを開設しました。

XPeng said its G9 SUV became China’s first mass-produced commercial vehicle to pass a government-led autonomous driving closed-field test.

Xpengは、G9 SUVが政府主導の自律運転閉鎖フィールドテストに合格する中国初の大量生産商用車になったと述べました。

Bosch started production of electric motors at its Charleston, South Carolina. manufacturing facility and announced plans invest more than $260 million to expand production there.

ボッシュは、サウスカロライナ州チャールストンで電気モーターの生産を開始しました。製造施設と発表された計画は、2億6,000万ドル以上を投資して生産を拡大します。

Wallbox has opened its first North American factory in Arlington, Texas to begin building EV charging and management solutions stateside.

Wallboxは、テキサス州アーリントンに最初の北米工場を開設し、EV充電および管理ソリューションの州内を建設し始めました。

Lyft relaunched its monthly subscription plan Lyft Pink at half of its previous price. At $9.99 per month or $99 per year, the new membership offers perks like free priority pickups and a discount of “at least” 5% on Preferred, Lux and XL rides.

Lyftは、以前の価格の半分で毎月のサブスクリプションプランLyft Pinkを再起動しました。1か月あたり9.99ドルまたは年間99ドルで、新しいメンバーシップは、無料の優先度ピックアップなどの特典を提供し、優先、Lux、XLの乗り物では少なくとも5%の割引を提供しています。

Uber is releasing a suite of new safety features geared toward the driver, including freezing fake rider account names and piloting a front-facing video recording tool to replace a driver’s dashcam.

Uberは、偽のライダーアカウント名をフリーズしたり、ドライバーのDashcamを置き換えるための最前線のビデオ録画ツールを操縦するなど、ドライバー向けの新しい安全機能スイートをリリースしています。

Czinger Vehicles hired former Tesla and Faraday Future veteran Dag Reckhorn as its chief manufacturing officer.

Czinger車両は、元テスラとファラデーの将来のベテランDag Reckhornを最高製造責任者として雇いました。

Jaguar Land Rover’s InMotion hired Mike Smeed as managing director. Smeed was previously at from Chery Jaguar Land Rover, a Shanghai-based joint venture between JLR and Chinese carmaker Chery Automobile.

Jaguar Land RoverのInmotionは、マネージングディレクターとしてマイクスミードを雇いました。Smeedは以前、JLRと中国の自動車メーカーChery Automobileの間の上海に拠点を置く合弁事業であるChery Jaguar Land Roverからいました。

Mullen Automotive hired former General Motors executive John Schwegman as its chief commercial officer.

Mullen Automotiveは、元ゼネラルモーターズのエグゼクティブであるJohn Schwegmanを最高の商業責任者として雇いました。

Want to read more of the notable reads plus other bits of news from the week? The Station’s weekly emailed newsletter has a lot more on EVs and AVs, future of flight, insider info and more. Click here and then check “The Station” to receive the full edition of the newsletter every weekend in your inbox.

注目すべき読み取りの詳細と今週の他のニュースを読みたいですか?Stationの毎週の電子メール済みニュースレターには、EVとAVS、Future of Flight、Insider Infoなどについてさらに多くのものがあります。ここをクリックして、「ステーション」をチェックして、毎週末、受信トレイでニュースレターの完全版を受け取ります。

元記事

Newsカテゴリの最新記事