【海外ITニュース速報】Web2からWeb3への変換

【海外ITニュース速報】Web2からWeb3への変換

Converting Web2 to Web3

Web2からWeb3への変換

要約(英語):

Blockchain can route assets and currencies and facilitate micropayments while circumventing geo-restrictions that have caused Balkanization. Web3 has the potential to, if not eradicate these problems, certainly improve these problems.

要約(日本語):

ブロックチェーンは、バルカン化を引き起こした地理的制限を回避しながら、資産と通貨をルーティングし、マイクロペイを促進することができます。Web3には、これらの問題を根絶していなくても、これらの問題を確実に改善する可能性があります。

本文:

Every time someone invents a new standard, the rest of the world is compelled to comply: VHS to DVD, DVD to Blu-ray, or Blu-ray to streaming.

誰かが新しい基準を発明するたびに、他の世界はDVDからDVDへのVHS、Blu-ray、またはBlu-rayからストリーミングの遵守を強いられています。

Change is inexorable, but it can also be glacially slow.

変化は容赦がありませんが、氷のように遅くなる可能性もあります。

Converting the tech geeks and conspicuous consumers is easy, but getting the long tail of ordinary users to embrace the “new paradigm” is fiendishly hard — and so, it is with Web3.

ハイテクのオタクと目立つ消費者を変換するのは簡単ですが、普通のユーザーの長い尾を「新しいパラダイム」を受け入れるようにすることは、より困難です。

We’re living through a transitional time when the slow deprecation of one standard is being countered with the mainstreaming of another.

私たちは、ある基準のゆっくりとした非難が別の基準の主流化と反論されている過渡期の時間を通して生きています。

To say that red pilling the masses on the wonders of Web3 has been tough would be an understatement, however.

しかし、Web3の不思議に大衆を丸めることは困難だったと言うのは控えめな表現です。

At this stage, it cannot even be said for certain that Web3 will replace its numerical predecessor — rather, it is more of an if.

この段階では、Web3が数値の前身を置き換えることを確実に言うことさえできません。むしろ、それはifのようです。

For Web2 to go the way of the VHS and fully transition to a new format — much needs to happen first.

Web2がVHSの道を進み、新しい形式に完全に移行するためには、最初に多くのことが必要です。

The current internet is, if not broken, extremely patchy.

現在のインターネットは、壊れていないとしても、非常に斑状です。

What started out as an information superhighway to connect people and ideas has degenerated into a siloed series of walled gardens where speech is metered and access is permissioned.

人々とアイデアをつなぐための情報スーパーハイウェイとして始まったものは、スピーチが測定され、アクセスが許可されている壁に囲まれた一連の壁に退化しました。

Censorship, de-platforming, rent-seeking behavior by monopolistic tech giants and opaque data sharing Web3 has the potential to, if not eradicate these problems, certainly ameliorate them.

独占的な技術の巨人による検閲、脱プラットフォーム、賃料を求める行動と不透明なデータ共有Web3は、これらの問題を根絶しないとしても、確かにそれらを改善する可能性があります。

Distributed storage can provide redundancy, censorship resistance and mitigation of hacks.

分散ストレージは、ハッキングの冗長性、検閲抵抗、緩和を提供できます。

Digital IDs can support secure authentication.

デジタルIDは、安全な認証をサポートできます。

Blockchain can route assets and currencies and facilitate micropayments while circumventing the geo-restrictions that have caused Balkanization.

ブロックチェーンは、バルカン化を引き起こした地理的制限を回避しながら、資産と通貨をルーティングし、マイクロペイメントを促進できます。

MetaBeat 2022 MetaBeat will bring together thought leaders to give guidance on how metaverse technology will transform the way all industries communicate and do business on October 4 in San Francisco, CA.

Metabeat 2022 Metabeatは、10月4日にカリフォルニア州サンフランシスコで、すべての産業がコミュニケーションとビジネスを行う方法をメタバーステクノロジーがどのように変化させるかについてのガイダンスを提供するために、Sound Leadersを集めます。

There are just two problems.

問題は2つしかありません。

The case for Web3 may be compelling to the tech-savvy, but to mass market users, it is nothing of the sort.

Web3のケースは、ハイテクに精通している人にとって説得力があるかもしれませんが、大規模な市場ユーザーにとっては、それは一種ではありません。

Additionally, the average user simply cannot deal with Web3’s peculiarities, such as having to securely store a 24-word seed phrase in a way that is accessible for them but impossible for anyone else.  In its current incarnation, Web3 is an unforgiving environment.

さらに、平均的なユーザーは、24ワードの種子フレーズをアクセスしやすい方法で安全に保存するなど、Web3の特異性を扱うことはできません。現在の化身では、Web3は容赦ない環境です。

Grappling with private keys is not for grandma.

プライベートキーとの取り組みはおばあちゃん向けではありません。

Cryptography is not for kids.

暗号化は子供向けではありません。

And irreversible transactions are not for the faint-hearted.

そして、不可逆的なトランザクションは気弱な人向けではありません。

Of course, there are solutions in the works to abstract these complexities and dress Web3 up in the recognizable colors of Web2.

もちろん、これらの複雑さを抽象化し、Web3をweb2の認識可能な色でweb3にドレスアップするための解決策があります。

There remains one intractable bottleneck to mainstreaming this new internet standard, which no one has quite yet mastered: Onboarding.

この新しいインターネット標準を主流にするための扱いにくいボトルネックは1つあります。

Where are the on-ramps?

ランプはどこにありますか?

Or more to the point, who will provide these on-ramps and become the cornerstone of this new Web3 world?

それ以上の点で、誰がこれらのランプを提供し、この新しいWeb3の世界の礎石になるでしょうか?

Remember the Segway?

セグウェイを覚えていますか?

It was billed as the “transport of the future.” However, with a $4,000 price tag, it was competing with a small car and never made it into mass-market production.

それは「未来の輸送」として請求されました。しかし、4,000ドルの値札で、それは小型車と競合していて、それを大規模な市場生産にしたことはありませんでした。

So, what must Web3 do to avoid becoming the next Segway?

それでは、Web3が次のセグウェイになることを避けるために何をすべきか?

It needs to focus on removing points of friction that will deter prospective users before they’ve even had a chance to get started.

将来のユーザーが開始する前に将来のユーザーを阻止する摩擦点の削除に集中する必要があります。

Among the Web3 components that need to be eliminated or abstracted: Blockchains, web wallets, NFT marketplaces, seed words — when the unicorns of the 21st century were building their killer apps, accessibility did not necessarily have to be factored in.

ブロックチェーン、Webウォレット、NFTマーケットプレイス、シードワード – 排除または抽出する必要があるWeb3コンポーネントの中で、21世紀のユニコーンがキラーアプリを構築していたとき、アクセシビリティを要素化する必要はありませんでした。

The focus was simply on creating the most immersive and intuitive user experience as possible: Pull down to refresh, swipe right to accept.

焦点は、単に可能な限り最も没入型で直感的なユーザーエクスペリエンスを作成することでした。プルダウンして更新し、右にスワイプして受け入れます。

Web3 is app-design on hard mode.

Web3はハードモードのアプリデザインです。

Not only do its architects have to create highly playable, “swipeable,” shareable applications, but they need to do so while cramming in the kitchen sink — the nuts and bolts that make Web3’s defining features possible.

その建築家は、非常にプレイ可能な「スワイプ可能な」共有可能なアプリケーションを作成する必要があるだけでなく、キッチンシンクを詰め込んでいる間にそうする必要があります。

We need to deliver this in an easy-to-understand package.

これを理解しやすいパッケージで配信する必要があります。

If we can achieve that, it will create a true on-ramp.

それを達成できれば、それは真のオンランプを作成します。

It will unlock that magic moment whereby the next 100 million or next 1 billion users can enter Web3.

次の1億人または次の10億ユーザーがWeb3を入力できる魔法の瞬間のロックを解除します。

Change always occurs glacially — until it doesn’t.

変化は常に氷河に発生します – そうでないまで。

Talk of a Web3 takeover appears premature, but the movement is undoubtedly gathering steam.

Web3テイクオーバーの話は時期尚早に見えますが、動きは間違いなく蒸気を集めています。

While nimble Web2 platforms attempt to sneak in decentralized components and hope their users will like the taste, Web3 platforms are trying to create something so great it triggers a stampede.

Nimble Web2プラットフォームは、分散型コンポーネントをこっそりとし、ユーザーが味を好むことを望んでいますが、Web3プラットフォームは非常に素晴らしいものを作成しようとしています。

Only with the passage of time will it become clear which approach yields the greatest dividends.

時間の経過とともにのみ、どのアプローチが最大の配当をもたらすかが明らかになります。

Web3 can’t fix failed Web2 platforms, but it offers a pathway to a better internet.

Web3は失敗したWeb2プラットフォームを修正することはできませんが、より良いインターネットへの道を提供します。

The onus is on developers to harness its features and benefits, while sugar-coating the parts that are unpalatable to all but the tech-literate.

開発者は、その機能と利点を活用するために開発者にありますが、技術者以外のすべての人には不快な部品を砂糖塗装しています。

Great content is important.

素晴らしいコンテンツは重要です。

But first, we need to fix the on-ramps.

しかし、最初に、オンランプを修正する必要があります。

Great gateways that provide a combination of irresistible value and simple UX are the key to mainstream adoption.

魅力的な価値と単純なUXの組み合わせを提供する素晴らしいゲートウェイは、主流の採用の鍵です。

元記事

https://venturebeat.com/virtual/converting-web2-to-web3-wheres-the-on-ramp/

Newsカテゴリの最新記事