【海外ITニュース速報】テスラ、規制当局の監視の中でFSDへのアクセスを拡大

【海外ITニュース速報】テスラ、規制当局の監視の中でFSDへのアクセスを拡大

Tesla extends FSD access amid regulator scrutiny

テスラ、規制当局の監視の中でFSDへのアクセスを拡大

要約(英語):

Tesla is extending access to its advanced driver assist system, Full Self-Driving (FSD) Beta version 10.69.2.2 to 160,000 owners in the U.S. and Canada, Tesla CEO Elon Musk said in a tweet. Around 100,000 Tesla owners currently have access to the controversial system, which promises to automate driving tasks such as assisted steering on highways and city streets, smart vehicle summoning, and automatic parking. The system, which costs $15,000, has been criticised for ‘dangerous and irresponsible

要約(日本語):

テスラは、米国とカナダの完全な自動運転(FSD)ベータバージョン10.69.2.2〜160,000人の所有者である高度なドライバーアシストシステムへのアクセスを拡大している、とテスラCEOのElon Muskはツイートで述べた。現在、約100,000人のテスラの所有者が物議を醸すシステムにアクセスしています。これは、高速道路や街路での運転補助運転、スマートビークルの召喚、自動駐車場などの運転タスクを自動化することを約束しています。15,000ドルかかるシステムは、「危険で無責任で批判されています

本文:

and Canada, according to a tweet Monday from Tesla CEO Elon Musk.

カナダは、テスラのCEOエロン・マスクから月曜日のツイートによると。

Around 100,000 Tesla owners currently have access to the controversial driver assist system, which, for a price tag of $15,000, promises to automate certain driving tasks such as assisted steering on highways and city streets, smart vehicle summoning, automatic parking and recognizing and reacting to traffic lights and stop signs.

現在、約100,000のテスラの所有者が物議を醸すドライバーアシストシステムにアクセスしています。これは、15,000ドルの値札で、高速道路や街路でのアシストステアリング、スマートビークルの召喚、自動駐車場、認識と反応などの特定の運転タスクを自動化することを約束します。信号とストップサイン。

The expansion comes at a time when federal and state regulators, as well as Tesla owners and other concerned citizens, are coming down on FSD and Autopilot, Tesla’s less advanced driver assist system, after a series of crashes and other potentially life-threatening errors.

この拡張は、連邦および州の規制当局、およびテスラの所有者およびその他の関係する市民と同様に、テスラのあまり高度なドライバーアシストシステムであるFSDとAutopilotで、一連のクラッシュやその他の潜在的に生命を脅かす誤りの後に登場します。

Ralph Nader asks NHTSA to recall Tesla’s ‘dangerous and irresponsible’ FSD The National Highway Traffic and Safety Administration (NHTSA) is currently investigating 16 crashes in which Tesla owners were potentially engaging the ADAS when they crashed into stationary emergency vehicles.

ラルフ・ネーダーは、NHTSAにテスラの「危険で無責任な」FSDを思い出すように頼みます。

In July, California’s Department of Motor Vehicles accused Tesla of falsely advertising its systems.

7月、カリフォルニア州の自動車部門は、テスラがシステムを誤って宣伝していると非難しました。

Just last week, a Tesla owner filed a proposed class action lawsuit against the company for deceitfully advertising Autopilot and FSD as either fully functioning or close to being “solved” since 2016, despite knowing full well that the systems cannot perform as advertised.

先週、テスラの所有者は、システムが宣伝されているとおりに実行できないことを十分に知っているにもかかわらず、2016年以降、完全に機能するか、「解決」に近づいているとして、AutopilotとFSDを欺くように宣伝するために会社に対して提案された集団訴訟を提起しました。

The plaintiff alleged that Tesla’s ADAS — which can cost up to $15,000 for FSD — causes vehicles to run red lights, miss turns and veer into traffic.

原告は、TeslaのADA(FSDの場合は最大15,000ドルかかる可能性がある)により、車両が赤信号、ミスターン、トラフィックに変わる原因となったと主張した。

Musk has admitted that Tesla is basically worthless without FSD, but in the same breath he’ll say that the company is close to “solving” full self-driving by the end of this year.

マスクは、テスラが基本的にFSDなしでは価値がないことを認めていますが、同じ息で、彼は今年の終わりまでに完全な自動運転を「解決」することに近いと言います。

However, despite actually dangerous mistakes the software has made, FSD still seems to fail at reaching human-levels for certain basic driving tasks.

ただし、実際にソフトウェアが犯した危険な間違いにもかかわらず、FSDは特定の基本的な運転タスクの人間レベルに到達することに依然として失敗しているようです。

“Loving FSD Beta — but — could the vehicle initiate the turn signal before switching into the turn lane?” tweeted one cautious Tesla owner.

「FSDベータ版を愛する – しかし、車両はターンレーンに切り替える前にターン信号を開始できますか?」1人の慎重なテスラの所有者をツイートしました。

“It uses the signal for speed-based lane changes but not for merging into a turn lane.” “Elon when will the tesla speed up when noticing traffic is going faster?

「速度ベースのレーンの変更には信号を使用しますが、ターンレーンにマージするためではありません。」「エロントラフィックがより速くなっていることに気付いたとき、テスラはいつスピードアップしますか?

Sometimes it’s going slow,” from Tesla Owners Silicon Valley.

テスラオーナーのシリコンバレーからの、時々遅くなります。

Musk promised that update would come next month.

マスクは、来月更新が来ると約束した。

Musk also noted on Twitter that the Autopilot/AI team is also working on Optimus, Tesla’s humanoid robot, alongside “actually smart summon/autopark,” both of which have end of month deadlines.

Muskはまた、Twitterで、Autopilot/AIチームは、TeslaのヒューマノイドロボットであるOptialusにも取り組んでおり、どちらも月末の締め切りがある「実際にはスマートサモン/オートパーク」に加えています。

Tesla’s AI Day is scheduled for September 30, and Musk is expected to provide updates on a range of technology, including Optimus.

TeslaのAIデーは9月30日に予定されており、MuskはOptimusを含むさまざまなテクノロジーに関する最新情報を提供する予定です。

During Tesla’s first-quarter earnings this year, Musk said Optimus, which will be designed to take the drudgery out of household tasks, will be “worth more than the car business, worth more than FSD.” While Musk has several times underscored the importance that Optimus will have in the company’s future, the fact that the same team responsible for Autopilot is working on a robot implies that Optimus is still just a bit of a side project, rather than a development program.

今年のテスラの第1四半期の収益の間に、Musk氏は、家庭用タスクからdrudりを取り除くように設計されているOptimusは、「自動車事業よりも価値があり、FSDを超える価値がある」と述べました。Muskは、Optimusが会社の将来における重要性を何度か強調していますが、Autopilotを担当する同じチームがロボットに取り組んでいるという事実は、Optimusが開発プログラムではなく、まだちょっとしたサイドプロジェクトであることを意味します。

元記事

https://techcrunch.com/2022/09/20/tesla-extends-fsd-access-amid-regulator-scrutiny/

Newsカテゴリの最新記事