【海外ITニュース速報】DeepMindが新型AIチャットボットを展開しない理由

【海外ITニュース速報】DeepMindが新型AIチャットボットを展開しない理由

Why DeepMind isn’t deploying its new AI chatbot

DeepMindが新型AIチャットボットを展開しない理由

要約(英語):

DeepMind's new AI chatbot, Sparrow, is being hailed as an important step towards creating safer, less-biased machine learning systems. Sparrow is designed to talk with a user, answer questions and search the internet using Google when it's helpful to look up evidence to inform its responses. However, DeepMind considers Sparrow a research-based, proof-of-concept model that isn't ready to be deployed, said a safety researcher. Notably, Sparrow is being used

要約(日本語):

DeepMindの新しいAIチャットボットであるSparrowは、より安全で偏りのない機械学習システムを作成するための重要なステップとして歓迎されています。Sparrowは、ユーザーと話をし、質問に答え、Googleを使用してインターネットを検索することを目的としています。しかし、DeepMindは、Sparrowが展開する準備ができていない研究ベースの概念実証モデルと考えていると安全研究者は述べた。特に、Sparrowが使用されています

本文:

DeepMind’s new AI chatbot, Sparrow, is being hailed as an important step towards creating safer, less-biased machine learning systems, thanks to its application of reinforcement learning based on input from human research participants for training.  The British-owned subsidiary of Google parent company Alphabet says Sparrow is a “dialogue agent that’s useful and reduces the risk of unsafe and inappropriate answers.” The agent is designed to “talk with a user, answer questions and search the internet using Google when it’s helpful to look up evidence to inform its responses.”  But DeepMind considers Sparrow a research-based, proof-of-concept model that is not ready to be deployed, said Geoffrey Irving, safety researcher at DeepMind and lead author of the paper introducing Sparrow.

DeepMindの新しいAIチャットボットであるSparrowは、トレーニングのための人間の研究参加者からの入力に基づいた強化学習を適用したおかげで、より安全で偏りのない機械学習システムを作成するための重要なステップとして歓迎されています。Google Parent Company Alphabetの英国所有子会社は、Sparrowは「有用であり、危険で不適切な答えのリスクを軽減する対話エージェントである」と述べています。エージェントは、「ユーザーと話をし、質問に答え、Googleを使用してインターネットを検索して、回答を知らせるのに役立つ場合に役立つ」ように設計されています。しかし、DeepMindは、Sparrowを紹介する論文の主著者であるDeepmindの安全研究者であるGeoffrey Irving氏によると、Sparrowは展開する準備ができていない研究に基づいた概念実証モデルと考えています。

“We have not deployed the system because we think that it has a lot of biases and flaws of other types,” said Irving.

「システムを展開していません。なぜなら、他のタイプのバイアスと欠陥がたくさんあると考えているからです」とアーヴィングは言いました。

“I think the question is, how do you weigh the communication advantages — like communicating with humans — against the disadvantages?

「問題は、人間とのコミュニケーションのようなコミュニケーションの利点をどのように評価しますか?

I tend to believe in the safety needs of talking to humans … I think it is a tool for that in the long run.”  MetaBeat 2022 MetaBeat will bring together thought leaders to give guidance on how metaverse technology will transform the way all industries communicate and do business on October 4 in San Francisco, CA.

私は人間と話すことの安全ニーズを信じる傾向があります...それは長期的にはそのためのツールだと思います。」Metabeat 2022 Metabeatは、10月4日にカリフォルニア州サンフランシスコで、すべての産業がコミュニケーションとビジネスを行う方法をメタバーステクノロジーがどのように変化させるかについてのガイダンスを提供するために、Sound Leadersを集めます。

Irving also noted that he won’t yet weigh in on the possible path for enterprise applications using Sparrow – whether it will ultimately be most useful for general digital assistants such as Google Assistant or Alexa, or for specific vertical applications.  “We’re not close to there,” he said.  One of the main difficulties with any conversational AI is around dialogue, Irving said, because there is so much context that needs to be considered.   “A system like DeepMind’s AlphaFold is embedded in a clear scientific task, so you have data like what the folded protein looks like, and you have a rigorous notion of what the answer is – such as did you get the shape right,” he said.

Irvingはまた、Sparrowを使用したエンタープライズアプリケーションの可能性のあるパスにまだ重さを抱いていないことに注目しました。最終的には、Google AssistantやAlexaなどの一般的なデジタルアシスタントであろうと、特定の垂直アプリケーションに最も役立つかどうか。「私たちはそこに近づいていません」と彼は言いました。会話型AIの主な困難の1つは、対話を中心にすることです、とアーヴィングは言いました。「DeepMindのAlphafoldのようなシステムは明確な科学的タスクに埋め込まれているため、折り畳まれたタンパク質のようなデータがあり、答えが何であるかについての厳密な概念があります。。

But in general cases, “you’re dealing with mushy questions and humans – there will be no full definition of success.”  To address that problem, DeepMind turned to a form of reinforcement learning based on human feedback.

しかし、一般的に、「あなたはどろどろの質問や人間を扱っています。成功の完全な定義はありません。」その問題に対処するために、DeepMindは人間のフィードバックに基づいて強化学習の形になりました。

It used the preferences of paid study participants’ (using a crowdsourcing platform) to train a model on how useful an answer is.

有料の研究参加者の好みを使用して(クラウドソーシングプラットフォームを使用)、回答の有用なモデルをトレーニングしました。

To make sure that the model’s behavior is safe, DeepMind determined an initial set of rules for the model, such as “don’t make threatening statements” and “don’t make hateful or insulting comments,” as well as rules around potentially harmful advice and other rules informed by existing work on language harms and consulting with experts.

モデルの動作が安全であることを確認するために、DeepMindは、「脅迫的な声明を出さないでください」や「嫌悪感やin辱的なコメントをしないでください」など、モデルの最初のルールセットを決定し、潜在的に有害なルールを決定しました。言語の危害や専門家とのコンサルティングに関する既存の作業によって通知されるアドバイスやその他のルール。

A separate “rule model” was trained to indicate when Sparrow’s behavior breaks any of the rules.  Eugenio Zuccarelli, an innovation data scientist at CVS Health and research scientist at MIT Media Lab, pointed out that there still could be bias in the “human loop” – after all, what might be offensive to one person might not be offensive to another.  Also, he added, rule-based approaches might make more stringent rules but lack in scalability and flexibility.

Sparrowの行動がルールを破るときを示すために、別の「ルールモデル」が訓練されました。MIT Media LabのCVS Health and Research Scientistのイノベーションデータ科学者であるEugenio Zuccarelliは、「人間のループ」にはまだバイアスがある可能性があると指摘しました。また、彼は、ルールベースのアプローチはより厳しいルールを作るかもしれないが、スケーラビリティと柔軟性の欠如をもたらすかもしれないと付け加えた。

“It is difficult to encode every rule that we can think of, especially as time passes, these might change, and managing a system based on fixed rules might impede our ability to scale up,” he said.

「特に時間が経つにつれて、これらが変化する可能性があり、固定されたルールに基づいてシステムを管理することは、スケールアップする能力を妨げる可能性がある」と彼は言いました。

“Flexible solutions where the rules are learnt directly by the system and adjusted as time passes automatically would be preferred.”  He also pointed out that a rule hardcoded by a person or a group of people might not capture all the nuances and edge-cases.

「システムによってルールが直接学習され、時間が自動的に通過するときに調整される柔軟なソリューションが推奨されます。」彼はまた、人や人々のグループによってハードコードされたルールは、すべてのニュアンスとエッジケースを捉えていないかもしれないと指摘しました。

“The rule might be true in most cases, but not capture rarer and perhaps sensitive situations,” he said.  Google searches, too, may not be entirely accurate or unbiased sources of information, Zuccarelli continued.

「ほとんどの場合、ルールは真実かもしれませんが、より希少でおそらく敏感な状況を捉えていません」と彼は言いました。Googleの検索も、完全に正確または公平な情報源ではない可能性がある、とZuccarelliは続けました。

“They are often a representation of our personal characteristics and cultural predispositions,” he said.

「それらはしばしば私たちの個人的な特徴と文化的素因の表現です」と彼は言いました。

“Also, deciding which one is a reliable source is tricky.” Irving did say that the long-term goal for Sparrow is to be able to scale to many more rules.

「また、どちらが信頼できるソースであるかを決定するのは難しいです。」アーヴィングは、スパロウの長期的な目標は、より多くの規則に拡大できることだと言っていました。

“I think you would probably have to become somewhat hierarchical, with a variety of high-level rules and then a lot of detail about particular cases,” he explained.  He added that in the future the model would need to support multiple languages, cultures and dialects.

「おそらく、さまざまな高レベルのルールがあり、特定のケースについて多くの詳細があるため、やや階層的になる必要があると思います」と彼は説明しました。彼は、将来、モデルは複数の言語、文化、方言をサポートする必要があると付け加えました。

“I think you need a diverse set of inputs to your process – you want to ask a lot of different kinds of people, people that know what the particular dialogue is about,” he said.

「プロセスへの多様な入力セットが必要だと思います。特定の対話が何であるかを知っている人々、さまざまな種類の人々に尋ねたいと思います」と彼は言いました。

“So you need to ask people about language, and then you also need to be able to ask across languages in context – so you don’t want to think about giving inconsistent answers in Spanish versus English.”  Mostly, Irving said he is “singularly most excited” about developing the dialogue agent towards increased safety.

「だから、言語について人々に尋ねる必要があり、それから文脈的に言語を越えて尋ねることもできる必要があるので、スペイン語と英語で一貫性のない答えを与えることを考えたくありません。」ほとんどの場合、アーヴィングは、彼が安全性の向上に向けて対話エージェントを開発することについて「非常に興奮している」と述べた。

“There are lots of either boundary cases or cases that just look like they’re bad, but they’re sort of hard to notice, or they’re good, but they look bad at first glance,” he said.

「境界のケースや、悪いように見えるケースのいずれかがたくさんありますが、気付くのは難しいか、良いですが、一見悪いように見えます」と彼は言いました。

“You want to bring in new information and guidance that will deter or help the human rater determine their judgment.”  The next aspect, he continued, is to work on the rules: “We need to think about the ethical side – what is the process by which we determine and improve this rule set over time?

「あなたは、人間の評価者が彼らの判断を決定するのを阻止または支援する新しい情報とガイダンスを持ち込みたいです。」次の側面は、「倫理的側面について考える必要がある」というルールに取り組むことです。

It can’t just be DeepMind researchers deciding what the rules are, obviously – it has to incorporate experts of various types and participatory external judgment as well.” Zuccarelli emphasized that Sparrow is “for sure a step in the right direction,” adding that  responsible AI needs to become the norm.  “It would be beneficial to expand on it going forward trying to address scalability and a uniform approach to consider what should be ruled out and what should not,” he said.  VentureBeat's mission is to be a digital town square for technical decision-makers to gain knowledge about transformative enterprise technology and transact.

明らかに、ルールが何であるかを決定することは、明らかに、さまざまなタイプの専門家や参加型の外部判断を組み込む必要があります。」Zuccarelliは、Sparrowは「確かに正しい方向への一歩である」ことを強調し、責任あるAIが標準になる必要があると付け加えました。「スケーラビリティと統一されたアプローチに対処しようとして、それを拡大することは有益であり、何を除外すべきか、何がすべきでないかを考慮することができます」と彼は言いました。VentureBeatの使命は、技術的な意思決定者が変革的なエンタープライズテクノロジーと取引に関する知識を得るためのデジタルタウンスクエアになることです。

元記事

https://venturebeat.com/ai/why-deepmind-isnt-deploying-its-new-ai-chatbot/

Newsカテゴリの最新記事