【海外ITニュース速報】MetaとGoogleは、不況の恐怖の中どのような雇用調整を行うのか?

【海外ITニュース速報】MetaとGoogleは、不況の恐怖の中どのような雇用調整を行うのか?

“The party is over”: How Meta and Google are using recession fears to clean house

"The party is over"(パーティーは終わり)。メタとグーグルは、不況の恐怖の中どのような雇用調整を行うのか?

要約(英語):

Google and Facebook (now Meta) have slowed down hiring, cut back on perks like employee travel and laundry service, and begun reorganizing departments. Employees fear deeper staff cuts are ahead, according to a Vox survey. Google and Facebook employees donated the most to candidates who wanted to break up the tech giants, arguing that making them smaller could return them to their earlier productive early days. Notably, Google and Facebook are two of the world's most profitable companies. However, some industry insiders said it could be to their

要約(日本語):

GoogleとFacebook(現在のMeta)は、雇用を遅くし、従業員の旅行やランドリーサービスなどの特典を削減し、学部の再編成を開始しました。VOXの調査によると、従業員はより深いスタッフの削減が先にあることを恐れています。GoogleとFacebookの従業員は、ハイテクの巨人を解散したい候補者に最も寄付し、それらを小さくすることで、初期の初期の頃に戻すことができると主張しました。特に、GoogleとFacebookは世界で最も収益性の高い2社です。しかし、一部の業界関係者は、それが彼らにあるかもしれないと言った

本文:

It looks like the boom days are fading in Big Tech, even if the cash is still flowing.

現金がまだ流れていても、ブームの日がビッグテクノロジーで衰退しているようです。

For nearly two decades, top-tier tech companies like Google and Facebook (now Meta) were known for their rapid hiring, luxurious perks, and corporate cultures of abundance.

20年近くにわたり、GoogleやFacebook(現在のメタ)などの最高級のハイテク企業は、迅速な雇用、豪華な特典、および豊かな企業文化で知られていました。

But now, as rising inflation, the war in Ukraine, and other macroeconomic factors have caused marketers to slash their advertising budgets, Big Tech’s work culture is changing.

しかし、今では、インフレの増加に伴い、ウクライナでの戦争、およびその他のマクロ経済的要因により、マーケティング担当者が広告予算を削減しているため、ビッグテクノロジーの作業文化が変化しています。

In recent months, Google and Meta have drastically slowed down hiring, cut back on perks like employee travel and laundry service, and begun reorganizing departments.

ここ数か月で、GoogleとMetaは雇用を大幅に遅くし、従業員の旅行や洗濯サービスなどの特典を削減し、学部の再編成を始めました。

Employees fear deeper staff cuts are ahead.

従業員は、より深いスタッフカットが先にあることを恐れています。

Some economists say these moves are a sign that we’re heading into a “white-collar recession,” or a decline in job growth and security for professional workers, not just in tech, but also in other high-skilled industries.

一部のエコノミストは、これらの動きは、私たちが「ホワイトカラーの不況」に向かっている兆候であるか、技術だけでなく他の高スキル産業でも、プロの労働者の雇用成長とセキュリティの低下に陥っていると言います。

There’s more to these shifts, though.

ただし、これらのシフトにはさらに多くのことがあります。

The external economic pressures are real — but it’s also a good excuse for behemoths like Google and Meta to clean house.

外部の経済的圧力は本物ですが、GoogleやMetaのような巨人にとっても家をきれいにするための良い言い訳でもあります。

As Google’s parent company Alphabet and Meta have grown into corporate giants worth $1 trillion and $385 billion, respectively, they’ve swelled their staffing to over 150,000 and 80,000.

Googleの親会社であるAlphabetとMetaがそれぞれ1兆ドルと3850億ドル相当の企業大手に成長したため、スタッフを150,000を超えて80,000以上に膨らませました。

Now, economic circumstances are giving management an opportunity to reset expectations, pressure staff to start working harder with smaller budgets, and show some workers the door.

現在、経済的状況は、経営陣に期待をリセットする機会を与え、プレッシャースタッフがより少ない予算で一生懸命働き始め、一部の労働者にドアを示す機会を与えています。

It’s not only executives who think that some Big Tech companies have become too bloated, but some rank-and-file employees too.

一部の大手ハイテク企業があまりにも肥大化していると考えるのは幹部だけでなく、一部のランクアンドファイルの従業員もいます。

Ahead of the 2020 presidential primary elections, Recode reported that Google and Facebook employees donated the most to candidates like Elizabeth Warren and Bernie Sanders who wanted to break up Big Tech, arguing that making these companies smaller could return them to their more scrappy and productive early startup days.

2020年の大統領予備選挙に先立ち、Recodeは、GoogleとFacebookの従業員が、Big Techを分割したいエリザベスウォーレンやバーニーサンダースなどの候補者に最も寄付し、これらの企業を小さくすることで、より粗末で生産的な早期に戻すことができると主張したと報告しました。スタートアップの日。

Google and Facebook are still two of the most profitable companies in the world, whose annual revenue rivals that of the entire GDP of some countries.

GoogleとFacebookはまだ世界で最も収益性の高い企業の2つであり、その年間収益は一部の国のGDP全体の収益に匹敵します。

Unlike smaller tech companies, they can afford to make payroll and weather times of economic downturn.

小規模なハイテク企業とは異なり、彼らは景気後天の給与と天気時間を景気後退させる余裕があります。

But, some industry insiders said, it could be to these firms’ advantage to cut more than necessary to drive productivity and demonstrate to shareholders that they’re being financially responsible.

しかし、一部の業界関係者は、生産性を促進し、株主に財政的に責任を負っていることを示すために、これらの企業の利点が必要以上に削減することが有利である可能性があると述べました。

Meta’s share prices have dropped by about 60 percent in the past year, and Google parent company Alphabet is down by about 30 percent in the same time period.

メタの株価は過去1年間で約60%下落し、Googleの親会社であるAlphabetは同じ期間に約30%減少しています。

Both Google and Facebook have candidly warned employees that for those who remain, the company will start demanding more of them.

GoogleとFacebookの両方が、従業員に残っている人のために、より多くの人々を要求し始めると率直に警告しています。

Google CEO Sundar Pichai said in an internal memo in July, reported by CNBC, that Googlers “need to be more entrepreneurial” and work with “greater urgency, sharper focus, and more hunger than we’ve shown on sunnier days.” Meta CEO Mark Zuckerberg put it more bluntly in a company all-hands in June, according to the New York Times, saying “I think some of you might decide that this place isn’t for you, and that self-selection is okay with me … Realistically, there are probably a bunch of people at the company who shouldn’t be here.” For employees on the receiving end of this executive pressure, the sense is that overnight, their job security is no longer so secure.

Google CEOのSundar Pichaiは、7月の内部メモで、CNBCによって報告された、Googleが「より緊急性、より鋭い焦点、晴れた日に示したよりも多くの飢え」で仕事をしていると報告したと述べました。New York Timesによると、メタのCEOであるMark Zuckerbergは、6月に6月にすべての会社でそれをより率直に言った。私…現実的には、おそらくここにいるべきではない人が会社にいるでしょう。」このエグゼクティブプレッシャーの受信側にある従業員にとって、感覚は一晩で、彼らの仕事の安全がそれほど安全ではないということです。

Even though the cuts at Facebook and Google have only recently started, many employees are already feeling the change.

FacebookとGoogleでの削減は最近開始されましたが、多くの従業員はすでに変化を感じています。

One current Google employee told Recode that just a few months ago, employees came to Google’s regular all-hands meetings, which the company calls TGIFs, with regular questions about whether they would get raises to match inflation.

現在のGoogleの従業員の1人は、ほんの数か月前に、従業員がGoogleの通常のすべてのハンド会議に来て、TGIFを呼び出すと、インフレに合わせて昇給を得るかどうかについての定期的な質問を伝えたと語った。

Now, the employee said, a more common question among employees is whether there will be layoffs.

現在、従業員は、従業員の間でより一般的な質問は、レイオフがあるかどうかです。

“All the talk about compensation goes away because people are scared,” they said.

「補償についてのすべての話は、人々が怖がっているので消えます」と彼らは言いました。

One Google employee Recode spoke with said most of their colleagues accept management’s cost-cutting measures.

Googleの従業員の1人は、同僚のほとんどが経営陣のコスト削減措置を受け入れていると述べました。

“People have been really understanding,” they told Recode.

「人々は本当に理解している」と彼らはRecodeに語った。

“because at the end of the day we still have it so much better than other people.” Still, they added that the company’s recent cuts and emphasis on productivity “has created a sense of nervousness and uncertainty in what we can expect from the company going forward.” That nervousness and uncertainty extends to employees’ future job prospects, too.

「一日の終わりには、他の人よりもはるかに優れているからです。」それでも、彼らは、同社の最近の生産性の削減と強調は、「今後の会社に期待できることに緊張感と不確実性を生み出した」と付け加えました。その緊張と不確実性は、従業員の将来の仕事の見通しにも及びます。

Usually, Google employees unhappy with their job could easily seek an offer from Meta, Apple, or other nearby tech giants jockeying for talent; these days, most tech companies have slowed new hiring.

通常、自分の仕事に不満を抱いているGoogleの従業員は、メタ、Apple、または他の近くのハイテク大手からの才能を求めて簡単にオファーを求めることができます。最近では、ほとんどのハイテク企業は新たな雇用を遅らせています。

“There’s definitely a sense of ‘wait, there may not be a chair at another tech company if the The fact that in just a few months, the dynamics of the tech industry have turned upside down, and that employees now have less leverage over their employers, represents one of the most significant shifts the sector has seen since the dot-com bust of the early 2000s.

「間違いなく、待っているという感覚があります。ほんの数か月で、ハイテク業界のダイナミクスが逆さまになっており、従業員が今では従業員よりもレバレッジが少ないという事実があれば、別のハイテク企業に椅子がないかもしれません。雇用主は、2000年代初頭のドットコムバスト以来、セクターが見た中で最も重要な変化の1つです。

In a cynical way, that Google employee mused, even if management’s talk about productivity doesn’t amount to more actual efficiency, it is effectively working to get workers to stop pushing for more benefits.

Googleの従業員が黙想した皮肉な方法では、経営陣の生産性についての話し合いが実際の効率性に達していなくても、労働者がより多くの利益を求めるのをやめるように効果的に取り組んでいます。

And it shows shareholders that Google is serious about its stock performance.

また、Googleが株式のパフォーマンスに真剣であることを株主に示しています。

Google and Meta have both seen significant stock decline in the last two years, due in large part to rising inflation, the war in Ukraine, changes to Apple’s privacy settings, and rising competition from TikTok.

GoogleとMETAは、主にインフレの上昇、ウクライナでの戦争、Appleのプライバシー設定の変化、ティクトクとの競争の激化により、過去2年間で大幅な株式減少を見てきました。

“When recessions come along or when things are softening, I think these companies that are very well run take that as an opportunity to streamline things internally,” said Keval Desai, a former Google executive from 2003 to 2009 who now runs a venture capital firm he founded, SHAKTI.

「景気後退がやってくるとき、または物事が柔らかくなったとき、非常にうまく運営されているこれらの企業は、それを内部的に合理化する機会としてそれを取ると思います」彼は、シャクティを設立しました。

“I do believe that smart companies take opportunities and make unpopular decisions.” But unpopular decisions can be difficult to implement.

「賢い企業は機会を取り、不人気な決定を下すと信じています。」しかし、不人気な決定を実装するのは難しい場合があります。

And improving productivity at massive corporations like Facebook or Google isn’t as easy as simply that demanding employees work harder.

FacebookやGoogleなどの大企業で生産性を向上させることは、従業員を要求することがより一生懸命働くほど簡単ではありません。

Some Google employees Recode spoke with said that they think in order to be more productive, executives should focus on giving teams clearer direction.

Googleの従業員の一部は、より生産的になるためには、チームに明確な方向性を与えることに集中する必要があると考えていると述べたGoogleの従業員もいました。

“There is that fear that people aren’t working hard enough, but what I see is a lot of people working hard with unclear business priorities,” said a Google employee.

「人々が十分に一生懸命働いていないという恐怖がありますが、私が見ているのは、不明確なビジネスの優先順位を持って一生懸命働いている多くの人々です」とGoogleの従業員は言いました。

“Maybe they’re not making the best business decisions, but they don’t know that.” One example: Google seems to be unclear about how much it wants to prioritize its hardware line.

「たぶん、彼らは最高のビジネス上の決定を下していないかもしれませんが、彼らはそれを知りません。」1つの例:Googleは、ハードウェアラインにどれだけ優先順位を付けたいかについて不明のようです。

The company seemed to be moving forward with developing its next Pixelbook laptop product until it canceled the latest planned release and disbanded the team working on it earlier this month, The Verge reported.

同社は、最新の計画リリースをキャンセルし、今月初めにチームを解散させるまで、次のPixelbookラップトップ製品の開発を進めているように見えた、とVergeは報告した。

And in March, Google laid off 100 Google Cloud workers, giving them 60 days to find new jobs within the company — which some employees petitioned against, asking for more time.

そして3月、Googleは100人のGoogleクラウドワーカーを解雇し、60日間に会社内で新しい仕事を見つけるために60日を与えました。

The layoffs came despite the fact that Google Cloud, while still an unprofitable division, is growing its revenue considerably.

レイオフは、Google Cloudがまだ採算不可能な部門であるにもかかわらず、収益を大幅に増やしているという事実にもかかわらず、発生しました。

Laszlo Bock, co-founder of workplace software company Humu, who headed Google’s People Operations teams from 2006 to 2016, said he agrees with the idea that some major tech companies aren’t as operationally disciplined today as they could be, and that it could be time for change.

2006年から2016年までGoogleの人民運営チームを率いる職場ソフトウェア会社Humuの共同設立者であるLaszlo Bockは、一部の主要なハイテク企業は、できる限り運用上懲戒処分を受けておらず、できるという考えに同意していると述べました。変化の時間です。

“I think there is a way for companies to navigate that, though, which is you need to have a clearly articulated set of principles about how and why you want to change.” said Bock.

「しかし、企業がそれをナビゲートする方法があると思いますが、それはあなたが変えたい方法と理由について明確に明確に表現された一連の原則を持っている必要があると思います。」ボックは言った。

At Google, the company is increasingly focusing its research efforts on AI, and at Meta, the company is prioritizing VR/AR work to support its metaverse plans, as well as its TikTok competitor, Reels.

Googleでは、同社はAIに研究努力をますます注力しており、Metaでは、Meta Vr/AR作業にメタバースプランとTiktokの競合他社であるReelsをサポートするために優先順位を付けています。

Google recently made major cuts to its in-house research lab, Area 120, on projects that weren’t directly focused on AI.

Googleは最近、AIに直接焦点を合わせていなかったプロジェクトについて、社内研究ラボ、エリア120に大規模な削減を行いました。

Meta has also reportedly scaled back its new experimental product division to refocus exclusively on Reels.

また、メタは、リールのみに焦点を合わせて、新しい実験製品部門を縮小したと伝えられています。

More broadly, Meta is planning to cut workplace spending by 10 percent, the Wall Street Journal recently reported, in part through staff reductions — and has started quietly disbanding some teams, giving employees 30 days to find new jobs within the company.

より広く、Metaは職場の支出を10%削減することを計画しているとWall Street Journalは最近、スタッフの削減を通じて部分的に報告し、一部のチームの静かに解散し始め、従業員に30日間の新しい仕事を見つけることができました。

Some Meta employees are trying to find new positions on metaverse-related projects, which is what Zuckerberg has made his highest priority, said one employee who recently left the company.

一部のメタ従業員は、メタバース関連のプロジェクトで新しいポジションを見つけようとしています。これは、Zuckerbergが最優先事項にしたものです。

“Definitely over the past six to nine months there’s been a mad dash toward [Reality Labs], and particularly within the metaverse product group,” said a former Meta employee who recently left the company.

「過去6か月から9か月間、[リアリティラボ]、特にメタバース製品グループ内に狂ったダッシュがありました」と、最近去った元メタの従業員は語った。

“It feels like everything else is less secure in terms of the company’s future.” Some employees and industry experts worry that too much cost-cutting could backfire by stifling employee innovation: the very kind of creativity that made these companies great.

「他のすべてが会社の将来の観点からはあまり安全ではないように感じます。」一部の従業員や業界の専門家は、従業員のイノベーションを抑えることで、コスト削減があまりにも多くの逆火事が可能になることを心配しています。これらの企業を素晴らしいものにした非常に種類の創造性です。

“Traditionally, the way you drive productivity is you manage more tightly, you set goals, you cut costs.

「伝統的に、生産性を促進する方法は、より緊密に管理し、目標を設定し、コストを削減することです。

And the way you drive innovation is you give people more freedom and some flexibility and room to experiment and fail,” said Bock.

そして、あなたがイノベーションを促進する方法は、あなたが人々にもっと自由になり、実験と失敗の柔軟性と余地を与えることです」とボックは言いました。

“So I’m not sure how you increase productivity and increase innovation at the same time.”

「だから、生産性を高め、イノベーションを同時に増加させる方法がわかりません。」

元記事

https://www.vox.com/recode/2022/9/22/23366695/google-meta-recession-fears-mark-zuckerberg-sundar-pichai

Newsカテゴリの最新記事