【海外ITニュース速報】Archer’sの共同創業者、万能ヒューマノイドロボットを開発

【海外ITニュース速報】Archer’sの共同創業者、万能ヒューマノイドロボットを開発

Archer’s co-founder is bootstrapping an all-purpose humanoid robot

Archer’sの共同創業者、万能ヒューマノイドロボットを開発

要約(英語):

Figure, a startup currently operating in stealth, is developing a multi-purpose bipedal 'bot it plans to pilot in 2024. A source close to the startup has confirmed its operations, funding, high-profile hires and pieces of its overall roadmap. The startup's plans closely align with those of Tesla's upcoming Optimus 'bot. Bipedal robots are far easier to project ourselves into. Historically, most robotics have determined that purpose-built robots are the path of least resistance.

要約(日本語):

現在ステルスで運営されているスタートアップである図は、2024年にパイロットを計画している多目的ビペダルのボットを開発しています。スタートアップに近いソースは、その運営、資金、有名な採用、および全体的なロードマップの断片を確認しました。スタートアップの計画は、Teslaの今後のOptimusのボットの計画と密接に一致しています。二足歩行ロボットは、自分自身を投影するのがはるかに簡単です。歴史的に、ほとんどのロボット工学は、目的で構築されたロボットが抵抗の最小の経路であると判断しました。

本文:

cameraImage Credits: Udit Kulshrestha / Bloomberg / Getty Images The quest to build the perfect humanoid robot is heating up, as Figure — a startup currently operating in stealth — is developing a multi-purpose bipedal ‘bot it plans to pilot in 2024. Speaking under the condition of anonymity, a source close to to the company recently confirmed the startup’s operations, funding, high-profile hires and pieces of its overall roadmap.

カメライメージクレジット:Udit Kulshrestha / Bloomberg / Getty Images完璧なヒューマノイドロボットを構築するためのクエストは、現在ステルスで動作しているスタートアップであるように、2024年にパイロットを計画しています。匿名の条件は、会社に近い情報源である条件により、最近、スタートアップの運営、資金、有名な雇用、および全体的なロードマップの断片を確認しました。

TechCrunch has also seen a pitch deck that sheds further details on the Figure’s plans, including a glimpse at renders of the robot its working to develop.

TechCrunchには、ロボットの開発が開発されているレンダリングを垣間見るなど、人物の計画の詳細をさらに詳しく説明するピッチデッキも見られました。

Presently the Bay Area startup’s efforts most closely align with those detailed by Elon Musk with Tesla’s forthcoming Optimus ’bot.

現在、ベイエリアのスタートアップの取り組みは、テスラの今後のオプティマスボットとElon Muskが詳述したものと最も密接に一致しています。

It’s effectively a kind of holy grail among roboticists, a humanoid robot that could fill in a lot of daily tasks, from manual labor to eldercare.

それは事実上、ロボット奏者の間で一種の聖杯であり、肉体労働からエルダーケアまで、多くの毎日の仕事を埋めることができるヒューマノイドロボットです。

It’s also been a nearly impossible target.

また、ほぼ不可能なターゲットでした。

As a species, we tend to gravitate toward things that look like us.

種として、私たちは私たちのように見えるものに引き寄せられる傾向があります。

Bipedal robots are far easier to project ourselves into — it’s a big part of the reason they dominate so much science fiction.

Bipedal Robotsは、自分自身を投影するのがはるかに簡単です。それは、彼らが非常に多くのサイエンスフィクションを支配している理由の大きな部分です。

Historically, however, most robotics have determined that purpose-built robots are the path of least resistance.

しかし、歴史的に、ほとんどのロボット工学は、専用のロボットが抵抗が最も少ないことであると判断しました。

The best form factor for a specific job is the rule of thumb, and more often than not, that doesn’t involve recreating the human form in its entirety.

特定の仕事の最良のフォーム要因は経験則であり、多くの場合、人間の形を完全に再現することは含まれません。

That — among other factors ($$$) — is why a hockey pucked-shaped vacuum is the most popular consumer robot to date.

それは、他の要因($$$)の中でも、ホッケーのパック型の真空がこれまでで最も人気のある消費者ロボットである理由です。

So, why are so many people trying to build the perfect humanoid robot in 2022?

それで、なぜ多くの人々が2022年に完璧なヒューマノイドロボットを構築しようとしているのですか?

Boston Dynamics has showcased Atlas’s parkour moves for several years now.

ボストンダイナミクスは、アトラスのパルクールの動きを数年前から紹介してきました。

Xiaomi paraded a bipedal robot called CyberOne onstage at a recent event, following in the footsteps of companies like Toyota.

Xiaomiは、トヨタのような企業の足跡をたどって、最近のイベントでシベロンと呼ばれる二足歩行ロボットをパレードしました。

Perhaps most notable of recent vintage is Tesla’s Optimus  — which, after a Spandex-suited fake out, is set to appear in public later this month.

おそらく、最近のヴィンテージの中で最も注目すべきは、テスラのオプティマスです。これは、スパンデックスに合った偽物の後、今月後半に公開される予定です。

When I spoke with the team behind NASA’s humanoid robot a few years back, they suggested a simple premise.

数年前にNASAのヒューマノイドロボットの背後にあるチームと話をしたとき、彼らは簡単な前提を提案しました。

We’ve constructed our buildings and cities for humans, so it tracks that something that looks and moves like us would be best equipped to navigate it.

私たちは人間のために建物と都市を建設しました。そのため、私たちのように見えて動くものがそれをナビゲートするのに最適なものであると追跡します。

That’s the philosophy driving Figure, the brainchild of Brett Adcock, founder of hiring marketplace Vettery and, most recently, Archer.

それが、雇用マーケットプレイス獣医の創設者であり、最近ではArcherです。

The former was acquired by Swiss staffing firm The Adecco Group, to the tune of $100 million, in 2018. The latter is building an eVTOL.

前者は、2018年にスイスの人員配置会社The Adecco Groupに買収されました。

United Airlines recently dropped a $10 million deposit to purchase 100 flying taxis.

ユナイテッド航空は最近、100万ドルの飛行タクシーを購入するために1,000万ドルのデポジットを落としました。

But Figure is hoping to succeed where countless extremely well-funded and smart people have fallen short.

しかし、数字は、無数の非常に資金提供された賢い人々が不足している場合に成功することを望んでいます。

In addition to filling the CEO role, Adcock is also bootstrapping the Bay Area-based firm with $100 million in funding to get things off the ground.

Adcockは、CEOの役割を埋めることに加えて、ベイエリアを拠点とする会社に、物事を地面から離すための1億ドルの資金でブートストラップしています。

That money has gone, in part, to hiring some key names, including research scientist Jerry Pratt as CTO, former Boston Dynamics/Apple/Arrival engineer Michael Rose and Google/Boston Dynamics roboticist Gabe Nelson as chief scientist.

そのお金は、CTOとしての研究科学者ジェリー・プラット、元ボストンダイナミクス/リンゴ/到着エンジニアのマイケルローズ、グーグル/ボストンダイナミクスのロボット奏者ゲイブネルソンをチーフサイエンティストとしてのいくつかの重要な名前を雇うことに部分的に行ってきました。

Additional hires from Apple, Tesla, Google X and the Toyota Research Institute fill out a staff of around 30 (with more hires on the way).

Apple、Tesla、Google X、Toyota Research Instituteからの追加の採用者は、約30人のスタッフに記入しています(途中でより多くの採用があります)。

TechCrunch has viewed renders of an early version of the robot.

TechCrunchは、ロボットの初期バージョンのレンダリングを視聴しています。

The system appears more in line with the robot Telsa is developing, rather than Boston Dynamics’ hulking Atlas.

このシステムは、ボストンダイナミクスのハルキングアトラスよりも、ロボットテルサが開発中のロボットに沿ってより並んでいるように見えます。

The smaller, slimmer frame (human-sized, but on the shorter side) would be electric, rather than the hydraulics that power other robotics systems.

より小さく、よりスリムなフレーム(人間サイズですが、短い側面)は、他のロボットシステムを動かす油圧ではなく、電気になります。

It’s an ambitious project, and one that will likely take multiple years to get off the ground from a firm that was only founded earlier this year.

これは野心的なプロジェクトであり、今年初めに設立された会社から地面から降りるのに数年かかる可能性が高いプロジェクトです。

Certainly, Figure has one of the most formidable staffing lineups I’ve seen from a young robotics startup, as well as the funding to get things started.

確かに、フィギュアには、若いロボティクスのスタートアップから見た中で最も恐ろしい人員配置ラインナップの1つと、物事を開始するための資金があります。

Given the scope of the product, however, the company additional seed funding.

ただし、製品の範囲を考えると、同社は追加のシード資金を追加しました。

Figure is looking to take as much of a full-stack approach as possible toward developing hardware and software in-house.

図は、ハードウェアとソフトウェアを社内で開発するために、できるだけ多くのフルスタックアプローチをとることを目指しています。

It’s work that likely will arrive along with a flurry of patent applications over the next few years.

今後数年間にわたって、特許出願の急増とともに到着する可能性が高い作業です。

Certain aspects of the work, including battery and SLAM navigation, are transferable from the autonomous vehicle category, hence the hiring from Lucid and Tesla’s non-robotic division.

バッテリーやスラムナビゲーションを含む作業の特定の側面は、自動運転車のカテゴリから譲渡可能であるため、LucidとTeslaの非ロボット部門からの雇用です。

The firm is also expected to grow its AI team substantially.

同社はまた、AIチームを大幅に拡大することが期待されています。

Figure will be aiming for the reveal of a prototype in 2023 (I’d anticipate that means coming out of stealth late this year or early next), with piloting beginning in limited quantities the following year.

数字は、2023年にプロトタイプの公開を目指しています(これは今年遅くまたは次の早い時期にステルスから出てくることを意味すると予想しています)。

Those applications will revolve around warehouse work, retail and the like.

これらのアプリケーションは、倉庫の仕事、小売などを中心に展開します。

While it seems likely that early iterations of the product might run upwards of $100,000, scaling the product could bring it down to around one-third of that.

製品の早期の反復は100,000ドル以上で動作する可能性が高いようですが、製品をスケーリングすると、その約3分の1に引き下げられる可能性があります。

That’s still a steep figure (particularly for non-industrial use) — as such, it appears like that the company will adopt a robotics-as-a-service (RaaS) leasing model to make the system more accessible over the robot’s potential decade-long life.

それはまだ急な数字です(特に産業以外の使用のため) - そのため、会社はロボットとしてのロボット学(RAAS)リースモデルを採用して、ロボットの潜在的な10年間でシステムをよりアクセスしやすくするように思われます。長い人生。

The company recently registered Figure.ai, which currently features the bespectacled disembodied head of a cat floating through space, while shooting lasers out of its eyes.

同社は最近、figumes.aiを登録しました。これは、現在、宇宙を浮かぶ猫の眼鏡をかけられていない頭を備えており、その目からレーザーを撃ちます。

Not a lot to go on there.

そこに行くのはあまりありません。

Figure has not offered comment about the robot or cat.

図は、ロボットや猫についてのコメントを提供していません。

We’ll be sure to continue updating the story as we learn more.

詳細を学ぶにつれて、ストーリーの更新を続けます。

元記事

https://techcrunch.com/2022/09/22/figure-humanoid-robot-archer/

Newsカテゴリの最新記事