【海外ITニュース速報】クラウドキッチン市場規模は2030年までに3730億米ドルを達成し、22%CAGRで成長します – Acumen Research and Consultingによる独占レポート

【海外ITニュース速報】クラウドキッチン市場規模は2030年までに3730億米ドルを達成し、22%CAGRで成長します –  Acumen Research and Consultingによる独占レポート

Cloud Kitchen Market Size Will Attain USD 373 Billion by 2030 growing at 22% CAGR - Exclusive Report by Acumen Research and Consulting

クラウドキッチン市場規模は2030年までに3730億米ドルを達成し、22%CAGRで成長します - Acumen Research and Consultingによる独占レポート

要約(英語):

Cloud Kitchen Market is projected to experience potential growth over the forecast period from 2022 to 2030. The market is classified into independent cloud kitchens, commissary/shared kitchens, and kitchen pods. Franchised segment leads the market with highest revenue share and is expected to maintain its dominance over the forecast period. Asia Pacific is experiencing potential growth in the cloud kitchen market, with a double-digit CAGR.

要約(日本語):

クラウドキッチンマーケットは、2022年から2030年までの予測期間にわたって潜在的な成長を経験すると予測されています。市場は、独立したクラウドキッチン、コミッショナリー/共有キッチン、キッチンポッドに分類されます。フランチャイズセグメントは、収益シェアが最も高い市場をリードしており、予測期間にわたってその優位性を維持することが期待されています。アジア太平洋地域は、2桁のCAGRを使用して、クラウドキッチン市場で潜在的な成長を経験しています。

本文:

Cloud Kitchen Market Dynamics The global cloud kitchen market is projected to experience potential growth over the forecast period from 2022 to 2030. The increasing demand for online delivery of food & beverages in recent years is primarily driving the market growth.

クラウドキッチンマーケットレポートの重要なハイライト無料サンプルレポート @ クラウドキッチンダイナミクスグローバルクラウドキッチン市場は、予測期間中の潜在的な成長を経験すると予測されています2022年から2030年。近年の食料&飲料のオンライン配信の需要の増加は、主に市場の成長を促進しています。

The Covid-19 pandemic has also accelerated the demand for online food delivery because lockdowns and the risk of spreading viruses have hampered visits to offline restaurants.

Covid-19のパンデミックは、封鎖とウイルスの広がりのリスクがオフラインレストランへの訪問を妨げているため、オンライン食品配信の需要も加速しています。

Additionally, the cost efficiency associated with cloud kitchens is further bolstering the market growth.

さらに、クラウドキッチンに関連するコスト効率は、市場の成長をさらに強化しています。

Some of the Key Observations Regarding Cloud Kitchen Industry Include Check the detailed table of contents of the report Cloud Kitchen Market Segmentation The global cloud kitchen market is classified by type, product type, nature, and geography.

クラウドキッチン業界に関する重要な観察結果のいくつかには、レポートの詳細な目次,クラウドキッチン市場セグメンテーショングローバルクラウドキッチン市場セグメンテーションタイプ、製品タイプ、自然、地理によって分類されます。

The market is divided into three types: independent cloud kitchens, commissary/shared kitchens, and kitchen pods.

市場は、独立したクラウドキッチン、コミッショナリー/共有キッチン、キッチンポッドの3つのタイプに分かれています。

Market segments by product type include burger/sandwich, pizza/pasta, chicken, seafood, Mexican/Asian food, and others.

製品タイプごとの市場セグメントには、ハンバーガー/サンドイッチ、ピザ/パスタ、鶏肉、シーフード、メキシコ/アジア料理などが含まれます。

The cloud kitchen market is studied across standalone and franchised cloud kitchens by nature.

クラウドキッチン市場は、本質的にスタンドアロンとフランチャイズのクラウドキッチンを越えて研究されています。

The franchised segment leads the market with the highest revenue share (%) and is expected to maintain its dominance with potential growth over the forecast period.

フランチャイズセグメントは、収益分配率が最も高い(%)で市場をリードしており、予測期間にわたって潜在的な成長を伴う優位性を維持することが期待されています。

The growing trend of franchised outlets around the world, particularly in developing economies, is increasing the regional market value.

特に発展途上国における世界中のフランチャイズアウトレットの成長傾向は、地域の市場価値を高めています。

Cloud Kitchen Market Regional Outlook North America, Asia-Pacific, Europe, Latin America, and the Middle East and Africa comprise the global Cloud Kitchen industry (MEA).

クラウドキッチン市場の地域見通し北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、および中東とアフリカは、グローバルクラウドキッチン業界(MEA)で構成されています。

Asia Pacific is experiencing potential growth in the cloud kitchen market, with a double-digit CAGR (%), and the region is also expected to lead the market from 2022 to 2030. The region's major economies, including Japan, China, and India, contribute significantly to the regional market value.

アジア太平洋地域は、2桁のCAGR(%)でクラウドキッチン市場で潜在的な成長を遂げており、この地域は2022年から2030年まで市場をリードすると予想されています。地域の市場価値に大きく貢献します。

The region's market growth is being aided by the region's constantly developing economies and residents' rising purchasing power.

この地域の市場の成長は、地域の絶えず発展途上の経済と住民の購買力の高まりによって助けられています。

The increasing working population in developing economies is driving an exponential increase in demand for online food delivery, propelling the regional market value.

発展途上国の労働人口の増加は、オンライン食品供給の需要の指数関数的な増加を促進し、地域の市場価値を推進しています。

The major players are expanding their presence in developing economies through new collaborations and partnerships in the respective regions.

主要なプレーヤーは、それぞれの地域での新しいコラボレーションとパートナーシップを通じて、発展途上国での存在を拡大しています。

Questions Answered By This Report Browse More Research Topic on Food Related: The Malaysia Online Food Delivery Market is expected to reach over 319.1 Million USD by 2026. The Global Food Waste Management Market Size accounted for USD 39,547 Million in 2021 and is estimated to achieve a market size of USD 64,025 Million by 2030 growing at a CAGR of 5.7% from 2022 to 2030. The Global A2 Milk Market size Accounted for USD 9,056 Million in 2021 and is predicted to be worth USD 38,192 Million by 2030, with a CAGR of 17.5% during the Forthcoming Period from 2022 to 2030. About Acumen Research and Consulting: Acumen Research and Consulting is a global provider of market intelligence and consulting services to information technology, investment, telecommunication, manufacturing, and consumer technology markets.

このレポートで回答された質問は、食品関連に関するより多くの研究トピックを閲覧します:マレーシアのオンライン食品配送市場は2026年までに3億1,910万米ドルを超えると予想されます。2021年には39,547百万米ドルを占め、Aを達成すると推定されています。2030年までに2030年までに64,025百万米ドルの市場規模は2022年から2030年まで5.7%のCAGRで成長しています。世界のA2牛乳市場規模は2021年に9,056百万米ドルを占め、2030年までに38,192百万米ドルの価値があり、CAGRは17.5のCAGRであると予測されています。洞察力の研究とコンサルティングについて:Acumen Research and Consultingは、洞察力の研究とコンサルティングについて、情報技術、投資、通信、製造、消費者技術市場の市場インテリジェンスとコンサルティングサービスのグローバルプロバイダーです。

\

元記事

https://www.globenewswire.com/news-release/2022/09/23/2521538/0/en/Cloud-Kitchen-Market-Size-Will-Attain-USD-373-Billion-by-2030-growing-at-22-CAGR-Exclusive-Report-by-Acumen-Research-and-Consulting.html

Newsカテゴリの最新記事