【海外ITニュース速報】AIops solutionsの成長が企業にもたらすもの

【海外ITニュース速報】AIops solutionsの成長が企業にもたらすもの

What the growth of AIops solutions means for the enterprise

AIops solutionsの成長が企業にもたらすもの

要約(英語):

more organizations will migrate to the cloud, adopt edge computing and leverage artificial intelligence (AI) for business processes, according to Gartner. This comes after a Forrester survey revealed 60% of technology practitioners and decision-makers are using multicloud — a number expected to rise to 81% in the next 12 months. However, 90% of responding multicloud users say that it's helping them achieve their business goals. The summit will take place on October 4 in San Francisco.

要約(日本語):

Gartnerによると、より多くの組織がクラウドに移行し、エッジコンピューティングを採用し、ビジネスプロセスに人工知能(AI)を活用します。これは、Forresterの調査により、テクノロジーの実践者の60%がMulticLoudを使用していることが明らかになった後に発生しました。これは、今後12か月で81%に増加すると予想されます。ただし、応答するマルチラウドユーザーの90%は、ビジネス目標の達成を支援していると答えています。サミットは10月4日にサンフランシスコで開催されます。

本文:

Without exaggeration, digital transformation is moving at breakneck speed, and the verdict is that it will only move faster.

誇張することなく、デジタル変換は猛烈な速度で動いており、評決はそれがより速く移動するだけだということです。

More organizations will migrate to the cloud, adopt edge computing and leverage artificial intelligence (AI) for business processes, according to Gartner.

Gartnerによると、より多くの組織がクラウドに移行し、エッジコンピューティングを採用し、ビジネスプロセスに人工知能(AI)を活用します。

Fueling this fast, wild ride is data, and this is why for many enterprises, data — in its various forms — is one of its most valuable assets.

この高速でワイルドライドを促進することはデータであり、これが多くの企業にとって、そのような形式のデータが最も価値のある資産の1つである理由です。

As businesses now have more data than ever before, managing and leveraging it for efficiency has become a top concern.

現在、企業はこれまで以上に多くのデータを持っているため、効率のためにそれを管理して活用することが最大の懸念事項になりました。

Primary among those concerns is the inadequacy of traditional data management frameworks to handle the increasing complexities of a digital-forward business climate.

これらの懸念の中で主要なのは、デジタルフォワードのビジネス環境の増加する複雑さを処理するための従来のデータ管理フレームワークの不十分さです。

The priorities have changed: Customers are no longer satisfied with immobile traditional data centers and are now migrating to high-powered, on-demand and multicloud ones.

優先順位が変更されました。顧客は、不動の従来のデータセンターに満足しなくなり、現在、高電力、オンデマンド、マルチクラウドのデータセンターに移行しています。

According to Forrester’s survey of 1,039 international application development and delivery professionals, 60% of technology practitioners and decision-makers are using multicloud — a number expected to rise to 81% in the next 12 months.

1,039人の国際的なアプリケーション開発および配信の専門家に関するForresterの調査によると、テクノロジー実務家と意思決定者の60%がMulticLoudを使用しています。これは、今後12か月で81%に増加すると予想されます。

But perhaps most important from the survey is that “90% of responding multicloud users say that it’s helping them achieve their business goals.” Gartner also reports that enterprise multicloud deployment has become so pervasive that until at least 2023, “the 10 biggest public cloud providers will command more than half of the total public cloud market.” MetaBeat 2022 MetaBeat will bring together thought leaders to give guidance on how metaverse technology will transform the way all industries communicate and do business on October 4 in San Francisco, CA.

しかし、おそらく調査で最も重要なのは、「応答するマルチクラウドユーザーの90%がビジネス目標の達成に役立つと言っている」ということです。Gartnerはまた、Enterprise Multicloudの展開が非常に広範になっているため、少なくとも2023年まで「10の最大のパブリッククラウドプロバイダーがパブリッククラウド市場全体の半分以上を指揮する」と報告しています。Metabeat 2022 Metabeatは、10月4日にカリフォルニア州サンフランシスコで、すべての産業がコミュニケーションとビジネスを行う方法をメタバーステクノロジーがどのように変化させるかについてのガイダンスを提供するために、Sound Leadersを集めます。

But that’s not where it ends — customers are also on the hunt for edge, private or hybrid multicloud data centers that offer full visibility of enterprise-wide technology stack and cross-domain correlation of IT infrastructure components.

しかし、それは終わりではありません。顧客は、エッジ、プライベート、またはハイブリッドのマルチクラウドデータセンターを探しています。

While justified, these functionalities come with great complexities.  Typically, layers upon layers of cross-domain configurations characterize the multicloud environment.

正当化されていますが、これらの機能には非常に複雑さがあります。通常、クロスドメイン構成の層の層は、マルチクラウド環境を特徴付けます。

However, as newer cloud computing functionalities enter into the mainstream, new layers are required — thus complicating an already-complex system.

ただし、新しいクラウドコンピューティング機能が主流に入ると、新しいレイヤーが必要であるため、既に複雑なシステムが複雑になります。

This is made even more intricate with the rollout of the 5G network and edge data centers to support the increasing cloud-based demands of a global post-pandemic climate.

これは、5Gネットワークおよびエッジデータセンターの展開により、グローバルなパンデミック後の気候の増加するクラウドベースの需要をサポートすることにより、さらに複雑になります。

Ushering in what many have called “a new wave of data centers,” this reconstruction creates even greater complexities that place enormous pressure on traditional operational models.  Change is necessary, but considering that the slightest change in one of the infrastructure, security, networking or application layers could result in large-scale butterfly effects, enterprise IT teams must come to terms with the fact that they cannot do it alone.

多くの人が「データセンターの新しい波」と呼んでいるものを案内して、この再構築は、従来の運用モデルに大きな圧力をかけるさらに大きな複雑さを生み出します。変更が必要ですが、インフラストラクチャ、セキュリティ、ネットワーキング、またはアプリケーションレイヤーの1つのわずかな変更が大規模な蝶の効果をもたらす可能性があることを考慮すると、エンタープライズITチームはそれを単独で行うことができないという事実と同意する必要があります。

Andy Thurai, VP and principal analyst at Constellation Research Inc., also confirmed this.

Constellation Research Inc.のVPおよびプリンシパルアナリストのAndy Thuraiもこれを確認しました。

For him, the siloed nature of multicloud operations management has resulted in the increasing complexity of IT operations.

彼にとって、Multicloud Operations Managementのサイロ化された性質により、IT運用の複雑さが増加しています。

His solution?

彼の解決策?

AI for IT operations (AIops), an AI industry category coined by tech research firm Gartner in 2016. Officially defined by Gartner as “the combination of big data and ML [machine learning] in the automation and improvement of IT operation processes,” the detection, monitoring and analytic capabilities of AIops allow it to intelligently comb through countless disparate components of data centers to provide a holistic transformation of its operations.  By 2030, the rise in data volumes and its resulting increase in cloud adoption will have contributed to a projected $644.96 billion global AIops market size.

AI for IT Operations(AIOPS)、2016年にハイテク調査会社Gartnerによって造られたAI業界のカテゴリ。ガートナーは、「IT運用プロセスの自動化と改善におけるビッグデータとML [機械学習]の組み合わせ」と正式に定義されています。AIOPSの検出、監視、および分析機能により、データセンターの無数の異なるコンポーネントを介してインテリジェントに櫛をとらえて、操作の全体的な変換を提供できます。2030年までに、データ量の増加とその結果としてのクラウド採用の増加により、644.96億ドルの世界的なAIOPS市場規模が予想されます。

What this means is that enterprises that expect to meet the speed and scale requirements of growing customer expectations must resort to AIops.

これが意味することは、顧客の期待の高まりの速度と規模の要件を満たすことを期待している企業がAIOPSに頼らなければならないということです。

Else, they run the risk of poor data management and a consequent fall in business performance.  This need creates a demand for comprehensive and holistic operating models for the deployment of AIops — and that is where Cloudfabrix comes in.

そうでなければ、彼らはデータ管理の低さのリスクと、その結果、ビジネスパフォーマンスの低下を遂げます。この必要性は、AIOPSの展開のための包括的で全体的なオペレーティングモデルの需要を生み出します。そこからCloudFabrixが登場します。

Inspired to help enterprises ease their adoption of a data-first, AI-first and automate-everywhere strategy, Cloudfabrix today announced the availability of its new AIops operating model.

CloudFabrixは本日、企業がデータファースト、AI-First、Automate-Everyate Where戦略の採用を容易にするのを支援するためにインスピレーションを受けました。

It is equipped with persona-based composable analytics, data and AI/ML observability pipelines and incident-remediation workflow capabilities.

ペルソナベースの構成可能な分析、データ、AI/MLの観測可能性パイプラインとインシデントリメディエーションワークフロー機能が装備されています。

The announcement comes on the heels of its recent release of what it describes as “the world-first robotic data automation fabric (RDAF) technology that unifies AIops, automation and observability.” Identified as key to scaling AI, composable analytics give enterprises the opportunity to organize their IT infrastructure by creating subcomponents that can be accessed and delivered to remote machines at will.

この発表は、「AIOPS、自動化、観察可能性を統一する世界初のロボットデータ自動化ファブリック(RDAF)テクノロジー」と呼ばれるものの最近のリリースのすぐ後に行われます。AIのスケーリングの鍵として特定されたComposable Analyticsは、エンタープライズが自由にアクセスしてリモートマシンにアクセスして配信できるサブコンポーネントを作成することにより、ITインフラストラクチャを整理する機会を提供します。

Featured in Cloudfabrix’s new AIops operating model is a composable analytics integration with composable dashboards and pipelines.

CloudFabrixの新しいAIOPSオペレーティングモデルで紹介されているのは、構成可能なダッシュボードとパイプラインとの構成可能な分析統合です。

Offering a 360-degree visualization of disparate data sources and types, Cloudfabrix’s composable dashboards feature field-configurable persona-based dashboards, centralized visibility for platform teams and KPI dashboards for business-development operations.  Shailesh Manjrekar, VP of AI and marketing at Cloudfabrix, noted in an article published on Forbes that the only way AIops could process all data types to improve their quality and glean unique insights is through real-time observability pipelines.

CloudFabrixの構成可能なダッシュボードは、異なるデータソースとタイプの360度の視覚化を提供し、フィールドで構成可能なペルソナベースのダッシュボード、プラットフォームチームの集中視認性、ビジネス開発操作用のKPIダッシュボードを備えています。CloudFabrixのAIおよびマーケティング担当副社長であるShailesh Manjrekarは、Forbesで公開された記事で、AIOPSがすべてのデータ型を処理して品質を向上させ、独自の洞察を収集できる唯一の方法は、リアルタイムの観測可能性パイプラインを使用することであると述べています。

This stance is reiterated in Cloudfabrix’s adoption of not just composable pipelines, but also observability pipeline synthetics in its incident-remediation workflows.

この姿勢は、CloudFabrixが構成可能なパイプラインだけでなく、インシデント拒否ワークフローにおける観測可能性パイプライン合成の採用で繰り返されます。

In this synthesis, likely malfunctions are simulated to monitor the behavior of the pipeline and understand the probable causes and their solutions.

この合成では、パイプラインの挙動を監視し、考えられる原因とその解を理解するために、誤動作がシミュレートされます。

Also included in the incident-remediation workflow of the model is the recommendation engine, which leverages learned behavior from the operational metastore and NLP analysis to recommend clear remediation actions for prioritized alerts.  To give a sense of the scope, Cloudfabrix’s CEO, Raju Datla, said the launch of its composable analytics is “solely focused on the BizDevOps personas in mind and transforming their user experience and trust in AI operations.” He added that the launch also “focuses on automation, by seamlessly integrating AIops workflows in your operating model and building trust in data automation and observability pipelines through simulating synthetic errors before launching in production.” Some of those operational personas for whom this model has been designed include cloudops, bizops, GitOps, finops, devops, DevSecOps, Exec, ITops and serviceops.

また、モデルのインシデントリメディエーションワークフローには、推奨エンジンが含まれています。これは、優先順位付けされたアラートの明確な修復アクションを推奨するために、運用上のメタストアおよびNLP分析から学習した動作を活用します。CloudFabrixのCEOであるRaju Datlaは、範囲の感覚を与えるために、その構成可能な分析の立ち上げは「Bizdevopsのペルソナのみに焦点を当て、ユーザーエクスペリエンスとAI運用への信頼を変換することに焦点を当てている」と述べました。彼は、「運用モデルにAIOPSワークフローをシームレスに統合し、生産中に発売する前に合成エラーをシミュレートすることによりデータの自動化と観測可能性パイプラインの信頼を構築することにより、「自動化に焦点を当てている」と付け加えました。このモデルが設計された運用上のペルソナには、Cloudops、Bizops、Gitops、Finops、Devops、Devsecops、Exec、Itops、ServiceOpsが含まれます。

Founded in 2015, Cloudfabrix specializes in enabling businesses to build autonomous enterprises with AI-powered IT solutions.

2015年に設立されたCloudFabrixは、AIを搭載したITソリューションで自律企業を構築できるようにすることを専門としています。

Although the California-based software company markets itself as a foremost data-centric AIops platform vendor, it’s not without competition — especially with contenders like IBM’s Watson AIops, Moogsoft, Splunk and others.

カリフォルニアに本拠を置くソフトウェア会社は、データ中心のAIOPSプラットフォームベンダーとしての地位を獲得していますが、特にIBMのWatson AIOPS、Moogsoft、Splunkなどの候補者とは競争がないわけではありません。

VentureBeat's mission is to be a digital town square for technical decision-makers to gain knowledge about transformative enterprise technology and transact.

VentureBeatの使命は、技術的な意思決定者が変革的なエンタープライズテクノロジーと取引に関する知識を得るためのデジタルタウンスクエアになることです。

元記事

https://venturebeat.com/ai/what-the-growth-of-aiops-solutions-means-for-the-enterprise/

Newsカテゴリの最新記事