【海外ITニュース速報】荷物にトカゲ?人工知能は野生生物の密売検出で活躍

【海外ITニュース速報】荷物にトカゲ?人工知能は野生生物の密売検出で活躍

Lizard in Your Luggage? Artificial Intelligence Is Now Being Used to Detect Wildlife Trafficking

あなたの荷物にトカゲ?人工知能は現在、野生生物の密売を検出するために使用されています

要約(英語):

artificial intelligence is used to recognise shapes of animals when scanned at airports and mail centres. Blue-tongue lizards and sulphur-crested cockatoos are among the native animals frequently smuggled overseas. Exotic species are also smuggled into the country, such as snakes, turtles and fish. The technology uses artificial intelligence to recognise the shapes of animals when scanned at international frontlines. It could disrupt Australia's multi-billion dollar agricultural industries by introducing pests and diseases.

要約(日本語):

人工知能は、空港や郵便センターでスキャンされたときに動物の形状を認識するために使用されます。青い舌のトカゲと硫黄が押し付けられたオウムは、海外で頻繁に密輸される在来の動物の1つです。エキゾチックな種も、ヘビ、カメ、魚などの国に密輸されています。この技術は、人工知能を使用して、国際的な最前線でスキャンしたときに動物の形状を認識します。害虫や病気を導入することにより、オーストラリアの数十億ドルの農業産業を混乱させる可能性があります。

本文:

Blue-tongue lizards and sulphur-crested cockatoos are among the native animals frequently smuggled overseas.

青い舌のトカゲと硫黄が押し付けられたオウムは、海外で頻繁に密輸される在来の動物の1つです。

While the number of live animals seized by the Australian Government has tripled since 2017, the full scale of the problem eludes us as authorities don’t often know where and how wildlife is trafficked.

オーストラリア政府によって押収された生きた動物の数は2017年以来3倍になっていますが、当局は野生生物がどこでどのように人身売買されているのかをよく知らないため、問題のフルスケールは私たちを避けています。

Now, we can add a new technology to Australia’s arsenal against this cruel and inhumane industry.

現在、この残酷で非人道的な産業に対して、オーストラリアの兵器庫に新しい技術を追加できます。

Our research, published today, shows the potential for new technology to detect illegal wildlife in luggage or mail.

本日公開されている私たちの研究は、荷物や郵便で違法な野生生物を検出する新しい技術の可能性を示しています。

This technology uses artificial intelligence to recognise the shapes of animals when scanned at international frontlines such as airports and mail centres.

この技術は、人工知能を使用して、空港や郵便センターなどの国際的な最前線でスキャンしたときに動物の形を認識します。

Exotic species are also smuggled into the country, such as snakes, turtles and fish.

エキゾチックな種も、ヘビ、カメ、魚などの国に密輸されています。

This could disrupt Australia’s multi-billion dollar agricultural industries by introducing pests and diseases, and could also threaten fragile native ecosystems.

これは、害虫や病気を導入することにより、オーストラリアの数十億ドルの農業産業を混乱させる可能性があり、脆弱なネイティブの生態系を脅かす可能性もあります。

Wildlife trafficking is driven by several factors, including purported medicinal purposes, animals having ornamental value or for the illegal pet trade.

野生生物の人身売買は、薬用目的、装飾的な価値を持つ動物、または違法なペット貿易のためのいくつかの要因によって推進されています。

It can have fatal consequences, as it usually involves transporting individual animals in tight or cramped environments.

通常、個々の動物を緊密な環境やcr屈な環境で輸送することを伴うため、致命的な結果をもたらす可能性があります。

This often results in the animals becoming stressed, dehydrated and dying.

これにより、動物がストレスを感じ、脱水、死に至ることがよくあります。

Some people have even tried to use chip packets to smuggle Australian wildlife.

一部の人々は、チップパケットを使用してオーストラリアの野生生物を密輸しようとしました。

Traffickers often transport several individuals in one go, in the hope one animal makes it alive.

人身売買業者はしばしば、一度に数人の個人を輸送します。

We don’t know the complete picture of which animals are being trafficked, how they’re trafficked or even when it’s occurring.

どの動物が人身売買されているのか、どのように人身売買されているのか、またはそれが発生しているときでさえ、私たちはまったく知りません。

But examples from seized cases in Australia suggest traffickers highly prize Aussie reptiles and birds.

しかし、オーストラリアの押収された事件の例は、人身売買業者が賞を授業の爬虫類と鳥を賞賛することを示唆しています。

For example, shingleback lizards, a type of blue-tongue lizard, are considered one of Australia’s most trafficked species.

たとえば、ブルートングトカゲの一種であるシングルバックトカゲは、オーストラリアで最も人身売買された種の1つと考えられています。

Apart from being cruel and inhumane, wildlife trafficking can also facilitate the introduction of alien species into new environments.

残酷で非人道的であることとは別に、野生生物の人身売買は、外来種の新しい環境への導入を促進する可能性があります。

This brings significant biosecurity risks.

これは、重大なバイオセキュリティリスクをもたらします。

For example, zoonosis (diseases jumping from a non-human animal to a human) involves people handling stressed, wild animals.

たとえば、動物園(人間以外の動物から人間にジャンプする病気)には、ストレスを受けた野生動物を扱う人々が含まれます。

Exotic species can also disrupt natural ecosystems, as we’ve famously seen with the damage wrought by cane toads in northern Australia.

エキゾチックな種は、オーストラリア北部の杖のヒキガエルが生じた損害で有名に見られたように、自然の生態系を破壊する可能性があります。

Unregulated wildlife entering the country may also harbour new diseases or destructive parasites.

国に入る規制されていない野生生物は、新しい病気や破壊的な寄生虫を抱えている可能性もあります。

This could damage agricultural industries and potentially raise the prices of our fruit and vegetables.

これにより、農業産業に損害を与え、果物や野菜の価格を引き上げる可能性があります。

Our new research documents a variety of wildlife species, which have been scanned using state-of-the-art technology to help build computer algorithms using “Real Time Tomography”.

私たちの新しい研究は、さまざまな野生生物種を文書化しています。これらは、最先端のテクノロジーを使用してスキャンされ、「リアルタイム断層撮影」を使用してコンピューターアルゴリズムの構築を支援しています。

Real Time Tomography is an imaging technique that uses a series of x-rays to scan an item (such as a lizard).

リアルタイム断層撮影は、一連のX線を使用してアイテム(トカゲなど)をスキャンするイメージング技術です。

It then produces a three dimensional image of the animal which, in turn, is used to develop algorithms.

次に、動物の3次元画像を生成し、これを使用してアルゴリズムを開発します。

For example, mail and luggage can be scanned at the airport and, if wildlife are enclosed, the algorithms will alert operators of their presence.

たとえば、空港で郵便と荷物をスキャンすることができ、野生生物が囲まれている場合、アルゴリズムはオペレーターの存在を警告します。

Our study scanned known species of trafficked Australian animals to create an image reference library.

私たちの研究は、既知の人身売買されたオーストラリアの動物の種をスキャンして、画像参照ライブラリを作成しました。

A total of 294 scans from 13 species of lizards, birds and fish were used to develop initial wildlife algorithms, with a detection rate of 82%, and a false alarm rate at just 1.6%.

13種のトカゲ、鳥、魚からの合計294のスキャンを使用して、検出率が82%、誤報率はわずか1.6%で、初期の野生生物アルゴリズムを開発しました。

This research is the first to document the use of 3D X-ray CT security scan technology for wildlife protection within the peer-reviewed scientific literature.

この研究は、ピアレビューされた科学文献内で野生生物保護のための3D X線CTセキュリティスキャンテクノロジーの使用を文書化する最初のものです。

It’s also the first to report results for the detection of reptiles, birds and fish within such scans.

また、そのようなスキャン内で爬虫類、鳥、魚の検出の結果を報告する最初のものです。

The detection tool is designed to complement existing detection measures of Australian Border Force, biosecurity officers and detection dogs, which remain crucial in our fight against wildlife crime.

この検出ツールは、オーストラリアの国境部隊、バイオセキュリティ担当者、検出犬の既存の検出措置を補完するように設計されており、野生生物犯罪との戦いにおいて重要なものです。

The tools currently helping to detect and restrict wildlife trafficking mainly rely on human detection methods.

現在、野生生物の人身売買の検出と制限に役立つツールは、主に人間の検出方法に依存しています。

This includes cyber-crime investigations or Australian Border Force and biosecurity officers manually searching bags.

これには、サイバー犯罪の調査またはオーストラリアの国境部隊、およびバイセキュリティの役員が手動でバッグを検索することが含まれます。

Biosecurity detector dogs patrolling airports are also useful, as are smartphone reporting apps such as the Wildlife Witness App.

Biosecurity Detector Dogs Patrolling Airtapsも有用であり、Wildlife Witnessアプリなどのスマートフォンレポートアプリも同様です。

Also crucial are efforts to dismantle illegal trade networks at the source.

また、ソースの違法な貿易ネットワークを解体する努力も重要です。

This is by understanding and reducing consumer demand for wildlife and wildlife products, providing alternate livelihoods for would-be poachers, and enforcing stronger governance and monitoring.

これは、野生生物や野生生物製品に対する消費者の需要を理解し、削減し、密猟者に代わる生計を提供し、より強力なガバナンスと監視を実施することです。

Seized animals can be used as evidence to identify traffickers, with previous cases resulting in successful prosecution by environmental investigators.

押収された動物は、人身売買業者を特定するための証拠として使用できます。

For example, a former rugby league player has been jailed for four years after getting caught trying to smuggle a variety of animals in and out of Australia.

たとえば、元ラグビーリーグの選手は、オーストラリアの内外でさまざまな動物を密輸しようとして捕まった後、4年間投獄されました。

All these measures help fight wildlife trafficking, but there’s no single solution to predict when and where the events will likely take place.

これらのすべての措置は、野生生物の人身売買と戦うのに役立ちますが、イベントがいつどこで行われるかを予測する解決策はありません。

Wildlife traffickers may adapt their behaviours frequently to avoid being detected.

野生生物の人身売買業者は、検出されないように行動を頻繁に適応させるかもしれません。

As a result, innovative and adaptive solutions, such as our new technology, are vital to support existing detection techniques.

その結果、当社の新しいテクノロジーなどの革新的で適応的なソリューションは、既存の検出技術をサポートするために不可欠です。

Any effort to stamp out this terrible activity is a step in the right direction, and the potential for 3D detection enables us to adapt and evolve with how traffickers may change their behaviours.

この恐ろしい活動を打ち消す努力は正しい方向への一歩であり、3D検出の可能性により、人身売買業者が行動を変える方法で適応して進化することができます。

We would like to acknowledge Dr Phoebe Meagher from the Taronga Conservation Society Australia for her contribution to this research and article.Vanessa Pirotta, Postdoctoral Researcher and Wildlife Scientist, Macquarie University and Justine O’Brien, Manager of Conservation Science, Taronga Conservation Society Australia, University of Sydney, UNSW Sydney This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license.

オーストラリアのタロンガ保護協会のフィービー・マッガー博士に、この研究と記事への貢献について謝意を表したいと思います。シドニー大学、UNSWシドニーこの記事は、クリエイティブコモンズライセンスの下で会話から再発行されています。

\

元記事

https://www.gizmodo.com.au/2022/09/lizard-in-your-luggage-artificial-intelligence-is-now-being-used-to-detect-wildlife-trafficking/

Newsカテゴリの最新記事