【海外ITニュース速報】Research Solutions、Inc。(RSSS)Q4 2022収益コールトランスクリプト

【海外ITニュース速報】Research Solutions、Inc。(RSSS)Q4 2022収益コールトランスクリプト

Research Solutions, Inc. (RSSS) Q4 2022 Earnings Call Transcript

Research Solutions、Inc。(RSSS)Q4 2022収益コールトランスクリプト

要約(英語):

Research Solutions, Inc. (NASDAQ:RSSS) Q4 2022 Earnings Conference Call September 22, 2022 5:00 PM ET Company Participants John Beisler - Investor Relations Roy Olivier - President and Chief Executive Officer William Nurthen - Chief Financial Officer Bill Nurthen - Chairman Richard Baldry - ROTH Capital Partners, LLC Richard Baldry - Maxim Group LLC Richard Baldry - ROTH Capital Partners, LLC Richard Baldry - Maxim Group LLC Richard Baldry - Maxim Group LLC Richard Baldry (NASDAQ:RSSS) has NYSE:RSSS) Investor Relations John Beisler - Research Solutions' Roy Olivier and William Nurthen and Roy Olivier and Bill Nurthen - Research Solutions' Bill Nurthen and Roy Beisler (RSSS) Beisler (RSSS) Beisler (RSSS) Beisler (RSSS) Beisler

要約(日本語):

Research Solutions、Inc。(NASDAQ:RSSS)Q4 2022収益電話会議2022年9月22日午後5時ET ET ETの参加者John Beisler -Investor Relations Roy Olivier-社長兼社長兼最高経営責任者William Nurthen-チーフ財務責任者ビルヌルセン - リチャード会長Baldry -Roth Capital Partners、LLC Richard Baldry -Maxim Group LLC Richard Baldry -Roth Capital Partners、LLC Richard Baldry -Maxim Group LLC Richard Baldry -Maxim Group LLC Richard Baldry(NASDAQ:RSSS)Research SolutionsのRoy OlivierとWilliam NurthenとRoy OlivierとBill Nurthen-研究ソリューションのビル・ヌルセンとロイ・ベイスラー(RSSS)ベイスラー(RSSS)ベイスラー(RSSS)ベイスラー(RSSS)ベイスラー

本文:

Research Solutions, Inc.

Research Solutions、Inc。

(NASDAQ:RSSS) Q4 2022 Earnings Conference Call September 22, 2022 5:00 PM ET Company Participants John Beisler - Investor Relations Roy Olivier - President and Chief Executive Officer William Nurthen - Chief Financial Officer Conference Call Participants Allen Klee - Maxim Group LLC Richard Baldry - ROTH Capital Partners, LLC Operator Good afternoon, everyone, and thank you for participating in today's conference call to discuss Research Solutions Financial and Operating Results for its Fiscal Fourth Quarter and Full-Year ended June 30, 2022. As a reminder, this conference call is being recorded.

(NASDAQ:RSSS)Q4 2022収益電話会議2022年9月22日午後5時ET ETの参加者ジョン・ベイスラー - 投資家関係ロイ・オリビエ - 社長兼最高経営責任者ウィリアム・ヌルテン - 最高財務責任者の会議会議の参加者アレン・クリー - マキシムグループLLCリチャードBaldry -Roth Capital Partners、LLC Operator Good Afterning、みんな、そして2022年6月30日に終了した第4四半期と通年の研究ソリューションの財務と営業結果について議論するための今日の電話会議に参加してくれてありがとう。電話会議が記録されています。

I would now like to turn the conference over to your host, John Beisler, Investor Relations.

私は今、会議をあなたのホスト、ジョン・ベイスラー、投資家関係に引き渡したいと思います。

John Beisler Thank you, Ariel, and good afternoon, everyone.

ジョン・ベイスラー、アリエル、そしてこんにちは、みなさん、こんにちは。

Thank you for joining us today for Research Solutions' fourth quarter and full-year fiscal 2022 earnings call.

Research Solutionsの第4四半期と通年の2022年の収益コールに今日私たちに参加していただきありがとうございます。

On the call with me today are Roy W.

今日私との電話にはロイWがいます。

Olivier, President and Chief Executive Officer and Bill Nurthen, Chief Financial Officer.

社長兼最高経営責任者であり、最高財務責任者のビル・ヌルテン、オリビエ。

After the market closed this afternoon, the Company issued a press release announcing its results for the fourth quarter and full-year fiscal 2022. The release is available on the Company's website researchsolutions.com.

今日の午後に市場が閉鎖された後、同社は2022年第4四半期と通年の会計年度の結果を発表するプレスリリースを発行しました。このリリースは、同社のWebサイトResearchSolutions.comで入手できます。

Before Roy and Bill begin their prepared remarks, I would like to remind you that some of the statements made today will be forward-looking and made under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from those expressed or implied due to a variety of factors.

ロイとビルが準備された発言を開始する前に、今日行われた声明のいくつかは、1995年の民間証券訴訟改革法の下で将来を見据えて、行われることを思い出させたいと思います。さまざまな要因に。

We refer you to Research Solutions' recent filings with the SEC for a more detailed discussion of the risks that could impact the Company's future operating results and financial condition.

会社の将来の経営成績と財政状態に影響を与える可能性のあるリスクのより詳細な議論については、SECへの研究ソリューションの最近の提出を参照してください。

Also on today's call, management will reference certain non-GAAP financial measures, which we believe provide useful information for investors.

また、今日の電話では、経営陣は特定の非GAAP財務指標を参照します。これは、投資家に有用な情報を提供すると考えています。

A reconciliation of those measures to GAAP measures is included in the earnings press release issued this afternoon.

これらの措置のGAAP対策に対する調整は、今日の午後に発行された収益プレスリリースに含まれています。

Finally, I would like to remind everyone this call being recorded and made available for replay via a link on the Company's website.

最後に、この呼び出しが録音され、会社のウェブサイトのリンクを介してリプレイできるようにしたすべての人に思い出させたいと思います。

I would now like to turn the call over to Roy W.

コールをロイWに引き渡したいと思います。

Olivier.

オリビエ。

Roy?

ロイ?

Roy Olivier Thank you, John, and thanks to everyone joining for our fourth quarter and fiscal 2022 results.

Roy Olivier、John、John、そして第4四半期と2022年度の結果に参加しているすべての人に感謝します。

Before I get into specifics about our performance versus plan, I want to quickly recap some of our results that we accomplished during the fiscal year.

パフォーマンスとプランの詳細に入る前に、会計年度に達成した結果のいくつかをすばやく再び要約したいと思います。

During FY2022, we sold 180 net new customers resulting in net ARR growth of over $2 million for the first time.

2022年度中、私たちは180人の純顧客を販売し、初めて200万ドル以上の純ARR成長をもたらしました。

Our customer acquisition costs or CAC, a measure of our sales efficiency ran at about 13 months slightly over our target of 12. Our lifetime value to CAC also remains very strong at approximately 9x our CAC.

当社の顧客獲得コストまたはCACは、当社の販売効率の尺度であり、12の目標をわずかにわずかに13か月で実行しました。CACに対する生涯価値も約9倍のCACで非常に強力です。

Both of these measurements put us in the better or best category as defined by Bessemer Venture Partners SaaS guardrails and indicate that we should continue to invest in growing the topline, which we plan on doing.

これらの測定は両方とも、Bessemer Venture Partners Saas Guardrailsによって定義されているように、私たちをより良いまたは最高のカテゴリーにし、トップラインの成長に引き続き投資する必要があることを示しています。

Renewal rates remain strong in the high 90s and our net renewal rates ran over 110% for the year and stand at an internal record on a trailing 12-month basis.

更新率は90年代の高い状態のままであり、当社の純更新率は年間110%を超えており、12か月間の内部記録に立っています。

We also started measuring Net Promoter Score or NPS during the year and our average NPS score for the year is 63, well above the 2022 SaaS company average of 41. Both the renewal rates and the NPS score underscore the value we are delivering to our customers and will remain key metrics influencing our strategy moving forward.

また、年間でネットプロモータースコアまたはNPの測定を開始し、年間の平均NPSスコアは63で、2022年のSAAS会社平均41をはるかに上回ります。更新率とNPSスコアの両方が、お客様に提供する価値を強調しています。そして、私たちの戦略に影響を与える重要なメトリックのままです。

During the full fiscal year, we made tremendous progress related to our product strategy, which I will cover in more detail later in the call.

全会計年度に、私たちは製品戦略に関連する大きな進歩を遂げました。

We released significant upgrades to the Article Galaxy platform, including pivoting to a good, better and best version of Article Galaxy.

記事Galaxyの優れた、より良いバージョンのバージョンへのピボットを含む、記事Galaxyプラットフォームの大幅なアップグレードをリリースしました。

We also released Article Galaxy References, both a standard and pro version of the software.

また、ソフトウェアの標準バージョンとプロバージョンの両方である記事Galaxy Referencesもリリースしました。

References is a reference manager application that will significantly improve the value proposition of the Article Galaxy platform to our users.

参照は、記事Galaxyプラットフォームの価値提案をユーザーに大幅に改善するリファレンスマネージャーアプリケーションです。

Finally, we are about to release a new product called Curedatis, which is a regulatory compliance tool that is integrated with Article Galaxy.

最後に、Curedatisと呼ばれる新製品をリリースしようとしています。これは、記事Galaxyと統合された規制コンプライアンスツールです。

Curedatis is a pharmacovigilance product intended to help our customers collect, detect, assess, monitor and prevent adverse effects with pharmaceutical and other products.

Curedatisは、お客様が医薬品やその他の製品で副作用を収集、検出、評価、監視、予防するのを支援することを目的とした薬局性製品です。

Pharmacovigilance is required in several vertical markets and countries we serve and is a manual process today in many cases.

ファーマコビジランスは、私たちがサービスを提供するいくつかの垂直市場と国で必要であり、多くの場合、今日の手動プロセスです。

This product automates the process and integrates with Article Galaxy to help our customers search, identify and acquire scientific articles that are related to that process.

この製品はプロセスを自動化し、記事Galaxyと統合して、お客様がそのプロセスに関連する科学的記事を検索、特定、取得できるようにします。

I'd like to pass the call over to Bill to walk through our fiscal fourth quarter and 2022 year-end financial results in detail, and then I'll wrap up with some more comments related to our products, strategy and M&A.

コールをビルに伝えて、第4四半期と2022年の年末の財務結果を詳細に説明したいと思います。その後、当社の製品、戦略、M&Aに関連するいくつかのコメントを締めくくります。

Bill?

明細書?

William Nurthen Thank you, Roy, and good afternoon, everyone.

ウィリアム・ヌルテン、ありがとう、ロイ、そしてこんにちは、みなさん。

I will begin with a recap of our results for the fourth quarter of fiscal 2022. Total revenue was $8.6 million, a 4.2% increase from the fourth quarter of fiscal 2021. Our platform subscription revenue increased 32% to $1.9 million primarily driven by a net increase in platform, annual recurring revenue bookings and deployments from last year, including a new company record of $573,000 in incremental ARR bookings in the fourth quarter along with 53 net new deployments.

2022年度の第4四半期の結果の要約から始めます。総収益は860万ドルで、2021会計年度の第4四半期から4.2%増加しました。プラットフォームの増加、年間の繰り返しの収益予約、昨年からの展開。第4四半期の573,000ドルの増分ARR予約の新しい会社記録と、53のNET New Deploymentsが含まれます。

We ended the quarter with $7.9 million in annual recurring revenue, up almost 8% sequentially and 35% year-over-year, reflecting our continued sales and upselling efforts and low churn of existing platform subscribers.

私たちは、年間790万ドルの繰り返し収益で四半期を終了しました。これは、継続的な売り上げとアップセリングの努力と既存のプラットフォームの加入者の低下を反映して、前年比でほぼ8%、前年比で35%増加しました。

Please see today's press release for how we define and use annual recurring revenue in other non-GAAP terms.

他の非GAAP条件で年間の繰り返し収益を定義および使用する方法については、今日のプレスリリースをご覧ください。

Our transaction revenue decreased slightly to $6.7 million from $6.8 million in the fourth quarter of 2021. Our total active customer count for the quarter was 1,213, a net increase of 81 from the same period a year-ago and 20 customers from the third quarter of fiscal 2022. The sequential increase was primarily due to more corporate customers.

当社の取引収益は、2021年の第4四半期の680万ドルからわずかに670万ドルに減少しました。この四半期の総顧客数は1,213で、前年同期から81人、第3四半期から20人の顧客が純増加しました。Fiscal2022。連続的な増加は、主により多くの企業顧客によるものでした。

I will note that while the trend regarding transaction revenue has been slightly down, the year-over-year performance did improve through the fiscal year after a steep drop-off in the first quarter of fiscal 2022. I will talk more about what I think this means for our upcoming fiscal Q1 and fiscal 2023 later.

取引収益に関する傾向はわずかに減少していますが、2022会計年度の第1四半期の急な減少の後、年度の間に前年比で改善したことに注意してください。これは、今後の会計年度第1四半期と2023年度の後に、その後に行われることを意味します。

Turning to gross margin.

総マージンに目を向ける。

As we continue our mix shift to platform revenue, we continue to see corporate gross margins move up into the right.

プラットフォームの収益へのシフトを続けるにつれて、企業の総マージンが右に上がるのを引き続き見ています。

In addition, as noted in our press release, we reached an important milestone for the company as this was the first quarter in which the gross profit from our platform business exceeded the gross profit from our transaction business.

さらに、プレスリリースで述べたように、当社のプラットフォームビジネスからの総利益が取引ビジネスからの粗利益を超えた第1四半期であるため、当社にとって重要なマイルストーンに達しました。

Gross margin for the fourth quarter was 38.3%, a nearly 500 basis point improvement over the fourth quarter of 2021. It should also be noted that the increase is not only due to the ongoing revenue mix shift towards our higher margin platforms business, but also to improvement in our transaction margins.

第4四半期の総マージンは38.3%で、2021年の第4四半期にわたって500ベーシスポイントが約500ポイント改善されました。また、増加は、継続的な収益ミックスが当社のより高いマージンプラットフォームビジネスにシフトするだけでなく、トランザクションマージンの改善。

The platform business recorded gross margin of 87.3% in line with our target gross margin range of low-to-mid 80%.

プラットフォーム事業は、87.3%の総マージンを記録しました。

Gross margin in our transaction business increased to 140 basis points to 24.5%.

取引事業の総マージンは、140ベーシスポイントに24.5%に増加しました。

The increase was primarily due to lower copyright costs in the quarter and some of the pricing initiatives, which we have undertaken.

この増加は、主に四半期の著作権コストの削減と、私たちが実施した価格設定イニシアチブの一部によるものでした。

Total operating expenses in the quarter were $3.7 million compared to $2.8 million in the prior year quarter.

四半期の総営業費用は、前年の四半期の280万ドルと比較して370万ドルでした。

The year-over-year increase is partially related to higher technology and product development costs and includes approximately 275,000 in severance expenses related to the company's repositioning strategy for fiscal 2023. I will speak more about our outlook for our operating expense in the first quarter of 2023 and fiscal 2023 later in the call.

前年比の増加は、より高いテクノロジーおよび製品開発コストに部分的に関連しており、2023年度の会社の再配置戦略に関連する退職費用の約275,000を含んでいます。2023年と財政2023年の後半。

Net loss for the quarter was $438,000 or $0.02 per share compared to a loss of $89,000 or nil on a per share basis in the prior year quarter.

四半期の純損失は、前年度の89,000ドルまたはnilの損失またはNILの損失と比較して、1株当たり438,000ドルまたは0.02ドルでした。

Adjusted EBITDA for the quarter was a loss of $121,000 compared to a positive $134,000 result in the year-ago quarter.

四半期の調整されたEBITDAは、前年同期の134,000ドルのプラスの結果と比較して121,000ドルの損失でした。

This adjusted EBITDA is inclusive of the $275,000 in severance charges and without them, adjusted EBITDA would have been positive $154,000, which would have been our best result for the fiscal year.

この調整されたEBITDAには275,000ドルの退職費用が含まれており、調整されたEBITDAが154,000ドルになると、これは会計年度の最良の結果でした。

Now turning to the full fiscal year 2022. Total revenue increased 3.7% to $32.9 million compared to $31.8 million in fiscal 2021. Our growth rate did increase through the fiscal year as we were up 4.6% for the second half of fiscal 2022. Our platform subscription revenue for the full-year increased 32% year-over-year to $6.8 million.

現在、2022年度の全会計年度に目を向けています。総収益は2021年度の3,180万ドルに比べて3.7%増加して3290万ドルになりました。通年のサブスクリプション収益は、前年比で32%増加して680万ドルになりました。

ARR was $7.9 million compared to $5.9 million at the end of fiscal 2021 as we added over $2 million in ARR for fiscal year 2022. Total platform deployments as of June 30 were 733, a net increase of 180 deployments or 33% from a year-ago.

ARRは2021年度の終わりの590万ドルと比較して790万ドルでした。2022会計年度に200万ドル以上を追加しました。前に。

Transaction revenue for the fiscal year was $26.1 million, a 2% decrease from fiscal 2021. We have discussed a number of times that there is a downward bias on the transaction business as our software platform helps customers save unpaid transactions.

会計年度の取引収益は2,610万ドルで、2021年度から2%減少しました。ソフトウェアプラットフォームは、顧客が未払いの取引を節約するのに役立つため、取引ビジネスに下向きのバイアスがあることを何度も議論しました。

That said, this number did improve throughout the fiscal year and was down only 1% for the second half of the year.

とはいえ、この数は会計年度を通して改善され、今年の後半は1%しか減少していませんでした。

We continue to think that as we add new platform customers that this business will at some point return to growth.

私たちは、新しいプラットフォームの顧客を追加するにつれて、このビジネスがある時点で成長に戻ると考え続けています。

Moving to gross margin.

総マージンに移動します。

For the full fiscal 2022 gross margin was 36.5%, a 410 basis point increase from the previous year.

2022年度の完全な総利益率は36.5%で、前年から410ベーシスポイント増加しました。

Gross margin for the platform business was 86.2% compared to 82.2% in fiscal 2021. We continued to be able to grow the platform business without having to add a great deal of incremental cost.

プラットフォーム事業の総利益率は、2021年度の82.2%と比較して86.2%でした。私たちは、多くの増分コストを追加することなく、プラットフォームビジネスを成長させることができました。

Gross margin in our transaction business was 23.6% compared to 22.8% in fiscal 2021 as we experienced lower copyright cost and also commenced new pricing initiatives halfway through fiscal year 2022. It has been a goal of ours to increase this gross margin in the transaction business, if only slightly.

トランザクション事業の総利益率は、2021年度の22.8%と比較して23.6%でした。著作権コストの低下を経験し、2022年度の途中で新しい価格設定イニシアチブを開始しました。、わずかにしかありません。

Total operating expenses in fiscal 2022 were $13.6 million compared to $10.5 million in the prior fiscal year.

2022会計年度の総営業費用は、前会計年度の1050万ドルと比較して1360万ドルでした。

The increase was primarily due to greater technology and product development costs, as we added a new product development and software development headcount in the fiscal year, and also due to higher general and administrative expenses.

この増加は、主に、会計年度に新製品開発とソフトウェア開発の人員を追加し、一般および管理費の増加によるものであるため、主に技術と製品開発コストの向上が原因でした。

The G&A expenses did include some unique items, which include some excess legal and professional services costs and costs to upgrade our core systems such as our ERP and CRM systems.

G&Aコストには、ERPやCRMシステムなどのコアシステムをアップグレードするための過剰な法的および専門的なサービスコストとコストが含まれるユニークなアイテムが含まれていました。

In addition, severance charges for the full fiscal year totaled $450,000 with an additional $150,000 in accelerated stock compensation.

さらに、全会計年度の退職金は合計450,000ドルで、追加の150,000ドルの加速株式補償がありました。

Net loss for fiscal 2022 was $1.6 million or $0.06 per share compared to a loss of $207,000 or $0.01 per share in the prior year.

2022会計年度の純損失は、前年の207,000ドルまたは1株当たり0.01ドルの損失と比較して、1株当たり160万ドルまたは0.06ドルでした。

Adjusted EBITDA was negative $374,000 in fiscal 2022 compared to positive $700,000 in the previous fiscal year.

調整済みのEBITDAは、2022会計年度で374,000ドルで、前の会計年度の700,000ドルと比較してマイナスでした。

Turning to our balance sheet and cash.

バランスシートと現金に目を向けます。

Cash flow dipped in Q2 this fiscal year, but improved in Q3 and Q4.

キャッシュフローは今年第2四半期に浸されましたが、第3四半期と第4四半期には改善されました。

In Q4, our cash flow from operations was relatively breakeven, and we ended the quarter with $10.6 million in cash and cash equivalents.

第4四半期には、運用からのキャッシュフローが比較的損益分岐点であり、現金と現金に相当する1,060万ドルでこの四半期を終了しました。

We started the year with $11 million in cash, so the burn for the year was roughly $400,000 relatively in line with our adjusted EBITDA performance.

私たちは1,100万ドルの現金で年を始めたので、年間の火傷は、調整されたEBITDAのパフォーマンスに合わせて約400,000ドルでした。

There were no outstanding borrowings under our $2.5 million revolving line of credit and we have no long-term debt or liabilities.

私たちの250万ドルのリボルビングラインの信用の下では未払いの借入はなく、長期的な債務や負債はありません。

As we look ahead, we carry a great deal of momentum heading into our first quarter and full-year 2023. As noted in our press release, we intend to run the business adjusted EBITDA and cash flow positive for fiscal year 2023. From a revenue perspective, we continue to believe the platform can grow at the same rate it has, and that the transactions business will be – likely be flat.

先を見据えて、私たちは2023年第1四半期と通年に向けて多くの勢いを持ちます。プレスリリースで述べているように、2023年度にビジネス調整済みのEBITDAとキャッシュフローをプラスにします。視点では、プラットフォームが同じ速度で成長する可能性があり、トランザクション事業がフラットになる可能性が高いと考え続けています。

This will start to drive overall topline growth as well as continue to improve our gross margins.

これにより、全体的なトップラインの成長が促進され、総マージンが改善され続けます。

In addition, some of the cost changes that we have made should start to serve to flatten out our cost base as we continue to grow.

さらに、私たちが行ったコストの変更のいくつかは、成長を続けるにつれて、コストベースを平らにするのに役立つはずです。

As we look towards the first quarter of fiscal year 2023, we are seeing some early signs of growth in the transaction business in addition to our normal growth in the platform business.

2023年度の第1四半期に目を向けると、プラットフォームビジネスの通常の成長に加えて、取引ビジネスの成長の初期の兆候が見られます。

If this holds, we should be above 5% overall topline growth with a chance to achieve double-digit overall topline growth in the quarter.

これが成立した場合、四半期に2桁の全体的なトップラインの成長を達成するチャンスがあり、全体的なトップラインの成長を5%以上上回るはずです。

In addition, our operating expenses will be below the levels we experienced in Q3 and Q4 of last fiscal year 2022, resulting in positive adjusted EBITDA for the quarter and a shot at positive GAAP net income.

さらに、当社の営業費用は、2022年度の第3四半期と第4四半期に経験したレベルを下回り、その結果、四半期の肯定的な調整済みEBITDAが発生し、GAAPの純利益がプラスになります。

Lastly, we may see some ebbs and flows in our cost throughout the fiscal year and there maybe some additional costs we need to take on with respect to our operation in Mexico.

最後に、会計年度を通じて私たちのコストにいくつかの衰退と流れが見られるかもしれません。そして、メキシコでの事業に関して私たちが引き受ける必要があるいくつかの追加費用があるかもしれません。

However, as noted, the intent is to run adjusted EBITDA and cash flow positive for the year, seeing those numbers accelerate as we hit the second half of the year.

ただし、前述のように、目的は、年間の調整されたEBITDAとキャッシュフローをプラスに実行することです。

I will provide more details on our fiscal year 2023 outlook in our next call.

次の電話で2023会計年度の見通しの詳細を提供します。

I'll now turn the call back to Roy.

コールをロイに戻します。

Roy?

ロイ?

Thank you, Bill.

ありがとう、ビル。

About 18 months ago, I described the major priorities of the business as follows: First, we were going to focus on accelerating growth.

約18か月前、私はビジネスの主要な優先事項を次のように説明しました。まず、成長の加速に焦点を当てようとしていました。

Second, we were going to review the business with an eye toward ensuring it can support that growth.

第二に、私たちはその成長をサポートできるようにすることを目指して、ビジネスをレビューするつもりでした。

Third, we were going to update and roll out our vision, mission and values to our base of employees.

第三に、私たちはビジョン、ミッション、価値を従業員のベースに更新して展開するつもりでした。

And fourth, we were going to review and update the IR plan to expand the shareholder base and analyst coverage.

第4に、株主基地とアナリストのカバレッジを拡大するために、IR計画を確認して更新しようとしていました。

I'd like to take a few minutes and provide an update for each of those items.

数分かかり、それらの各アイテムのアップデートを提供したいと思います。

Regarding accelerating growth are previously communicated that we wanted to accelerate topline growth organically and via acquisitions.

加速に関する成長については、トップラインの成長を有機的に、そして買収を介して加速したいと考えています。

That organic growth was intended to be the result of enhancing our sales force and a revamped product strategy.

その有機的成長は、販売員と改良された製品戦略を強化した結果であることを意図していました。

As a result, we did expand our sales force, upgraded our prospecting process and CRM and other related systems and improved the process associated with our upsell and renewal teams.

その結果、営業部隊を拡大し、調査プロセスとCRMおよびその他の関連システムをアップグレードし、アップセルおよび更新チームに関連するプロセスを改善しました。

This resulted in 180 net new platform deployments in FY2022 and over $2 million in net ARR growth both records.

これにより、180のNet New Platform Deploymentsが2022年度に展開され、200万ドルを超える純ARR成長の両方のレコードが生まれました。

Our platform growth rate for the year was 32% slightly better than FY2021.

この年のプラットフォームの成長率は、2021年度より32%わずかに優れていました。

That said, it did remain 32% on a larger base versus declining for the previous four years.

とはいえ、過去4年間で減少するより大きな基地で32%のままでした。

On the product side, we delivered big time.

製品側では、大きな時間を出しました。

We pivoted to a good, better and best version of Article Galaxy.

私たちは、良い、より良い、最高のバージョンの記事Galaxyにピボットしました。

We created and released two versions of a reference manager application called References and References Pro and we will shortly release a pharmacovigilance product.

References and References Proと呼ばれるReference Managerアプリケーションの2つのバージョンを作成およびリリースし、Pharmacovilance製品をまもなくリリースします。

Most of these updates were released in Q4, one in Q1 of FY2023 and line us up well as we seek to continue record new deployments and renewal rates in FY2023.

これらの更新のほとんどは、20123年度の第1四半期に1四半期にリリースされ、2023年度に新しい展開と更新率を記録し続けようとするため、よく並んでいます。

Regarding acquisitions, the results have been disappointing.

買収に関して、結果は残念です。

In the first half of FY2022, valuations were a major contributor of not finding anything that met our strategic and financial objectives.

2022年度の前半では、評価は、戦略的および財政的目標を達成したものを見つけられないことの主要な貢献者でした。

And in hindsight, it is likely a good thing that we did not purchase anything during that time.

そして、後知恵では、その間に何も購入しなかったのは良いことです。

I will say that we've seen valuation expectations come down and we are now involved in more conversations that I have ever personally been involved in, in my career.

私たちは評価の期待が下がっているのを見てきたと思いますが、私たちは今、私がこれまでに個人的に関わったより多くの会話に関与しています。

We have found some exciting opportunities and I'm confident that we will have some news in this area soon.

私たちはいくつかのエキサイティングな機会を見つけました、そして、私はすぐにこの分野でいくつかのニュースがあると確信しています。

Regarding reviewing our business with an eye towards scalability, much work has been done.

スケーラビリティに目を向けてビジネスを検討することに関して、多くの作業が行われました。

We've onboarded an HR Head who is providing some needed organization and structure in addition to helping us monitor and improve our employee engagement.

私たちは、従業員の関与を監視および改善するのに加えて、必要な組織と構造を提供しているHRヘッドを搭載しています。

In the first half of the year, we upgraded our accounting system from a very old unsupported version to a current version that provides much more automation and more options for our customers.

年の前半には、アカウンティングシステムを非常に古いサポートされていないバージョンから、より多くの自動化と顧客により多くのオプションを提供する現在のバージョンにアップグレードしました。

We are currently completing a CRM consolidation project now that began in FY2022, which will include all of our customer data in one place and builds a foundation for automation, which we believe will help us be much more efficient and helpful to our customers, and we believe this will show up an upsells and renewal rates in the future.

現在、20122年度に始まったCRM統合プロジェクトを完了しています。これは、すべての顧客データを1つの場所に含め、自動化の基盤を構築します。これが将来的にはアップセルと更新率が表示されると信じています。

We did review and update our mission, vision and values and are now working on effectively communicating them in addition to measuring and improving employee engagement.

私たちは、ミッション、ビジョン、価値をレビューして更新し、従業員の関与の測定と改善に加えて、それらを効果的に伝えることに取り組んでいます。

While we can't always improve, we have very low voluntary turnover, which is a testament to our compensation benefits and culture.

常に改善することはできませんが、自発的な離職率は非常に低く、これは補償の利点と文化の証です。

In the corporate governance area, we also did several things.

コーポレートガバナンス分野では、いくつかのことも行いました。

We brought on a new Board Member, Barbara Cooperman, who has extensive marketing and directly relevant experience in our space with Elsevier and LexisNexis.

私たちは、ElsevierやLexisNexisとの私たちのスペースで豊富なマーケティングと直接的な経験を持っている新しい役員であるBarbara Coopermanを持ち込みました。

The other thing we did is changed the way executives are compensated.

私たちがしたもう1つのことは、幹部の補償方法を変更することです。

In the past, executives earn stock each quarter based on the company results.

過去には、幹部は会社の結果に基づいて四半期ごとに株式を獲得しています。

We have discontinued that plan and have replaced it with a long-term equity bonus plan.

私たちはその計画を中止し、それを長期的な株式ボーナス計画に置き換えました。

In this plan, we are providing executives one large grant that vests at specific share prices.

この計画では、幹部に特定の株価に付与される大きな助成金を提供しています。

The vesting schedule starts at $3 per share and goes up in $0.75 increments to a top level of $6.

権利確定スケジュールは1株あたり3ドルから始まり、0.75ドルの増分で上昇して最高レベルの6ドルになります。

I believe this aligns management interest with yours versus building a large position over time irrespective of increasing shareholder value.

これは、株主価値の増加に関係なく、時間の経過とともに大きなポジションを構築することに対して、経営陣の関心をあなたのものと一致させると信じています。

You can review last year's proxy and one of our recent 8-K filings for more details on the plan structure.

昨年のプロキシと最近の8-Kファイリングの1つを確認することで、計画構造の詳細については確認できます。

And additionally, we will provide additional details on our first quarter fiscal 2023 earnings call.

さらに、第1四半期の2023年度の収益コールに関する追加の詳細を提供します。

And finally, we discussed reviewing and updating our IR plan to drive more shareholder value.

そして最後に、より多くの株主価値を推進するために、IR計画のレビューと更新について議論しました。

In this area, we are much more active.

この分野では、私たちははるかに活発です。

We are much more active in the second half of the year compared to the first half of the year and are completing approximately one non-deal roadshow or conference per month.

私たちは、年の前半と比較して後半にはるかに積極的であり、月に約1つの非ディールロードショーまたは会議を完了しています。

We have and will continue to pursue additional coverage, including newsletter coverage focused on individual investors.

個々の投資家に焦点を当てたニュースレターの報道を含む、追加のカバレッジを追求し続けます。

We do currently have two analysts covering us ROTH and Maxim.

現在、私たちのロスとマキシムをカバーする2人のアナリストがいます。

I am disappointed in our current stock price, but do evaluate our stock in two ways.

私は現在の株価に失望していますが、2つの方法で株式を評価します。

First, as of a week ago, we were down 29% versus 22% down for the iShares Micro-Cap ETF, which I think is one good benchmark.

まず、1週間前の時点で、iShares Micro-Cap ETFの22%に対して29%減少していました。これは、1つの良いベンチマークだと思います。

For the record, I never like to underperform benchmarks that I think are important.

記録のために、私は重要だと思うベンチマークをパフォーマンスするのが好きではありません。

Second, I also look at the Software Equity Group SaaS Index that comprises 109 publicly traded SaaS software co
\

元記事

https://seekingalpha.com/article/4542607-research-solutions-inc-rsss-q4-2022-earnings-call-transcript

Newsカテゴリの最新記事