【海外ITニュース速報】FedEx Corporation(FDX)Q1 2023収益コールトランスクリプト

【海外ITニュース速報】FedEx Corporation(FDX)Q1 2023収益コールトランスクリプト

FedEx Corporation (FDX) Q1 2023 Earnings Call Transcript

FedEx Corporation(FDX)Q1 2023収益コールトランスクリプト

要約(英語):

FedEx Corporation's first quarter earnings conference call is scheduled to be held on September 22, 2023 at 5:00 PM ET. The SEC 8-K, filed earlier than planned due to a technical issue, is being streamed from our website where the replay will be available for about a year. Notably, the SEC 8-K was filed earlier than planned due to a technical issue. Notably, the SEC 8-K was filed earlier than planned due to a technical issue. The replay will be available for about 1 year.

要約(日本語):

フェデックスコーポレーションの第1四半期の収益電話会議は、2023年9月22日午後5時に開催される予定です。技術的な問題のために計画よりも早く提出されたSEC 8-Kは、リプレイが約1年間利用可能になるウェブサイトからストリーミングされています。特に、SEC 8-Kは、技術的な問題のために計画よりも早く提出されました。特に、SEC 8-Kは、技術的な問題のために計画よりも早く提出されました。リプレイは約1年間利用できます。

本文:

FedEx Corporation (NYSE:FDX) Q1 2023 Earnings Conference Call September 22, 2022 5:30 PM ET Company Participants Mickey Foster - Vice President, Investor Relations Raj Subramaniam - President and Chief Executive Officer Mike Lenz - Executive Vice President and Chief Financial Officer Brie Carere - Executive Vice President and Chief Customer Officer Conference Call Participants Tom Wadewitz - UBS Brian Ossenbeck - JPMorgan Brandon Oglenski - Barclays Jordan Alliger - Goldman Sachs Helane Becker - Cowen Chris Wetherbee - Citi Ken Hoexter - Bank of America Amit Mehrotra - Deutsche Bank Jack Atkins - Stephens Jon Chappell - Evercore ISI Ravi Shanker - Morgan Stanley Ari Rosa - Credit Suisse Bruce Chan - Stifel Bascome Majors - Susquehanna Todd Fowler - KeyBanc Capital Markets Jeff Kauffman - Vertical Research Partners David Vernon - Bernstein Jairam Nathan - Daiwa Operator Good day, everyone and welcome to the FedEx Corporation First Quarter Fiscal Year 2023 Earnings Conference Call.

FedEx Corporation(NYSE:FDX)Q1 2023収益電話会議2022年9月22日午後5時30分ET会社の参加者ミッキーフォスター - 副社長、投資家Raj Subramaniam-社長兼最高経営責任者マイクレンツ - エグゼクティブバイスプレジデント兼最高財務責任者ブリーCarere-エグゼクティブバイスプレジデント兼チーフカスタマーオフィサーの電話会議会議参加者トムウェイドウィッツ - UBSブライアンオッセンベック - JPモルガンブランドンオグレンスキー - バークレイズジョーダンアリガー - ゴールドマンサックスヘラーンベッカー - カウエンクリスウェザービー - スティーブンス・ジョン・チャッペル - エバーコア・イシ・ラビ・シャンカー - モーガン・スタンレー・アリ・ローザ - クレジット・スイス・ブルース・チャン - スティフェル・バスコム・メジャー - サスケハナ・トッド・ファウラー - キーバンク・キャピタルマーケットFedEx Corporationの第1四半期の2023年度の収益電話会議へようこそ。

Today’s call is being recorded.

今日の呼び出しが記録されています。

At this time, I will turn the call over to Mickey Foster, Vice President of Investor Relations for FedEx Corporation.

現時点では、FedEx Corporationの投資家関係担当副社長であるMickey Fosterに電話をかけます。

Please go ahead.

先に進んでください。

Mickey Foster Good afternoon and welcome to FedEx Corporation’s first quarter earnings conference call.

ミッキー・フォスター・こんにちは、フェデックス・コーポレーションの第1四半期の収益電話会議へようこそ。

Before we begin, we want to recognize our SEC 8-K was filed earlier than planned due to a technical issue.

開始する前に、技術的な問題のためにSEC 8-Kが計画よりも早く提出されたことを認識したいと考えています。

The first quarter earnings release, Form 10-Q and stat book are on our website at fedex.com.

第1四半期の収益リリース、フォーム10-Q、および統計帳は、FedEx.comのウェブサイトにあります。

This call is being streamed from our website where the replay will be available for about 1 year.

この呼び出しは、リプレイが約1年間利用できるWebサイトからストリーミングされています。

Joining us on the call today are members of the media.

今日の電話に参加するのはメディアのメンバーです。

During our question-and-answer session, callers will be limited to one question in order to allow us to accommodate all those who would like to participate.

質問と回答のセッション中に、発信者は、参加したいすべての人に対応できるようにするために、1つの質問に制限されます。

We want to remind all listeners that FedEx Corporation desires to take advantage of the Safe Harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act.

FedEx Corporationは、民間証券訴訟改革法のセーフハーバー条項を活用したいと考えていることをすべてのリスナーに思い出させたいと思います。

Certain statements in this conference call such as projections regarding future performance maybe considered forward-looking statements within the meaning of the Act.

この電話会議の特定の声明は、将来のパフォーマンスに関する予測など、行為の意味内で将来を見据えた記述と見なされる可能性があります。

Such forward-looking statements are subject to risks, uncertainties and other factors which could cause actual results to differ materially from those expressed or implied by such forward-looking statements.

このような将来の見通しに関する記述は、リスク、不確実性、およびそのような将来の見通しに関する記述によって表現または暗示されているものとは大きく異なる可能性のあるリスク、不確実性、その他の要因の対象となります。

For additional information on these factors, please refer to our press releases and filings with the SEC.

これらの要因に関する追加情報については、SECへのプレスリリースとファイリングを参照してください。

Please refer to the Investor Relations portion of our website at fedex.com for a reconciliation of the non-GAAP financial measures discussed on this call to the most directly comparable GAAP measures.

この呼びかけで議論された非GAAP財務対策の和解については、最も直接的なGAAP測定値への和解については、当社のウェブサイトの投資家関係部分を参照してください。

Joining us on the call today are Raj Subramaniam, President and CEO; Mike Lenz, Executive Vice President and CFO; and Brie Carere, Executive Vice President and Chief Customer Officer.

今日の電話に参加するのは、社長兼CEOのRaj Subramaniamです。マイク・レンツ、エグゼクティブバイスプレジデントおよびCFO。ブリー・カレール、エグゼクティブバイスプレジデント兼最高顧客責任者。

And now, Raj will share his views on the quarter.

そして今、Rajはこの四半期の意見を共有します。

Raj Subramaniam Thank you, Mickey and good afternoon everyone.

Raj Subramaniamに感謝します、ミッキーとみなさん、こんにちは。

I’d like to start today by acknowledging our pre-announced first quarter earnings results and updated outlook we provided last week.

先週提供された事前に発表された第1四半期の収益結果と更新された見通しを認めることから、今日は始めたいと思います。

Our network capacity did not align with the demand we experienced as the quarter progressed.

当社のネットワーク容量は、四半期が進むにつれて経験した需要と一致しませんでした。

But as communicated last week, we have taken swift actions to address what’s within our control.

しかし、先週通信したように、私たちは私たちの管理下にあるものに対処するために迅速な行動を取りました。

Getting cost out rapidly is my priority and today, I will outline why I am confident in our ability to drive improved performance and profitability through aggressive cost actions.

コストを迅速に引き出すことが私の優先事項であり、今日、積極的なコストアクションを通じてパフォーマンスと収益性の向上を促進する能力に自信を持っている理由を概説します。

Before providing more details around these actions, let me briefly discuss what happened since we last spoke to you in June.

これらのアクションに関する詳細を提供する前に、6月に最後に話してから何が起こったのかを簡単に話し合いましょう。

We saw a decline in our volumes during the first quarter, which accelerated in the final weeks.

第1四半期にボリュームが減少し、最後の数週間で加速しました。

Our softening volumes in Asia and the U.S.

アジアと米国の柔らかいボリューム

were predominantly due to the economy while the shortfall in Europe was both economic and service-related.

ヨーロッパの不足は経済的およびサービス関連の両方であった一方で、主に経済によるものでした。

Therefore, we had costs in the system for volumes that didn’t materialize.

したがって、具体化されていないボリュームのコストがシステムにコストがかかりました。

While we immediately took action, savings from these cost efforts lagged the volume decline due to the scale of our operations.

私たちはすぐに行動を起こしましたが、これらのコスト努力からの節約により、当社の事業の規模によりボリュームの減少が遅れました。

As a result, while revenue was up 6% year-over-year, these dynamics translated to volumes being down year-over-year at all our transportation segments.

その結果、収益は前年比で6%増加しましたが、これらのダイナミクスは、すべての輸送セグメントで前年比で減少するボリュームに変換されました。

The volume decline directly impacted our bottom line driving total company adjusted operating income down roughly 18% year-over-year.

ボリュームの減少は、当社の合計会社の調整された営業利益を前年比で約18%減少させる最終的な最終利益に直接影響を与えました。

Now what matters most is what we are doing about it, and this brings me to our aggressive and decisive plan to reduce costs.

今では最も重要なのは、私たちがそれについてやっていることであり、これはコストを削減するための積極的で決定的な計画に私をもたらします。

I’ll speak to you – I will speak to our actions in 2 parts: first, our fiscal year ‘23 steps to immediately reduce costs; and second, our Deliver Today, Innovate for Tomorrow transformation strategy to permanently reduce cost and optimize our network.

私はあなたに話します - 私は2つの部分で私たちの行動について話します。最初に、私たちの会計年度23段階ですぐにコストを削減します。第二に、今日の配信、イノベートフォートゥモロー変換戦略は、コストを永久に削減し、ネットワークを最適化します。

Starting with fiscal year ‘23, we are prioritizing cost actions to generate $2.2 billion to $2.7 billion of savings, of which about $1 billion will be permanent.

23会計年度から始めて、22億ドルから27億ドルの貯蓄を生み出すためにコストアクションに優先順位を付けています。そのうち約10億ドルは永続的です。

Taking each key contributor in turn, at FedEx Express, we expect to drive $1.5 billion to $1.7 billion in savings this fiscal year.

各主要な貢献者を順番に採用して、FedEx Expressでは、この会計年度の節約で15億ドルから17億ドルを節約する予定です。

The largest single expected contributor in fiscal ‘23 will be the changes we are making to our express air network as we cut global flight hours.

23会計年度の最大のシングル予想貢献者は、世界の飛行時間を削減する際に、Express Air Networkに行っている変更です。

This reduction includes 11% of pan-Pacific daily frequencies, 9% of transatlantic daily frequencies and 17% of daily frequencies on the lane between Asia and Europe.

この削減には、汎太平洋の1日周波数の11%、大西洋横断頻度の9%、アジアとヨーロッパの間の車線の1日の頻度の17%が含まれます。

As volumes deteriorated later in the quarter, we began making these structural changes to our network.

四半期の後半にボリュームが悪化すると、ネットワークにこれらの構造的な変更を加え始めました。

The impact of these initial changes will be fully realized in October, and the benefit of our continued actions will steadily increase throughout the fiscal year.

これらの最初の変更の影響は10月に完全に実現され、継続的な行動の利点は会計年度を通して着実に増加します。

We are also evaluating additional reductions to be implemented post peak.

また、ピーク後に実装される追加の削減を評価しています。

Further, we’re taking steps to enhance our ground efficiency, including reducing routes, hours, vehicle rentals and other on-road expenses.

さらに、ルート、時間、車両のレンタル、その他の路上費用の削減など、地上効率を高めるための措置を講じています。

For example, in Europe, we are altering ground network routes to improve productivity, leading to a reduction of approximately 11% of routes in the UK and 12% in Germany.

たとえば、ヨーロッパでは、生産性を向上させるために地上ネットワークルートを変更しており、英国のルートの約11%、ドイツで12%の削減につながります。

Now turning to FedEx Ground, we expect savings in Ground to be $350 million to $500 million in fiscal ‘23.

現在、フェデックスグラウンドに目を向けると、23会計年度の貯蓄は3億5,000万ドルから5億ドルになると予想しています。

Our approach to cutting costs in Ground primarily centers around rationalizing our operations.

地上でのコストを削減するという当社のアプローチは、主に当社の事業の合理化に集中しています。

We are consolidating sorts, which will reduce costs while maintaining service and have canceled several planned ground network capacity projects.

私たちは、サービスを維持しながらコストを削減し、いくつかの計画された地上ネットワーク容量プロジェクトをキャンセルした種類を統合しています。

And as mentioned last week, we’re also reducing select Sunday operations in over 170 stations.

また、先週述べたように、170を超えるステーションでのSelect Sunday Operationsも削減しています。

Mike will provide more details on our capital plans shortly.

マイクは、私たちの資本計画の詳細をまもなく提供します。

The final components of our expected fiscal ‘23 savings will be from overhead expenses as we right-size our overall cost structure.

予想される会計年度の節約の最終的なコンポーネントは、全体的なコスト構造を右サイズにするため、オーバーヘッド費用によるものです。

These actions include our plans to close nearly 140 FedEx office locations and at least 5 corporate office facilities.

これらの行動には、140近くのFedExオフィスの場所と少なくとも5つの企業施設を閉鎖する計画が含まれます。

Additionally, FedEx Services has stopped all non-critical projects.

さらに、FedEx Servicesはすべての非批判的なプロジェクトを停止しました。

In total, our overhead reduction actions, including FedEx services, will contribute $350 million to $500 million.

合計で、FedEx Servicesを含む当社のオーバーヘッド削減アクションは、3億5,000万ドルから5億ドルを寄付します。

We realized nearly $300 million in cost savings from these actions in Q1 and expect approximately another $700 million in Q2 with the remainder of the fiscal ‘23 savings realized during the second half of the year.

第1四半期のこれらのアクションからのコスト削減で3億ドル近くのコスト削減を実現し、第2四半期に約7億ドルの貯蓄が年間後半に実現したことを期待しています。

The second part of our cost plan is focused on permanent reductions, and we have launched DRIVE, a program supporting our Deliver Today, Innovate for Tomorrow strategy introduced in June.

私たちのコスト計画の第2部は永久削減に焦点を当てており、6月に導入されたTOMORLOINE戦略のイノベートをサポートするプログラムであるDriveを開始しました。

DRIVE is how we execute on that strategy.

ドライブは、その戦略を実行する方法です。

Our team has already started implementing cost reductions under this program and this will ultimately enable Network 2.0, the long-term end-to-end trend optimization of our network.

私たちのチームはすでにこのプログラムの下でコスト削減の実装を開始しており、これにより、最終的にはネットワークの長期的なエンドツーエンドのトレンド最適化であるネットワーク2.0が可能になります。

Sriram Krishnasamy, our newly appointed Chief Transformation Officer, will facilitate DRIVE and continue reporting directly to me.

新たに任命された最高変革責任者であるSriram Krishnasamyは、ドライブを促進し、直接報告し続けます。

In total, we expect to take out an additional $4 billion in costs related to DRIVE by fiscal year 2025. To be clear, these are incremental to the fiscal ‘23 savings I just outlined.

合計で、2025年度までにドライブに関連する追加の40億ドルのコストを取り出すことを期待しています。

These transformational changes will lay the foundation for Network 2.0, which will create an additional $2 billion benefit over the long term.

これらの変革的な変更は、ネットワーク2.0の基礎を築き、長期的にさらに20億ドルの利益をもたらします。

In closing, we are focused on actions we can control as we stabilize our near-term performance and execute against our long-term strategy.

最後に、私たちは短期的なパフォーマンスを安定させ、長期戦略に反対する際に制御できる行動に焦点を合わせています。

I’d like to sincerely thank our highly motivated team for their hard work and dedication to deliver upon the Purple Promise.

私たちの非常にやる気のあるチームが、パープルの約束を果たすための彼らの努力と献身に心から感謝したいと思います。

Now let me turn it over to our Chief Customer Officer, Brie Carere, to discuss market trends that underpin our outlook and our commercial strategy in some more detail.

それでは、私たちの展望と商業戦略をさらに詳しく説明する市場動向について議論するために、私たちの最高顧客責任者であるBrie Carereにそれを引き渡しましょう。

Brie Carere Thank you, and good afternoon, everyone.

ブリー・カレールありがとう、そしてこんにちは、みなさん。

As Raj discussed, during the first quarter, manufacturing, global trade and consumer spending decelerated, particularly late in the quarter and certainly more than we anticipated.

Rajが議論したように、第1四半期に、製造、世界貿易、消費者支出は、特に四半期の後半であり、確かに予想以上に増加しました。

As a result, our first quarter volumes were lower than we forecasted.

その結果、最初の四半期のボリュームは予測よりも低かった。

Our current expectations for 2022 U.S.

2022年の米国に対する私たちの現在の期待

GDP growth and U.S.

GDP成長と米国

industrial production forecasts have declined by about 100 basis points since June.

産業生産予測は、6月以来約100ベーシスポイント減少しています。

Data shows that U.S.

データは、米国が

consumer spending has slowed as inflation remains a challenge.

インフレが依然として課題のままであるため、消費者支出は遅くなりました。

Further, consumption is skewed towards services, demonstrated by the fact that in June, excluding auto, the real retail inventory to sales ratio fully recovered to its pre-pandemic level.

さらに、消費はサービスに向かって歪められており、6月には自動車を除外して、実際の小売在庫に対する販売比率が完全にパンデミックレベルに完全に回復したという事実によって実証されています。

From October to June, the real inventory to sales ratio, excluding automotive, increased 14 basis points, which was the fastest gain over an 8-month period in the 25-year history of the series.

10月から6月にかけて、自動車を除く実際の在庫と販売率は、14ベーシスポイントを増やしました。

Also, real retail sales, including auto, after growing 4.6% and 10.8% in calendar year ‘21 and ‘22 respectively are now down 3.1% year-over-year through July and are pacing to have the worst decline since The Great Recession.

また、暦年と'22のそれぞれ4.6%と10.8%を成長させた後、自動車を含む実際の小売販売は、7月まで前年比で3.1%減少し、大不況以来最悪の減少を続けています。

Turning to our transportation businesses, I’d like to spend a moment on the dynamics occurring within FedEx Express and most specifically in Asia and Europe.

私たちの輸送ビジネスに目を向けると、FedEx Express、そして最も具体的にはアジアとヨーロッパで発生するダイナミクスに少し時間を費やしたいと思います。

Starting with Asia, our results were impacted by macroeconomic weakness.

アジアから始めて、私たちの結果はマクロ経済的弱点の影響を受けました。

Our lower demand is consistent with the broader market, with ocean and air freight rates under pressure in recent weeks.

私たちの需要の低下は、より広範な市場と一致しており、ここ数週間では海洋と航空貨物率が圧力を受けています。

A good indicator of how quickly the market changed in Asia is to review the spot rates coming out of Hong Kong and Shanghai.

アジアの市場がどれほど速く変化したかを示す良い指標は、香港と上海から出てくるスポット料金をレビューすることです。

In June and July, spot rates were between 20% and 40% higher year-over-year, respectively.

6月と7月には、スポット率はそれぞれ前年比で20%から40%高かった。

In early August, these rates fell to single digits, and by the end of the month, Shanghai had plummeted to a 10% decline year-over-year, while Hong Kong rates were flat.

8月上旬、これらの料金は1桁に低下し、月末までに上海は前年比で10%減少しましたが、香港の料金は横ばいでした。

Through June, which is the latest data available, we have had small market share gains in our Asia region.

利用可能な最新のデータである6月まで、アジア地域で市場シェアが小さいことがわずかです。

In Europe, the economy was weaker than we anticipated and service further pressured our results.

ヨーロッパでは、経済は私たちが予想していたよりも弱く、サービスは私たちの結果にさらに圧力をかけました。

Our network integration was successfully completed in March, but it is an incredibly complicated effort to combine two individual networks of this scale.

ネットワーク統合は3月に正常に完了しましたが、このスケールの2つの個別のネットワークを組み合わせることは非常に複雑な努力です。

Throughout the quarter, we continued to refine our standard operating procedures to improve service levels and create momentum across our European division.

四半期を通して、私たちは標準的な操作手順を改善し、サービスレベルを改善し、欧州部門全体に勢いを増しました。

Moving now to FedEx Ground, revenue growth was driven by higher yields from higher fuel surcharges, base rate increases and improved volume mix.

現在、フェデックスグラウンドに移動すると、収益の伸びは、より高い燃料追加料金、基本レートの上昇、ボリュームミックスの改善によるより高い収量によって推進されました。

Despite volumes being lower than anticipated, we have held market share in the United States.

ボリュームは予想よりも低いにもかかわらず、米国で市場シェアを保持しています。

FedEx Ground has strong service levels, best-in-market transit times and an exciting new picture proof of delivery capability.

FedEx Groundには、強力なサービスレベル、市場最高の交通時間、およびエキサイティングな新しい絵画能力があります。

We are ready to deliver for peak.

ピークに向けて配信する準備ができています。

We will remain nimble in leveraging peak surcharges to balance demand and the capacity of our network as we monitor volume trends.

ボリュームの傾向を監視する際に、需要とネットワークの能力のバランスをとるために、ピークの追加チャージを活用することに威勢の良いものになります。

And at FedEx Freight, momentum continues to build.

そして、FedEx Freightでは、勢いが増し続けています。

The Freight team delivered another strong quarter marked by 21% revenue growth.

貨物チームは、21%の収益成長率で特徴の別の強力な四半期を提供しました。

The team continues to drive disciplined execution, focused on revenue quality and profitable share growth.

チームは、収益の質と収益性の高い株式の成長に焦点を当てた規律ある実行を引き続き推進しています。

For the company overall, we continue to execute our revenue quality strategy and pursue business that provides attractive yields.

会社全体では、収益品質戦略を実行し続け、魅力的な利回りを提供するビジネスを追求しています。

We continue to deliver new pricing capabilities, and we’ve taken recent actions to stay well positioned relative to the market as we approach peak.

私たちは引き続き新しい価格設定機能を提供しており、ピークに近づくにつれて、市場に比べて適切に位置付けられるように最近の行動を取りました。

We have maintained a brisk pace for repricing contracts for the renewals and continue to negotiate strong increases.

私たちは、更新のために契約を再リケートするための活発なペースを維持し、強力な増加を交渉し続けています。

We just announced a 6.9% general rate increase this coming January in our response to inflationary pressures on our costs.

私たちは、今年の1月に、コストに対するインフレ圧力に対する対応で、今年の1月に6.9%の一般レートの引き上げを発表しました。

We also announced our new remote area surcharge and peak residential pricing in the United States.

また、米国での新しい遠隔地の追加料金とピーク住宅価格設定を発表しました。

In Europe and Asia, we will launch a new handling surcharge as well as January.

ヨーロッパとアジアでは、1月と同様に新しいハンドリング追加料金を開始します。

In August, we implemented international fuel surcharge table adjustments for Asia, Europe, the Middle East and Africa.

8月に、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカの国際燃料サーチャージテーブル調整を実施しました。

Fuel surcharges are an important pricing tool.

燃料追加料金は重要な価格設定ツールです。

We rigorously monitor fuel prices to ensure that we are appropriately positioned relative to the market.

燃料価格を厳密に監視して、市場に比べて適切に位置付けられるようにします。

We’re moving with speed and agility to reposition our business model for today’s operating environment.

私たちは、今日の営業環境のためにビジネスモデルを再配置するために、スピードと敏ility性で動いています。

As you heard from Raj, we had a great – we have a great opportunity to align costs with volume levels.

Rajから聞いたように、私たちには素晴らしいことがありました。コストをボリュームレベルに合わせる絶好の機会があります。

We are committed to doing this while executing against our commercial strategy and delivering for our customers.

私たちは、商業戦略に反対し、お客様のために提供しながらこれを行うことに取り組んでいます。

Importantly, we’re still focused on the longer-term opportunity growing in high-value segments, driving improved service quality and, of course, delivering an outstanding customer experience.

重要なことに、私たちはまだ価値の高いセグメントで成長する長期的な機会に焦点を当てており、サービス品質の向上を促進し、もちろん、優れた顧客体験を提供しています。

I am really pleased with how our teams have responded in this dynamic environment, and we are well positioned to deliver during the upcoming peak season.

私たちのチームがこのダイナミックな環境でどのように対応したかに本当に満足しており、私たちは今後のピークシーズン中に配信するのに十分な立場にあります。

Service is strong and we have a fantastic value proposition.

サービスは強力であり、私たちは素晴らしい価値提案を持っています。

With that, I’ll turn it over to our Chief Financial Officer, Mike Lenz.

それで、私はそれを私たちの最高財務責任者のマイク・レンツに引き渡します。

Mike Lenz Thank you, Brie.

マイク・レンツありがとう、ブリー。

While revenue was up 6% for the quarter, profitability was challenged with operating income down 18% on an adjusted basis, and adjusted operating margin down 150 basis points year-over-year.

四半期の収益は6%増加しましたが、収益性は調整済みベースで18%減少し、前年比150ベーシスポイント減少した営業利益率を調整しました。

At Express, adjusted operating income declined 72% due to lower average daily package and freight volume and increased expenses as cost reductions lagged volume declines.

Expressでは、調整後の営業利益は、1日の平均パッケージと貨物量の減少とコスト削減が遅く減少するにつれて費用の増加により72%減少しました。

These factors were partially offset by yield management actions, including higher fuel surcharges.

これらの要因は、より高い燃料追加チャージを含む収量管理アクションによって部分的に相殺されました。

Package yield, including fuel, grew 16% year-over-year.

燃料を含むパッケージ収量は、前年比16%増加しました。

Turning to Ground, operating income increased 3%, primarily due to yield improvement and home delivery volume growth.

地上に目を向けると、主に収量の改善と宅配量の増加により、営業利益は3%増加しました。

Yield including fuel grew 12% year-over-year.

燃料を含む利回りは、前年比12%増加しました。

These factors were partially offset by higher operating expenses, driven by increased purchase transportation and other operating expenses.

これらの要因は、購入輸送の増加やその他の営業費用によって推進される、より高い営業費用によって部分的に相殺されました。

Freight delivered another strong quarter with operating income increasing over 67% as the Freight team continues to execute.

貨物は、貨物チームが引き続き実行され続けるにつれて、営業利益が67%を超えて増加し、別の強力な四半期をもたらしました。

This was driven by yield management actions, including higher fuel surcharges.

これは、より高い燃料追加チャージを含む収量管理アクションによって駆動されました。

Yield, including the surcharges, grew 27%.

追加料金を含む利回りは27%増加しました。

This was partially offset by higher salaries and employee benefits as well as lower shipment volumes.

これは、より高い給与と従業員の福利厚生、および貨物量の減少によって部分的に相殺されました。

To address the changed environment, we’re focused on what’s within our control and moving with urgency to take costs out of the network.

変更された環境に対処するために、私たちは私たちのコントロール内にあるものに焦点を当て、ネットワークからコストを取り除くために緊急に動いています。

Our team is operating at speed to identify cost-saving opportunities and accelerate for implementation.

私たちのチームは、コスト削減の機会を特定し、実装を加速するために速度で営業しています。

The $2.2 billion to $2.7 billion fiscal ‘23 savings we’re targeting are relative to our initial plans heading into the year.

私たちがターゲットにしている22億ドルから27億ドルの節約額は、年間に向かっている最初の計画に関連しています。

The majority of this year’s savings will come from Express where the demand change has been most pronounced.

今年の貯蓄の大部分は、需要の変化が最も顕著になった表現から来ます。

We expect about $1 billion of our fiscal ‘23 savings to be permanent in nature, with slight reduction as the largest component along with corporate and back office costs.

私たちは、約10億ドルの23節の貯蓄が本質的に永続的であると予想しており、企業およびバックオフィスのコストとともに最大のコンポーネントとしてわずかに削減されています。

These permanent cost reductions were not part of the Deliver Today, Innovate for Tomorrow strategy we shared in June, which is about how we structurally optimize our networks.

これらの恒久的なコスト削減は、今日の配信の一部ではなく、6月に共有した明日戦略のための革新の一部であり、これは私たちがネットワークを構造的に最適化する方法に関するものです。

These reductions are directly related to flexing in a changed environment with a view to build back differently in the future.

これらの削減は、将来的には異なる方法で戻ってくるために、変化した環境での屈曲に直接関係しています。

As Raj mentioned, we remain committed to the profit improvement objectives we shared at our June investors meeting.

Rajが述べたように、私たちは6月の投資家会議で共有した利益改善目標に引き続きコミットしています。

We have launched efforts to accelerate initiatives, identify incremental opportunities and implement metrics to track progress under the DRIVE program.

イニシアチブを加速し、漸進的な機会を特定し、ドライブプログラムで進捗状況を追跡するメトリックを実装する努力を開始しました。

So next, I’ll give more details on the targeted $4 billion savings by fiscal ‘25 enabled by DRIVE.

次に、Driveが有効にしたFiscal '25による40億ドルの節約の詳細については、詳細を説明します。

About $1.4 billion of the total will come from the FedEx Express operating expenses.

合計の約14億ドルは、FedEx Expressの運営費用から得られます。

Four largest areas of opportunity we are actively advancing are: first, restructuring the air network by reducing routes and more efficiently deploying crews, aircraft and commercial line haul; next, optimization of sort, surface line haul and on-road design to improve efficiency, asset utilization and service; next, driving efficiencies of Europe, as we have discussed previously; and lastly, harmonizing global clearance processes to lower cost.

私たちが積極的に前進している4つの最大の機会分野は次のとおりです。まず、ルートを減らし、乗組員、航空機、商業用ラインの運搬をより効率的に展開することにより、航空ネットワークを再構築します。次に、効率、資産利用、サービスを改善するための、ある種、表面ラインの運搬、およびオンロード設計の最適化。次に、前述のように、ヨーロッパの効率を促進します。そして最後に、グローバルクリアランスプロセスをより低コストに調和させます。

About $1.1 billion of the total will come from FedEx Ground operating expenses via dock productivity initiatives, network and line haul efficiencies and reduced liability costs.

ドックの生産性イニシアチブ、ネットワークおよびライン運搬の効率、責任コストの削減により、合計の約11億ドルがFedExの地上営業費用から得られます。

And approximately $1.5 billion will come from shared and allocated overhead expenses led by procurement savings, back-office automation and infrastructure modernization, increased deployment of digital self-service and further consolidation of shared service functions.

また、調達の節約、バックオフィスの自動化、インフラストラクチャの近代化、デジタルセルフサービスの展開の増加、共有サービス機能のさらなる統合により、共有および割り当てられたオーバーヘッド費用から約15億ドルが得られます。

Moving to our capital spending plans, we have reduced our forecast for capital spend for fiscal 2023 to $6.3 billion compared to our prior $6.8 billion forecast.

当社の資本支出計画に移行して、当社の以前の68億ドルの予測と比較して、2023会計年度の資本支出の予測を63億ドルに削減しました。

We are intensely focused on allocating capital to the most attractive ROIC initiatives.

私たちは、最も魅力的なROICイニシアチブに資本を割り当てることに集中しています。

Our liquidity remains a source of strength as we ended the quarter with $6.9 billion in cash.

私たちの流動性は、69億ドルの現金で四半期を終了したため、強さの源です。

And based on our cash flows and liquidity, we remain committed to our capital return strategy, including our plan to repurchase $1.5 billion of stock in fiscal 2023. We expect to purchase $1 billion in the second quarter.

また、キャッシュフローと流動性に基づいて、2023年度に15億ドルの株式を買い戻す計画など、資本収益戦略に引き続きコミットしています。第2四半期に10億ドルを購入する予定です。

Our capital return strategy reflects our confidence in our business despite the headwinds we’re currently navigating.

私たちのキャピタルリターン戦略は、私たちが現在ナビゲートしている逆風にもかかわらず、私たちのビジネスに対する私たちの自信を反映しています。

We have significant flexibility to maintain our balanced capital allocation and preserve a resilient balance sheet.

バランスの取れた資本配分を維持し、回復力のあるバランスシートを保存するための柔軟性が非常に高くなります。

Now turning to second quarter guidance, while we continue to drive aggressive cost reduction actions, we expect business conditions to remain challenging in the second quarter.

現在、第2四半期のガイダンスに目を向けていますが、積極的なコスト削減アクションを推進し続けていますが、第2四半期にはビジネス条件が困難なままであると予想しています。

As a result and consistent with the update we provided last week, currently expecting revenue of between $23.5 billion to $24 billion in the fiscal second quarter, and adjusted earnings per share, excluding costs related to business optimization and realignment initiatives of $2.75 or greater in the second quarter.

その結果、先週提供された更新と一致しており、現在、第2四半期に235億ドルから240億ドルの収益が予想されており、1株当たり利益を
\

元記事

https://seekingalpha.com/article/4542609-fedex-corporation-fdx-q1-2023-earnings-call-transcript

Newsカテゴリの最新記事