【海外ITニュース速報】AIで勝利を収めるためにデジタルチャンピオンが必要な理由

【海外ITニュース速報】AIで勝利を収めるためにデジタルチャンピオンが必要な理由

Why you need a digital champion to score AI wins

AIで勝利を収めるためにデジタルチャンピオンが必要な理由

要約(英語):

Creating a safe environment will help category managers feel confident about using AI-driven data insights from their systems and providing feedback, said Ralf Peters, Vice President of procurement at Coca-Cola. "I need to be a champion for the digital journey," Peters added. The summit will take place on October 4 in San Francisco. "Every insight created by a category manager matters," added Abdullah.

要約(日本語):

Coca-Colaの調達担当副社長であるRalf Peters氏によると、安全な環境を作成することで、カテゴリマネージャーはAI駆動型のデータ洞察を使用し、フィードバックを提供することに自信を持つことができます。「私はデジタルジャーニーのチャンピオンになる必要があります」とピーターズは付け加えました。サミットは10月4日にサンフランシスコで開催されます。「カテゴリマネージャーによって作成されたすべての洞察が重要です」とアブドラは付け加えました。

本文:

Making artificial intelligence (AI) work with humans requires having an internal data champion to help overcome fears and create a safe environment.

人工知能(AI)を作るには、人間と連携するには、恐怖を克服し、安全な環境を作り出すために内部データチャンピオンを持つ必要があります。

That was the advice offered at Digital Procurement World in Amsterdam today in a session focused on combining humans and AI to help procurement become a top value driver in modern business.

これは、今日のアムステルダムのデジタル調達の世界で、人間とAIを組み合わせて現代のビジネスでトップバリュードライバーになるのを支援するセッションで提供されたアドバイスでした。

The biggest pain points for panelists?

パネリストにとって最大の問題ポイントは?

Working through overwhelming amounts of data and dealing with employee concerns that AI will take their jobs.

圧倒的な量のデータを介して作業し、AIが仕事を引き受けるという従業員の懸念に対処します。

“I need to be a champion for the digital journey,’’ said Ralf Peters, vice president of procurement, Europacific partners, at Coca-Cola.

「私はデジタルジャーニーのチャンピオンになる必要があります」と、コカコーラのヨーロッパパートナーである調達担当副社長のラルフピーターズは言いました。

“Once you have that established, everything else will fall into place, because then you can figure out how many resources to have dedicated.” Having a digital champion allows you to build an AI strategy, Peters added.

「それを確立したら、他のすべてが所定の位置に落ちます。なぜなら、あなたは専用のリソースの数を把握できるからです。」デジタルチャンピオンを持つことで、AI戦略を構築できるとピーターズは付け加えました。

It’s also important for leadership to show how people and AI can align.

また、リーダーシップが人々とAIがどのように調整できるかを示すことも重要です。

Then they can help employees overcome the fear of new technologies that will change the way they work, the panelists said.

その後、従業員は、従業員が自分の働き方を変える新しいテクノロジーの恐怖を克服するのを助けることができるとパネリストは言いました。

In a procurement context, the trick to dealing effectively with data is creating an environment that allows every procurement category manager and team to move from, “I need to use that to I want to use that” and see the benefits of that approach, Peters said.  MetaBeat 2022 MetaBeat will bring together thought leaders to give guidance on how metaverse technology will transform the way all industries communicate and do business on October 4 in San Francisco, CA.

調達の文脈では、データを効果的に処理するためのトリックは、すべての調達カテゴリマネージャーとチームが「それを使用する必要がある」から移動できるようにする環境を作成し、そのアプローチの利点を確認することです。言った。Metabeat 2022 Metabeatは、10月4日にカリフォルニア州サンフランシスコで、すべての産業がコミュニケーションとビジネスを行う方法をメタバーステクノロジーがどのように変化させるかについてのガイダンスを提供するために、Sound Leadersを集めます。

Creating a safe, consistent environment will help category managers feel confident about using AI-driven data insights from their systems and providing feedback.

安全で一貫した環境を作成することは、カテゴリマネージャーがシステムからAI駆動型のデータ洞察を使用し、フィードバックを提供することに自信を持つのに役立ちます。

“Every insight created by a category manager matters,’’ Peters said.

「カテゴリマネージャーによって作成されたすべての洞察が重要です」とピーターズは言いました。

“There’s a value for me and I can choose over time to use it and trust the tool because it helps me fulfill an overarching task.” A safe environment means you don’t have to present feedback as the answer to a problem but, rather, as a potential solution, added moderator Omer Abdullah, cofounder of The Smart Cube, and author of “Risk & Your Supply Chain: Preparing For The Next Global Crisis.” This gives people the opportunity to “play with tools and present something, and when a situation happens, you’re much more confident in how to solve it,’’ Abdullah said.   Jurriaan Lombaers, senior vice president and chief procurement officer of Air France-KLM said that leaders must make changing their organization and growing their employees’ skills a priority.  By default, Lombaers said, every buyer needs to be data-driven and focused on sustainability, since that is a key change occurring.

「私には価値があり、それを使用してツールを信頼するために時間の経過とともに選択することができます。安全な環境とは、問題への答えとしてフィードバックを提示する必要はないことを意味しますが、潜在的な解決策として、スマートキューブの共同設立者であるモデレーターのオメルアブドラと「リスクとサプライチェーン:準備:準備次の世界的な危機。」これにより、人々は「ツールで遊んで何かを提示する機会を与えます。状況が起こったとき、あなたはそれを解決する方法にずっと自信を持っています」とアブドラは言いました。エールフランスKLMの上級副社長兼最高調達責任者であるJurriaan Lombaersは、リーダーが組織を変え、従業員のスキルを優先しなければならないと述べました。デフォルトでは、すべてのバイヤーはデータ駆動型であり、持続可能性に焦点を当てる必要があるとロンバーズは言いました。

This takes time, but he advised the audience to “find the people who love it” and “nurture them,’’ because part of having a safe environment is focusing on the champions and then the vast majority will follow.

これには時間がかかりますが、彼は聴衆に「それを愛している人々を見つける」と「彼らを育てる」ようにアドバイスしました。

Organizations also need to have data scientists, analysts and people who understand digital procurement build new services into the organization — something Air France-KLM is currently doing “as we speak,’’ Lombaers said.

また、組織には、デジタル調達を理解しているデータサイエンティスト、アナリスト、および組織に新しいサービスを構築する人々がいる必要があります。エアフランス-KLMが現在「私たちが話しているとき」と言っています。

Transforming people to be more data- and analytically driven also needs to be top of mind.  A safe environment plays a key role here, too, but there’s also the challenge of transitioning from creating reports to creating reports with insights, said panelist Paula Martinez, chief procurement officer at Novartis.

より多くのデータになり、分析的に駆動されるように人々を変えて、心の最高である必要があります。Novartisの最高調達責任者であるパネリストのPaula Martinez氏によると、安全な環境もここで重要な役割を果たしていますが、レポートの作成から洞察を伴うレポートの作成に移行するという課題もあります。

This requires figuring out the right questions to ask the data and knowing the business insights you want to achieve.

これには、データを尋ねるのに適切な質問を把握し、達成したいビジネスの洞察を知る必要があります。

She advised the audience to interact with stakeholders and find out what they want to solve.  “Data can be cleaned.

彼女は聴衆に利害関係者と交流し、彼らが何を解決したいかを調べるように助言しました。「データをクリーニングできます。

It’s coming up with questions that is the biggest struggle for organizations,’’ Martinez said.

組織にとって最大の闘争である質問が考えられています」とマルティネスは言いました。

When analytic capabilities are built, the procurement organization should “continue using that new muscle,’’ she said, adding that this is a learning curve everyone has to go through.

分析機能が構築されると、調達組織は「その新しい筋肉を使用し続ける」必要があります」と彼女は言い、これは誰もが経験しなければならない学習曲線であると付け加えました。

It’s good to do a lot of experimentation around what is working and what isn’t, she noted.

彼女が指摘したのは、何が機能していて何が機能していないかについて多くの実験をするのは良いことです。

Abdullah called this an “interesting foundational point,’’ saying that it‘s one thing to understand the potential of what technology can unleash, “but it’s a little scary because it exposes how people need to change their thinking and be more strategic and less tactical.” Internal stakeholders need to know how to translate that, he said.

アブドラはこれを「興味深い基礎的なポイント」と呼び、テクノロジーが解き放つことができる可能性を理解することは一つのことだと言っています。戦術的。」内部の利害関係者は、それを翻訳する方法を知る必要があると彼は言った。

In response to a question about how organizations should inventory people’s skill sets to determine who is ready for transformation, Lombaers said, “you learn by doing.

ロンバーズは、組織が人々のスキルセットをどのように在庫して誰が変革の準備ができているかを決定する方法についての質問に応えて、「あなたはやることによって学ぶ。

Get on with it and allow for failures.” Peters recalled years ago being part of the team responsible for implementing handheld devices for drivers.

それに取り組み、失敗を許してください。」ピーターズは、数年前にドライバー向けのハンドヘルドデバイスの実装を担当するチームの一員であることを思い出しました。

“I had to put technology into the hands of guys who carry pallets of beverages from forklifts to trucks,” he said.

「フォークリフトからトラックまでの飲み物のパレットを運ぶ人の手にテクノロジーを置かなければなりませんでした」と彼は言いました。

But the process proved quite simple.

しかし、プロセスは非常に単純であることが証明されました。

Peters asked the drivers if they are able to use a mobile phone in their private life.

ピーターズは、私生活で携帯電話を使用できるかどうかドライバーに尋ねました。

Demystifying it took the bias out, he said.  Becoming attuned to the digital world doesn’t require anyone to learn to code, Martinez stressed.

それがバイアスを取り除いたことを想定していると彼は言った。デジタルの世界に調和することは、誰もコードを学ぶ必要はありません、とマルティネスは強調しました。

What is required is developing a digital mindset and understanding and owning your data, she said.

必要なのは、デジタルの考え方を開発し、データを理解し、所有することです、と彼女は言いました。

That means partnering with a data analytics team to clean it and make it work for you by thinking of value cases and questions.  “Data is an asset, that’s the fuel you have to thrive in your job,’’ Martinez said.

つまり、データ分析チームと提携して、それをきれいにし、価値のあるケースと質問を考えることであなたのために機能させることを意味します。「データは資産です。それはあなたがあなたの仕事で繁栄しなければならない燃料です」とマルティネスは言いました。

“Understand the basics and own it and understand … what is the data subset being used” as well as the timeframe.

「基本を理解し、それを所有し、理解します...使用されているデータサブセットは何ですか」と時間枠。

“All those things are enabling you to have a digital mindset, which will enable you to change your attitude and behaviors.” She added that people must be open to change.

「これらすべてのことにより、デジタルの考え方を持つことができます。これにより、態度や行動を変えることができます。」彼女は、人々は変化するためにオープンでなければならないと付け加えました。

“Every industry, every function, every role is affected by digital.

「あらゆる業界、すべての機能、すべての役割はデジタルの影響を受けます。

If you don’t have a basic understanding around what is an algorithm and new solutions and the intelligence embedded there … then you won’t be able to thrive.” VentureBeat's mission is to be a digital town square for technical decision-makers to gain knowledge about transformative enterprise technology and transact.

アルゴリズムと新しいソリューションとそこに埋め込まれたインテリジェンスについての基本的な理解がない場合は、繁栄することはできません。」VentureBeatの使命は、技術的な意思決定者が変革的なエンタープライズテクノロジーと取引に関する知識を得るためのデジタルタウンスクエアになることです。

元記事

https://venturebeat.com/ai/why-you-need-a-digital-champion-to-score-ai-wins/

Newsカテゴリの最新記事