【海外ITニュース速報】320ピッチデックから発見したベストプラクティスとは?

【海外ITニュース速報】320ピッチデックから発見したベストプラクティスとは?

Looking at 320 pitch decks, here's what science tells us works best

320ピッチデックを見ると、科学が私たちに最もよく機能すると言うことは次のとおりです

要約(英語):

investors are spending 24% less time looking at pitch decks in 2022, compared to 2021. On average, you have just under three minutes to convince investors to take a meeting with you. For decks that fail to raise funding, investors give up in just 2 minutes and 13 seconds. "It isn't easy to do, mind you, but it is what founders should be striving for," said Justin Izzo, research lead at DocSend. "Founders have to really think deeply about their business, but

要約(日本語):

投資家は、2021年と比較して2022年にピッチデックを見ることに24%少ない時間を費やしています。平均して、投資家にあなたとの会議を受けるよう説得するために3分弱です。資金調達に失敗したデックの場合、投資家はわずか2分13秒であきらめます。「気にするのは簡単ではありませんが、創業者が努力すべきことです」と、Docsendの研究リーダーであるJustin Izzo氏は述べています。「創業者は自分のビジネスについて本当に深く考える必要がありますが、

本文:

cameraImage Credits: DocSend (opens in a new window) Investors are spending 24% less time looking at pitch decks in 2022, compared to 2021. On average, you have just under three minutes to convince them to take a meeting with you.

カメラメージクレジット:docsend(新しいウィンドウで開く)投資家は、2021年と比較して2022年にピッチデックを見ることに24%少ない時間を費やしています。平均して、あなたは彼らとあなたとの会議を受けるよう説得するために3分弱です。

In fact, for decks that fail to raise funding, investors give up in just 2 minutes and 13 seconds.

実際、資金調達に失敗したデックの場合、投資家はわずか2分13秒であきらめます。

That’s not a lot of time to make a first impression, so you’ve got to make it count.

それは第一印象を与えるのにそれほど時間はないので、あなたはそれをカウントする必要があります。

It’s pretty rare that I get to talk to someone who is as big of a pitch deck nerd as I am, but when I was finally able to nerd out with the research lead at DocSend, how could I not?

ピッチデックオタクの大きさの人と話をすることは非常にまれですが、Docsendでの研究リードでついにオタクにできたとき、どうすればよいですか?

We go deep into what the data tells us about what makes a pitch deck successful, and indicators for what works less well.

私たちは、データがピッチデックを成功させるものと、それほどうまく機能するものの指標について私たちに教えてくれることを深く入ります。

The biggest trend change in how investors are looking at pitch decks is that investors are spending a lot less time on slides overall, but where that time is spent is shifting.

投資家がピッチデックを見ている方法の最大の傾向の変化は、投資家が全体的にスライドに費やす時間をはるかに短くしていることですが、その時間が費やされている場所は変化しています。

“This year, we know that investors are spending less and less time on pitch decks.

「今年、投資家はピッチデックに費やす時間がますます少なくなっていることを知っています。

That’s not necessarily surprising: The number of links to pitch decks sent out has gone up, and the time spent on decks is staying very low,” explains Justin Izzo, research lead for DocSend.

それは必ずしも驚くことではありません。送信されるピッチデックへのリンクの数が増え、デックに費やされた時間は非常に低いままです」とDocsendの研究リーダーであるJustin Izzo氏は説明します。

“What’s surprising to me is that we know that the product and business model sections of decks are really where investors liked to lean in, especially for companies at the early stages.

「私にとって驚くべきことは、特に初期段階の企業にとって、デックの製品とビジネスモデルのセクションが実際に投資家が傾いていた場所であることを知っていることです。

But investors have almost halved their time spent on these sections at the pre-seed level.

しかし、投資家は、これらのセクションに費やされた時間をかかわらず、シード前のレベルでほぼ半分になりました。

Investors are still giving scrutiny to these sections, but they’re doing it so much more quickly than ever before.

投資家はまだこれらのセクションに精査を行っていますが、彼らはかつてないほど早くそれを行っています。

So founders have to really think deeply about their business, but communicate briefly.” One of the biggest shifts is that investors spend a lot more time on what DocSend describes as the purpose of a startup slide — the “why are you doing this” part of the story.

そのため、創業者は自分のビジネスについて本当に深く考えなければなりませんが、簡単にコミュニケーションをとる必要があります。」最大の変化の1つは、投資家がDocsendがスタートアップスライドの目的として説明するものにもっと多くの時間を費やしていることです。

“Founders have to really think deeply about their business, but communicate briefly,” laughs Izzo, “I like to call it ‘compelling brevity.’ It isn’t easy to do, mind you, but it is what founders should be striving for.” The timeline to fundraising varies.

「創業者は自分のビジネスについて本当に深く考えなければなりませんが、簡単に伝えなければなりません」とイゾは笑います。。」資金調達のタイムラインはさまざまです。

This year, 25% of startups raised in less than six weeks; 58% raised in less than 12 weeks; 70% raised in less than 18 weeks; 90% raised in less than 24 weeks.

今年、スタートアップの25%が6週間以内に育ちました。58%が12週間未満で調達されました。70%が18週間以内に育ちました。90%が24週間以内に調達されました。

Last year, the pace was a little bit slower.

昨年、ペースは少し遅かった。

Graph Credit: DocSend.

グラフクレジット:docsend。

The third-longest-viewed section is the Company Purpose section (after the product and business model sections), but Izzo points out that this section is usually only a very small part of the slide deck, often just a line or two of text on slides one or two of the deck.

3番目に長い視聴されたセクションは、会社の目的セクション(製品およびビジネスモデルのセクションの後)ですが、Izzoは通常、このセクションはスライドデックの非常に小さな部分であり、多くの場合、1行または2行のテキストであることを指摘しています。デックの1つまたは2つをスライドさせます。

“Usually it’s one sentence, a pointed and well-balanced statement of what the company is.

「通常、それは1つの文であり、会社が何であるかについての尖ったバランスの取れた声明です。

We usually see that at the very front of the deck, often on the intro slide.

私たちは通常、デックの正面、多くの場合、イントロスライドでそれを見ることができます。

What was shocking to me when I first started looking at our latest dataset, was that over the past couple of years, it’s been kind of middling in terms of viewing times,” says Izzo.

私が最初に最新のデータセットを見始めたとき、私にとって衝撃的だったのは、過去数年にわたって、視聴時の面で一種の中間であったことでした」とIzzo氏は言います。

“This year, it really shot up, and investors tend to be using this section as a kind of gatekeeper.

「今年、それは本当に跳ね上がり、投資家はこのセクションを一種のゲートキーパーとして使用する傾向があります。

They want to know at a glance whether this company has a reason to exist before even going through the rest of the deck.” That makes a lot of sense; a business purpose statement is often formulated as “Venmo for Fundraising” or “Transform customer experiences with human-centered AI” or “Issue-tracking SaaS for Physical Product Developers.” Incidentally, those are all real examples from our Pitch Deck Teardown series.

彼らは、この会社が残りのデックを通過する前に存在する理由があるかどうかを一目で知りたいと思っています。」それは非常に理にかなっています。ビジネス目的の声明は、多くの場合、「資金調達のためのVenmo」または「人間中心のAIとの顧客エクスペリエンスを変革する」または「物理的な製品開発者向けの問題追跡Saas」として策定されます。ちなみに、これらはすべて、私たちのピッチデックの涙シリーズの本当の例です。

The great thing is that investors can use those statements to see if the investment might potentially be a good fit with their investment thesis.

素晴らしいことは、投資家がこれらの声明を使用して、投資が投資論文に適している可能性があるかどうかを確認できることです。

If you don’t invest in SaaS, or if you don’t care about fintech, or if you couldn’t give a crap about customer support — that becomes a very quick filter to give a startup team a “no,” without needing to go deep on product, team or market size.

SaaSに投資していない場合、またはFinTechを気にしない場合、またはカスタマーサポートについてがらくたを与えることができない場合は、スタートアップチームに「いいえ」を与えるための非常に迅速なフィルターになります。製品、チーム、または市場の規模に深く入ります。

Your investor has an investment thesis.

投資家には投資論文があります。

Here’s why you should care “It’s whether founders can communicate a vision and specificity but what their company does, in in a compelling way.

「創業者がビジョンと特異性を伝えることができるかどうか、しかし彼らの会社が魅力的な方法で伝えることができるかどうかを気にする必要があります。

Because if you can do that, you know, you’re hooking investors, you’re showing that there is this thesis fit, and then that gets investors ready, you know, primed to read the rest of their story,” says Izzo.

あなたがそれをすることができれば、あなたが知っている、あなたは投資家をつないでいるので、あなたはこの論文が適切であることを示しているので、それは投資家を準備するようにします、あなたは知っています、彼らの物語の残りの部分を読む準備ができています」とIzzoは言います。

“And you know, doing this in a sentence, sentence and a half or something like that, is tricky to do.

「そして、あなたが知っている、これを文、文、半分などで行うことは、やるのが難しいことです。

But we’re seeing it becomes so much more important for early-stage founders.” The DocSend team analyzed 320 decks and looked at which slides were present in each.

しかし、初期段階の創設者にとっては、それがはるかに重要になることがわかります。」Docsendチームは320のデックを分析し、それぞれにどのスライドが存在するかを調べました。

The only slide that was available in 100% of decks, both successful and unsuccessful, was Team, but from there, things start varying a bit.

デックの100%で利用可能なスライドは、成功と失敗の両方でチームでしたが、そこから、物事は少し異なります。

Successful Decks.

デックが成功しました。

Graph Credit: DocSend.

グラフクレジット:docsend。

The most interesting difference between successful and unsuccessful decks is the slides that are missing; I was surprised that only about a quarter of startup decks had financials (trust me on this one, you really need an operating plan), but I was unsurprised that none of the failed decks had financials.

成功したデックと失敗したデックの最も興味深い違いは、欠落しているスライドです。私は、スタートアップデックの約4分の1だけが財務を持っていたことに驚いたのですが(これについて私を信じて、あなたは本当に営業計画が必要です)、私は失敗したデックに財務がなかったことに驚かされませんでした。

Slides in unsuccessful decks.

失敗したデックでスライドします。

Graph Credit: DocSend.

グラフクレジット:docsend。

The other big difference is competition slides; all decks should have an overview covering the competitive landscape.

もう1つの大きな違いは、競争スライドです。すべてのデックには、競争力のある風景をカバーする概要が必要です。

“The first thing that’s missing is often a competition slide.

「最初に欠けているのは、多くの場合、競争のスライドです。

Founders often don’t think to include it, or when they do, they are using it as a not-so-subtle indicator that there is no competition,” laughs Izzo.

創業者はしばしばそれを含めるとは考えていません、または彼らがそうするとき、彼らはそれをそれをそれほど微妙ではない指標として使用しています」とイゾは笑います。

元記事

Looking at 320 pitch decks, here’s what science tells us works best

Newsカテゴリの最新記事