【海外ITニュース速報】EV充電オペレーターのバンプは1億8,000万ドルのロックを解除します

【海外ITニュース速報】EV充電オペレーターのバンプは1億8,000万ドルのロックを解除します

EV charging operator Bump unlocks $180 million

EV充電オペレーターのバンプは1億8,000万ドルのロックを解除します

要約(英語):

French startup Bump has signed a multi-year financing partnership with DIF Capital Partners in order to roll out more charging stations for electric vehicles. It is an equity and quasi-equity $180 million deal that will be progressively unlocked from 2022 to 2030. Bump has already created 300 charging stations and plans to ship another 2,000 charging stations by the end of 2023. Like solar panels, it can take 5, 10 or 15 years before a charging station becomes profitable.

要約(日本語):

フランスのスタートアップバンプは、電気自動車用のより多くの充電ステーションを展開するために、DIFキャピタルパートナーと複数年の資金調達パートナーシップに署名しました。これは、2022年から2030年まで徐々にロック解除されるエクイティと準エクイティ1億8,000万ドルの取引です。バンプはすでに300の充電ステーションを作成しており、2023年末までにさらに2,000の充電ステーションを出荷する計画を立てています。、充電ステーションが利益を上げる10年または15年前。

本文:

French startup Bump has signed a multi-year financing partnership with DIF Capital Partners in order to roll out more charging stations for electric vehicles and double down on growth in general.It is an equity and quasi-equity $180 million deal that will be progressively unlocked from 2022 to 2030. Yesterday, ZePlug also announced a significant investment — but ZePlug focuses on a different market with partnerships with residential and office buildings.Today’s news is extremely important because Bump operates with a capital intensive business model.

フランスのスタートアップバンプは、電気自動車用のより多くの充電ステーションを展開し、一般的な成長を2倍にするために、DIFキャピタルパートナーと複数年の資金調達パートナーシップに署名しました。昨日、Zeplugは多額の投資も発表しましたが、Zeplugは住宅やオフィスの建物とのパートナーシップを持つ異なる市場に焦点を当てています。Todayのニュースは非常に重要です。

The company has already created 300 charging stations and plans to ship another 2,000 charging stations by the end of 2023.Bump funds and manages the installation of new charging stations so that there is no upfront cost for their partners.

同社はすでに300の充電ステーションを作成しており、2023年の終わりまでにさらに2,000の充電ステーションを出荷する計画を立てています。

After that, the company handles maintenance and operation.

その後、会社はメンテナンスと運用を処理します。

It then takes a cut on kWh, which progressively covers the investment costs and creates some revenue for the company.Like solar panels, it can take 5, 10 or 15 years before a charging station becomes profitable.

その後、KWHの削減が必要です。これは、投資コストを徐々にカバーし、会社の収益を生み出します。ソーラーパネルのように、充電ステーションが利益を上げるまでに5、10、15年かかることがあります。

It’s an infrastructure company, meaning that it’s a long-term business.Bump has two types of clients.

これはインフラストラクチャ企業です。つまり、長期的なビジネスであることを意味します。Bumpには2種類のクライアントがいます。

It partners with retailers, malls, hotels and various companies that own parking space to roll out charging stations for anyone looking for a charging station.It also works with logistics companies and other B2B clients that need to switch to electric vehicles.

ITは、小売業者、モール、ホテル、駐車スペースを所有して充電ステーションを探している人のために充電ステーションを展開するさまざまな企業と提携しています。これは、電気自動車に切り替える必要がある物流会社やその他のB2Bクライアントとも連携しています。

They get their own charging spots for their vehicles managed by Bump.

彼らは、バンプで管理された車両の独自の充電スポットを取得します。

Clients include StarService, TopChrono, Stuart, Europcar, Zity, Bolt and Marcel.“I often compare our offering with Salesforce in the 2000s,” co-founder and CEO François Oudot told me.

クライアントには、Starservice、Topchrono、Stuart、Europcar、Zity、Bolt、Marcelが含まれます。

“You can either buy a server and a floppy disk, or you can pay a monthly subscription per user.”And it’s true that switching to electric vehicles can be costly.

「サーバーとフロッピーディスクを購入するか、ユーザーごとに毎月のサブスクリプションを支払うことができます。」電気自動車への切り替えにコストがかかる可能性があることは事実です。

You have to buy new cars and trucks — electric vehicles tend to be more expensive than gas vehicles.

新しい車やトラックを購入する必要があります。電気自動車はガス車よりも高価になる傾向があります。

You then have to pay a construction company to install charging stations.Vehicles aren’t supposed to be a core investment for logistics companies.

その後、充電ステーションを設置するために建設会社に支払う必要があります。Vehiclesは、物流会社のコア投資ではないはずです。

Many companies choose to lease cars, and they would rather pay a bit more to charge their vehicles if they don’t have to do anything to manage their charging stations.Bump itself works with big construction companies to install charging stations.

多くの企業は車をリースすることを選択します。充電ステーションを管理するために何もする必要がない場合は、車両を充電するためにもう少し支払います。

They have their own software stack and a team that can remotely monitor charging stations.

独自のソフトウェアスタックと、充電ステーションをリモートで監視できるチームがあります。

If it’s a hardware issue, third-party companies can also be contacted 24/7 in case they need to go there in person to fix something.With today’s new funding, Bump plans to roll out 25,000 charging stations by 2030. The startup will also hire a hundred people.Image Credits: Bump

それがハードウェアの問題である場合、サードパーティの企業は、何かを修正するために直接行く必要がある場合に24時間年中無休で連絡することもできます。今日の新しい資金で、2030年までに25,000の充電ステーションを展開する計画もあります。100人を雇う。イメージクレジット:バンプ

\

元記事

EV charging operator Bump unlocks $180 million

Newsカテゴリの最新記事