【海外ITニュース速報】Codacyは、自動化によるコードレビューを改善するために1500万ドル

【海外ITニュース速報】Codacyは、自動化によるコードレビューを改善するために1500万ドル

Codacy nabs $15M to improve code reviews with automation

Codacyは、自動化によるコードレビューを改善するために1500万ドル

要約(英語):

Codacy, which provides info on code quality, security, compliance and performance, has raised $28 million to date. Codacy spotted more than 20 million vulnerabilities in the last 12 months and reduced the time developers spend on quality reviews by up to 60%, Jaime Jorge said. "Over the last 12 months, the platform spotted more than 20 million vulnerabilities and, Jorge added, decreased the time developers spend on quality reviews by up to 60%," he added. Codacy is aiming to change code reviews for the better, Jorge added.

要約(日本語):

コードの品質、セキュリティ、コンプライアンス、パフォーマンスに関する情報を提供するCodacyは、これまでに2,800万ドルを調達しています。Codacyは、過去12か月で2000万件以上の脆弱性を発見し、開発者が品質レビューに最大60%の時間を費やしたと、Jaime Jorge氏は言いました。「過去12か月間、プラットフォームは2,000万件以上の脆弱性を発見し、ホルヘは開発者が最大60%高品質のレビューに費やす時間を短縮しました」と彼は付け加えました。Codacyは、より良い人のためにコードレビューを変更することを目指している、とホルヘは付け加えた。

本文:

Code review is a key step during the software development process — it’s when people check a program by viewing and reading parts of the source code.

コードレビューは、ソフトウェア開発プロセス中の重要なステップです。これは、ソースコードの一部を表示および読み取ることでプログラムをチェックするときです。

But despite its importance, not all developers are pleased with the way traditional code reviews work.

しかし、その重要性にもかかわらず、すべての開発者が従来のコードレビューの仕組みに満足しているわけではありません。

For example, a Microsoft study found that the outcomes of code reviews often don’t match the motivations, whether because of unrealistic expectations or insufficient developer resources.Aiming to change code reviews for the better, Jaime Jorge co-founded Codacy, which provides info on code quality, security, compliance and performance.

たとえば、Microsoftの調査では、コードレビューの結果は、非現実的な期待または開発者リソースが不十分であるために動機と一致しないことが多いことがわかりました。コードの品質、セキュリティ、コンプライアンス、パフォーマンスについて。

Fresh off the launch of a new product designed to measure engineering performance metrics, Lisbon-based Codacy has closed a $15 million Series B funding round led by Bright Pixel Capital, the corporate VC of one of Portugal’s biggest employers, the Sonae Group.To date, Codacy has raised $28 million.“In order to stay competitive in a world where every company is software led, companies need to balance quality with speed of delivery,” Jorge told TechCrunch in an email interview.

エンジニアリングパフォーマンスメトリックを測定するために設計された新製品の発売から新たに発売されたリスボンベースのCodacyは、ポルトガルの最大の雇用主の1人であるSonae Group.to Dateの企業VCであるBright Pixel Capitalが率いる1500万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを閉鎖しました。、Codacyは2800万ドルを調達しました。「すべての企業がソフトウェア主導である世界で競争力を維持するために、企業は品質と配信速度のバランスを取る必要があります」とJorgeは電子メールインタビューでTechCrunchに語りました。

“The industry adoption of remote work has sent companies into disarray, creating tension between engineers who earn for flexibility and freedom and managers who are accountable for results.

「リモートワークの業界採用により、企業は混乱を招き、柔軟性と自由のために稼ぐエンジニアと結果に責任を負うマネージャーとの間に緊張を生み出しました。

Many companies have wrongly taken to monitoring as solutions, which long term deteriorate culture and hinder them from hiring and keeping the best talent possible.”Jorge did a master’s thesis focused on identifying duplicate code, which piqued his interest in the business of code review.

多くの企業は、長期的な文化を悪化させ、可能な限り最高の才能を維持することを妨げるソリューションとして誤って監視に取り組んでいます。

He teamed up with Codacy’s other co-founder, João Caxaria, to launch the startup in 2012.Image Credits: CodacySince Codacy’s founding ten years ago, the code review market has grown substantially, with companies like SonarSource and DeepCode — whose platforms scan codebases for bugs — raising hundreds of millions of dollars in venture capital.

彼は、Codacyの他の共同設立者であるJoãoCaxariaと協力して2012年にスタートアップを立ち上げました。コードシーの10年前にCodacysise Codacysiond 10年前、コードレビュー市場はSonarsourceやDeepcodeなどの企業と大幅に成長しました。バグ - ベンチャーキャピタルで数億ドルを調達しています。

Incumbents like Amazon have thrown their hats in the ring, too (see: CodeGuru).But Jorge argues that the scale of Codacy’s platform is indicative of its success.

Amazonのような現職者はリングに帽子を投げました(CodeGuruを参照)。しかし、ホルヘは、Codacyのプラットフォームの規模がその成功を示していると主張します。

Over the last 12 months, the platform spotted more than 20 million vulnerabilities and, Jorge claims, decreased the time developers spend on quality reviews by up to 60%.We’ll have to take his word for it — stats like those are tough to independently confirm.

過去12か月間、プラットフォームは2,000万件以上の脆弱性を発見し、ホルヘは、開発者が品質レビューに最大60%費やす時間を短縮しました。独立して確認してください。

But what is verifiable is that Codacy sees a strong business opportunity beyond code reviews in the area of engineering performance monitoring.

しかし、検証可能なのは、Codacyがエンジニアリングパフォーマンス監視の分野でのコードレビューを超えて強力なビジネスチャンスを見ていることです。

That’s the focus of Pulse, the company’s second product, which aims to measure things like software deployment frequency, lead time for changes to code and other aspects of software development that correlate with “business impact.”“Pulse gathers metrics that enable teams to understand performance without compromising a healthy culture,” Jorge said.

これが、ソフトウェアの展開頻度、コードの変更のリードタイム、および「ビジネスインパクト」と相関するソフトウェア開発の他の側面のリードタイム、「Pulseがチームが理解できるようにするメトリックを収集することを目的とする同社の2番目の製品であるPulseの焦点です。健康な文化を損なうことなくパフォーマンス」とホルヘは言いました。

“We’ve seen firsthand in our customers the struggles of maintaining a healthy performance culture over remote work.

「私たちは、お客様に、リモートワークよりも健康的なパフォーマンス文化を維持するという闘争を直接見てきました。

Pulse aims to help in this process.”Surely not every developer will be on board with the idea of close watch over their work.

パルスは、このプロセスを支援することを目指しています。

On the other hand, it might not matter if managers see a benefit to quantifying, or at least attempting to quantify, individual contributions to projects.Jorge said that Codacy “routinely” deletes customer data, including performance metrics, that are “no longer required to maintain the normal functioning operation of [the company’s] product[s].”“We’ve found over time that … leadership tends to care for metrics that are closer to larger business outcomes.

一方、マネージャーがプロジェクトへの個々の貢献を定量化するか、少なくとも定量化しようとすることに利点を見ているかどうかは関係ないかもしれません。ジョージは、コードシーは「もはや必要ないパフォーマンスメトリックを含む顧客データを「定期的に」削除すると述べました。[会社の]製品の通常の機能運用を維持するため。」

In other words, leadership cares for the forest and not the trees.

言い換えれば、リーダーシップは木ではなく森を気にします。

This is why we designed Pulse: to provide a meaningful, cohesive set of metrics that leadership cares about,” Jorge said, asserting that Pulse isn’t invasive by nature.

これが私たちがパルスを設計した理由です。リーダーシップが気にする意味のあるまとまりのあるメトリックを提供するためです」とホルヘは言い、パルスは本質的に侵襲的ではないと主張しました。

“This way, they follow what their colleagues in other departments are already doing by measuring performance while not compromising their engineering culture.”Codacy appears to be doing something right, with a customer base of around 870 brands, including Panasonic and Delivery Hero, and a user base exceeding 300,000 developers.

「このように、彼らは他の部門の同僚が、エンジニアリング文化を損なうことなくパフォーマンスを測定することですでに行っていることに従っています。」Codacyは、パナソニックと配信のヒーローを含む約870のブランドの顧客ベース、および約870のブランドの顧客ベース、そして正しいことをしているように見えます。300,000人の開発者を超えるユーザーベース。

Jorge says that the funding will be put mostly toward product R&D, including adding new capabilities to Codacy’s existing services, bringing new services to market and hiring senior talent across the company’s engineering, support, and success teams as well as sales and marketing.

ホルヘは、Codacyの既存のサービスに新しい機能を追加し、新しいサービスを市場に提供し、会社のエンジニアリング、サポート、成功チーム、および販売とマーケティング全体で上級人材を雇うなど、資金が主に製品R&Dに向けられると言います。

(Codacy’s headcount stands at 100 staffers today.)“The broader slowdown in tech is proving to be beneficial to us as companies are hoping to automate processes while keeping quality solid and understand their engineering performance.

(Codacyの人員は、今日100人のスタッフに立っています。)「高品質を堅実に保ち、エンジニアリングのパフォーマンスを理解しながらプロセスを自動化することを望んでいるため、技術のより広範な減速は私たちにとって有益であることが証明されています。

Despite the frequency of layoffs in the industry, we’ve seen many of our customers actually expand in usage of our product suite,” Jorge continued.

業界のレイオフの頻度にもかかわらず、多くのお客様が実際に製品スイートの使用を拡大しているのを見てきました」とホルヘは続けました。

“We’re really bullish on the timeless, dependent nature of software development.

「私たちは、ソフトウェア開発の時代を超越した依存している性質について本当に強気です。

It does not depend on cycles and its momentum is built on the back of a worldwide digital transformation.

サイクルに依存せず、その勢いは世界的なデジタル変換の背面に構築されています。

Now is the time to be greedy on the fact that every company wants to be software-led.”

今こそ、すべての企業がソフトウェア主導になりたいという事実に貪欲になる時です。」

\

元記事

Codacy nabs $15M to improve code reviews with automation

Newsカテゴリの最新記事