【海外ITニュース速報】暗号税報告アプリBinocsは、ユーザーが規制をナビゲートするのに役立ちます

【海外ITニュース速報】暗号税報告アプリBinocsは、ユーザーが規制をナビゲートするのに役立ちます

Crypto tax reporting app Binocs helps users navigate regulations

暗号税報告アプリBinocsは、ユーザーが規制をナビゲートするのに役立ちます

要約(英語):

Binocs, a cryptocurrency exchange that integrates exchanges and wallets, provides tax information and accounting details. The startup is currently tax compliant in the U.S., U.K., Australia, South Africa and India. With a blended tax of about 20%, the overall tax liability is about $70 billion. Binocs is expected to expand to 300 million users by the end of this year.

要約(日本語):

交換と財布を統合する暗号通貨交換であるBinocsは、税務情報と会計の詳細を提供します。現在、このスタートアップは、米国、英国、オーストラリア、南アフリカ、インドで税制に準拠しています。約20%の混合税で、全体の納税義務は約700億ドルです。Binocsは、今年末までに3億人のユーザーに拡大すると予想されています。

本文:

Keeping up with tax compliance for cryptocurrency can be tricky, especially since many laws are new (or haven’t been written yet).

特に多くの法律が新しい(またはまだ書かれていない)ため、暗号通貨の税務コンプライアンスに遅れをとるのは難しい場合があります。

That’s why Binocs was founded.

それがビノクスが設立された理由です。

Users integrate their exchanges and wallets, and Binocs provides a tax report and other accounting details.

ユーザーは交換と財布を統合し、Binocsは税務報告書とその他の会計の詳細を提供します。

The startup announced today that it has raised $4 million to expand in markets like the United States, United Kingdom and Australia.

スタートアップは本日、米国、英国、オーストラリアなどの市場を拡大するために400万ドルを調達したと発表しました。

The round was led by BEENEXT and Arkam with participation from Accel, Saison Capital, Premji Invest, Blume and Better Capital.Founded in May 2022 by Tonmoy Shingal and Pankaj Garg and based in Bangalore, Binocs currently has over 1,000 users, including retail and institutional investors who need to perform forensic accounting and risk management.

ラウンドはBeNextとArkamが主導し、Accel、Saison Capital、Premji Invest、Blume、Better Capitalからの参加を行いました。2022年5月にTonmoy ShingalとPankaj Gargによって設立され、Binocsは現在、小売や施設を含む1,000人以上のユーザーがいます。法医学会計とリスク管理を実行する必要がある投資家。

Binocs is currently tax compliant in the U.S., U.K., Australia, South Africa and India, with plans to add more markets next month.

BINOCSは現在、米国、英国、オーストラリア、南アフリカ、インドで税務準拠を受けており、来月市場を追加する計画があります。

Part of the funding will be used for product development and Binocs’ go-to-market teams for retail and institutional investors.Binocs can provides tax report in less than 30 minutes.

資金の一部は、小売および機関投資家向けの製品開発およびBinocsの市場投資チームに使用されます。Binocsは30分以内に税務報告書を提供できます。

It also tracks return on investment, profits and losses and capital exchanges, as well as taxes for derivatives, lending and borrowing across CeFi and DeFi.

また、投資収益率、利益、損失、資本交換、ならびにデリバティブの税金、CEFIおよびDEFIを越えた貸付、借入の税金も追跡します。

The app can give users details on fees and tax deducted at source already paid on transactions so they understand how much taxes they need to pay.Binocs founders Tonmoy Shingal and Pankaj GargShingal told TechCrunch that Binocs is meant to be a bridge connecting transactions on the blockchain to the “web2 equivalent compliance world,” especially as the number of coins, exchanges, types of trade and DeFi protocols increase.There are currently about 300 million crypto users, and that is expected to hit about 1 billion by the end of this year.Binocs’ founders point to figures from the Coin Market Cap that say the total market cap of the crypto industry rose from about $325 billion in in September 2020 to $1 trillion in September 2022. With a blended tax of about 20%, the overall tax liability is about $70 billion, a number that can increase to $300 billion by 2026.Shingal, the startup’s CEO, said crypto hedges and investment funds often run with a small number of staff, and the process of calculating tax and performing compliance is time-consuming because they have to pull data from multiple sources, merge it and then adhere to different compliance and reporting regulations for each type of transaction.“The traditional approach is to collate and interpret the blockchain exchange ledgers manually.

このアプリは、ユーザーが取引に対してすでに支払われたソースで控除された料金と税の詳細を提供することができます。そのため、彼らは支払う必要がある税金を理解しています。 「Web2等価コンプライアンスの世界」、特にコイン、交換、貿易プロトコルの種類の数が増加しているため、現在約3億人の暗号ユーザーが増えており、今年の終わりまでに約10億人に達すると予想されます。 .binocsの創設者は、暗号産業の総時価総額が2020年9月の約3250億ドルから2022年9月の1兆ドルに増加したと言っているコイン時価総額の数値を指摘しています。責任は約700億ドルで、2026年までに3,000億ドルに増加する可能性があります。SthingupのCEOであるShingalは、Crypto HedgesとInvestment Fundが少数のスタッフとしばしば実行されると述べました。税の計算とコンプライアンスの実行は、複数のソースからデータを引き出し、マージしてから、各タイプのトランザクションの異なるコンプライアンスと報告規則に準拠する必要があるため、時間がかかります。 。

Doing which requires significant time, sophisticated knowledge about crypto transactions, local regulations,” Shingal said.

それを行うには、かなりの時間、暗号取引に関する洗練された知識、現地の規制が必要です」とシンガルは言いました。

“This task is time consuming and prone to errors, which could be costly.”He added that regulations are one of the biggest obstacles to more adoption of crypto, with about 15 to 20 countries that currently tax crypto investments, and 60 to 70 that will in the future.Binocs also plans to build more apps on top of its algorithm as it gets more data.

「このタスクは時間がかかり、エラーになりやすく、費用がかかる可能性があります。」彼は、規制は暗号の採用の最大の障害の1つであり、現在約15〜20か国が暗号投資に課税し、60〜70か国であると付け加えました。Binocsは、より多くのデータを取得するため、アルゴリズムの上にさらに多くのアプリを構築する予定です。

“We think of ourselves as a data company that understands what is going on in crypto transactions and build applications for multiple use cases on top in the future,” Shingal said.Binocs is currently pre-revenue, and will monetize by operating on a freemium model, as well as an enterprise plan for business investors.Binance CEO sees positive progress for crypto regulation, but it will be a ‘long process’

「私たちは、暗号取引で何が起こっているかを理解し、将来複数のユースケースのアプリケーションを構築するデータ会社と考えています」とシンガルは述べました。モデル、およびビジネス投資家向けのエンタープライズプラン。BinanceCEOは、暗号規制の前向きな進歩を見ていますが、それは「長いプロセス」になります。

\

元記事

Crypto tax reporting app Binocs helps users navigate regulations

Newsカテゴリの最新記事