【海外ITニュース速報】Dataguardは、サービスとしてのデータ保護のために6100万ドルをロックダウンします

【海外ITニュース速報】Dataguardは、サービスとしてのデータ保護のために6100万ドルをロックダウンします

DataGuard locks down $61M for data protection as a service

Dataguardは、サービスとしてのデータ保護のために6100万ドルをロックダウンします

要約(英語):

Munich-based startup DataGuard has announced that it has secured $61 million in a Series B round of funding led by Morgan Stanley Expansion Capital. The startup provides on-demand, cloud-based "as-a-service" tools to small and medium-sized businesses. DataGuard says its revenues have also grown, some 10x in the last year. It does not disclose specific revenue numbers, but it says that revenues have also grown. It is triple the 1,000 customers it had in 2020.

要約(日本語):

ミュンヘンに拠点を置くStartup Dataguardは、Morgan Stanley拡張資本が率いるシリーズBラウンドの資金調達で6,100万ドルを確保したことを発表しました。スタートアップは、中小企業にオンデマンドのクラウドベースの「AS-A-Service」ツールを提供します。Dataguard氏によると、収益も増加し、昨年は約10倍です。特定の収益数は開示していませんが、収益も増加していると述べています。2020年に持っていた1,000人の顧客がトリプルです。

本文:

Companies are facing hundreds of millions of dollars in fines these days for failing to comply with data protection and data privacy rules, and that’s driving wave of organizations, and their users, to get more serious about data protection.

企業は、データ保護とデータのプライバシールールに準拠していないため、最近では数億ドルの罰金に直面しており、それが組織とそのユーザーの波を推進して、データ保護についてより深刻に取得しています。

One of the byproducts of that has been the emergence of new technology to meet that increase in activity.DataGuard is a Munich-based startup that has leaned into the SaaS-based business model to provide privacy, information security and other data protection as a series of on-demand, cloud-based “as-a-service” tools to small and medium-sized businesses, and today it’s announcing that it has secured $61 million in a Series B round of funding led by Morgan Stanley Expansion Capital to double down on the market.The investment also includes One Peak, the U.K.

その副産物の1つは、アクティビティの増加を満たすための新しいテクノロジーの出現でした。Dataguardは、シリーズとしてプライバシー、情報セキュリティ、およびその他のデータ保護を提供するためにSAASベースのビジネスモデルに傾いたミュンヘンベースのスタートアップです。オンデマンドのクラウドベースの「As-a-Service」ツールは、中小企業への「As-a-Service」ツールであり、今日では、Morgan Stanley Expansion Capitalが率いるシリーズBラウンドの資金調達で6,100万ドルを確保していることを発表しています。市場で。投資には1つのピーク、英国も含まれています。

VC that led DataGuard’s last fundraise of $20 million in 2020, the startup’s first-ever outside funding.

2020年にDataguardの最後の資金調達を導いたVCは、2020年に2,000万ドルであり、スタートアップの初めての外部資金です。

Bastian Nominacher (co-founder / co-CEO of Celonis), Hanno Renner (co-founder / CEO of Personio) and Carsten Thoma (founder of Hybris) are also participatingDataGuard is not disclosing its valuation.

Bastian Nominacher(Cellonisの共同設立者 /共同CEO)、Hanno Renner(Personioの共同設立者 / CEO)、Carsten Thoma(Hybrisの創設者)も参加しています。

But as another marker of how it is doing, despite the wider contraction that we’ve seen in the tech sector, this startup continues to grow.

しかし、私たちがハイテクセクターで見た幅広い収縮にもかかわらず、このスタートアップは成長し続けているにもかかわらず、それがどのように行われているかの別のマーカーとしてです。

It now has more than 3,000 customers across 50+ countries, and they in turn are providing tools that cover over 40 million individual users — employees, customers, and other stakeholders.

現在、50か国以上に3,000人以上の顧客がいて、従業員、顧客、その他の利害関係者という4,000万人以上の個人ユーザーをカバーするツールを提供しています。

This is triple the 1,000 customers it had in 2020. While DataGuard doesn’t disclose specific revenue numbers, it says that revenues have also grown, some 10x in the last year.

これは、2020年に1,000人の顧客がトリプルであることです。Dataguardは特定の収益数を開示していませんが、昨年は約10倍の収益が増加していると述べています。

Its definition of SMB is somewhat fluid and includes bigger mid-market end users: the customer list includes familiar names like Canon, Hyatt, and Unicef.DataGuard provides a range of tools across privacy, information security and compliance that can assess the different ways that data is being used by an organization.

SMBの定義はやや流動的であり、より大きなミッドマーケットのエンドユーザーが含まれています。顧客リストには、キヤノン、ハイアット、Unicef.dataguardなどの馴染みのある名前が含まれています。データは組織によって使用されています。

It analyzes this data to determine whether a company is compliant with various certifications (for example, GDPR, CCPA, ISO 27001, TISAX, or SOC 2); and if not, what it needs to do to become compliant.The basic idea behind DataGuard is that while larger enterprises might have teams of in-house staff — lawyers, engineers and data scientists — working to monitor, implement and adjust that org’s data protection, privacy and compliance policies (a strategy that, even with lots of people and budget piled on it, often still goes wrong); smaller organizations might have less human resources but just as big of a task to grapple with.Its target audience, said Thomas Regier (above, left, who is co-CEO and co-founder with Kivanc Semen, right), are “those with maybe just one IT security person,” who may be a specialist in network security but not data security.

このデータを分析して、企業がさまざまな認定に準拠しているかどうかを判断します(たとえば、GDPR、CCPA、ISO 27001、TISAX、またはSOC 2)。Dataguardの背後にある基本的なアイデアは、大企業が社内スタッフ(弁護士、エンジニア、データサイエンティスト)のチームがその組織のデータ保護を監視、実装、調整するために取り組んでいるかもしれないということです。、プライバシーとコンプライアンスのポリシー(多くの人々や予算が積まれていても、まだ間違っていることが多い戦略)。小規模な組織は人的資源が少ないかもしれませんが、ターゲットの視聴者と一緒に取り組むのと同じくらい大きな仕事をしているかもしれません、とトーマス・レジアは言いました(上記、左、キヴァン・セメンの共同設立者である右)は「右)は「ネットワークセキュリティのスペシャリストであるがデータセキュリティの専門家である可能性があるかもしれません。

Some of its customers, he added, may not have in-house security experts at all: the task of how to make sure data protection is implemented legally and soundly falls to, say, a marketing team: that’s because online interactivity with individuals is one of the key areas that data protection is meant to cover, so in some cases, it’s those using that data who might be tasked with making sure it’s being done correctly.“We’ve built this for civilians,” he said.To be sure, marketing — specifically interfaces for cookie and data consent related to marketing and “analytics” — has for many of us been the most obvious face of data privacy and protection over the last several years.

その顧客の一部は、社内のセキュリティの専門家をまったく持っていないかもしれないと彼は付け加えた。データ保護がカバーすることを目的としている重要な領域のうち、場合によっては、それが正しく行われていることを確認することを任される可能性のあるデータを使用している人です。「私たちはこれを民間人のために構築しました」と彼は言いました。、マーケティング、特にマーケティングと「分析」に関連するCookieおよびデータの同意のインターフェイスは、私たちの多くが過去数年間でデータプライバシーと保護の最も明白な顔でした。

Spurred by GDPR and other regulations, we now see those consent windows daily, and many a company has lamented about how the popularity of “reject all” has impacted the bottom line.

GDPRやその他の規制に拍車がかかっているため、これらの同意ウィンドウを毎日見ています。多くの企業は、「すべてを拒否」の人気が最終利益にどのように影響したかについて嘆いています。

And the big headlines we’ve read about data protection violations tend to be about the same: in one example from just earlier this month, Instagram was fined more than $400 million for misusing children’s data under GDPR rules in Europe.But Regier says that these days, added to this are additional pressures beyond the very bad publicity companies get from fines investigative exposés in the media:“Marketing is a huge piece of the puzzle, but the second part is that companies are protecting their customers’ data,” he said.

そして、データ保護違反について読んだ大きな見出しはほぼ同じである傾向があります。今月初めの1つの例では、InstagramはヨーロッパのGDPR規則に基づいて子供のデータを誤用するために4億ドル以上の罰金を科されました。これに追加された日は、メディアの罰金の調査露出から得られる非常に悪い宣伝企業を超えた追加の圧力です。「マーケティングはパズルの巨大な部分ですが、2番目の部分は企業が顧客のデータを保護していることです」と彼は言いました。。

“They need to shore that up.

「彼らはそれを補強する必要があります。

They have no choice because if they don’t they will now lose those customers.

彼らがそうしなければ、彼らはそれらの顧客を失うので、彼らは選択肢がありません。

It’s moved beyond the fig leaf and goes to the core of the business.” With that, cyber insurance premiums have shot up, another sign of how businesses are financially impacted when they don’t implement strong security and data protection.

それはイチジクの葉を越えて移動し、ビジネスの中核に行きます。」それにより、サイバー保険料が撃たれました。これは、強力なセキュリティとデータ保護を実施しない場合、企業がどのように財政的に影響を受けるかについてのもう1つの兆候です。

(Debatable whether those premiums are effective for other reasons, however.)The third important driver DataGuard is seeing among its customers is commercial pressure.

(これらの保険料が他の理由で効果的であるかどうかは議論の余地があります。)3番目の重要なドライバーDataguardは、顧客の間で見ていることです。

That is, organizations are now getting more proactive in vetting partners to make sure that they are being responsible, both on a proactive and reactive basis when something does go wrong.Interestingly, using mechanics that sound remarkably similar to how data brokers themselves operate, DataGuard can also see how a company’s data might be used by third parties and customers, to determine where it might not be compliant, or conversely alert those third parties in the event that any data has been compromised.

つまり、組織は、何かがうまくいかない場合、積極的かつ反応的なベースで責任を負うことを確認するために、審査パートナーでより積極的に取り組んでいます。魅力的に、データブローカー自体の動作と著しく似ているメカニズムを使用して、Dataguardまた、第三者や顧客が会社のデータをどのように使用しているかを確認して、それが準拠していない場所を決定したり、逆にデータが損なわれた場合にそれらの第三者に警告したりすることもできます。

Getting that bigger picture is becoming increasingly important as part of the vetting process that companies go through when they work on procurement deals, which underscores that it’s not all about making sure that, say, the business-critical nature of the work.The compliance piece of the business, is a newer area, but one that the company will be using some of this investment to continue developing.

企業が調達取引に取り組むときに経験する審査プロセスの一環として、その大きな絵を獲得することはますます重要になっています。ビジネスのうち、新しい分野ですが、同社はこの投資の一部を使用して開発を続けています。

It potentially also opens the door to DataGuard providing similar services to vet more aspects of security and data protection, such as when it crosses over into data networking and endpoint management.That, plus the fact that DataGuard has grown as much as it has with so little outside funding, are all reasons why investors have been knocking.“Data privacy, information security and compliance are areas of increasing focus for regulators, enterprises and consumers globally at a time when the quantity of sensitive data that businesses must process in order to operate is growing exponentially,” said Lincoln Isetta, MD of Morgan Stanley Expansion Capital, in a statement.

また、データネットワーキングやエンドポイント管理に渡るときなど、セキュリティとデータ保護のより多くの側面を審査するために同様のサービスを提供するDataguardへの扉を開く可能性があります。外部の資金はほとんどありません。投資家がノックしている理由はすべて、データのプライバシー、情報セキュリティ、コンプライアンスは、企業が運用するために処理しなければならない機密データの量が処理しなければならない機密データを世界中に増やす分野です。声明の中で、モーガン・スタンレー拡張資本のリンカーン・イセッタは述べています。

“It is clear from our diligence that DataGuard’s unique, all-in-one platform allows customers to move beyond simple ‘check-the-box’ compliance, information security and data privacy practices and instead manage data as a competitive differentiator.

「当社の勤勉から、Dataguardのユニークなオールインワンプラットフォームにより、顧客は単純な「チェックボックス」コンプライアンス、情報セキュリティ、データプライバシープラクティスを超えて移動し、代わりに競争力のある差別化要因としてデータを管理できることは明らかです。

We are thrilled to be joining the DataGuard team and look forward to helping them build on their success.”“DataGuard has seen strong growth since our initial investment which speaks to the drive and execution capabilities of the founders and their leadership team.

Dataguardチームに参加することに興奮しており、彼らが成功に基づいて構築することを楽しみにしています。」

DataGuard has helped create a new category that is both extremely sizeable and business critical,” added David Klein, managing partner at One Peak, and Christoph Mayer, partner, in a joint statement.

One PeakのマネージングパートナーであるDavid Klein氏と、パートナーのChristoph Mayerの共同声明で、David Kleinは次のように付け加えました。

“Over the next decade, companies will invest tens of billions of dollars into compliance and security to become and remain trusted partners.

「次の10年間で、企業は数千億ドルをコンプライアンスとセキュリティに投資して、信頼できるパートナーになり続けます。

We were the first institutional investor in DataGuard back in 2020, and we are thrilled to be doubling down on our investment to support the Company in further accelerating its growth trajectory and expanding its geographical reach.”

私たちは2020年にDataguardの最初の機関投資家であり、成長の軌跡をさらに加速し、地理的な範囲を拡大するために会社を支援するために投資を2倍にすることに興奮しています。」

\

元記事

DataGuard locks down $61M for data protection as a service

Newsカテゴリの最新記事