【海外ITニュース速報】NVIDIAとのパートナーシップのパッシングインクの建物の制御制御スタートアップは、1500万ドルを確保します

【海外ITニュース速報】NVIDIAとのパートナーシップのパッシングインクの建物の制御制御スタートアップは、1500万ドルを確保します

Building control startup PassiveLogic inks partnership with Nvidia, secures $15M

NVIDIAとのパートナーシップのパッシングインクの建物の制御制御スタートアップは、1500万ドルを確保します

要約(英語):

PassiveLogic, which provides a platform to autonomously control building systems, has secured an additional $15 million in an "off-round" strategic investment from Nvidia's venture arm nVentures. PassiveLogic's total raised is over $80 million, and it will be put toward expanding the company's headcount from 100 employees to 140 within the next year, CEO Troy Harvey said. The software lets customers create system models from 3D drawings or scans, which are then used to generate physics-based "digital twins"

要約(日本語):

建物システムを自律的に制御するためのプラットフォームを提供するPassiveLogicは、Nvidiaのベンチャーアームnventuresからの「ラウンドオフ」戦略的投資でさらに1500万ドルを確保しました。Passivelogicの合計は8,000万ドルを超えており、来年以内に同社の従業員100人から140人に同社の人員を拡大することに向けられているとCEOのTroy Harvey氏は述べています。このソフトウェアにより、顧客は3D図面またはスキャンからシステムモデルを作成できます。これは、物理ベースの「デジタルツイン」を生成するために使用されます。

本文:

About five months after raising $15 million, PassiveLogic, which provides a platform to autonomously control building systems, has secured an additional $15 million in an “off-round” strategic investment from Nvidia’s venture arm, nVentures. The new cash brings PassiveLogic’s total raised to over $80 million, and CEO Troy Harvey tells TechCrunch it’ll be put toward expanding the Utah-based company’s headcount from 100 employees to 140 within the next year.

1500万ドルを調達してから約5か月後、建物システムを自律的に制御するためのプラットフォームを提供するPassivelogicは、NvidiaのベンチャーアームであるNventuresからの「オフラウンド」な戦略的投資でさらに1500万ドルを確保しました。新しい現金は、Passivelogicの合計を8,000万ドル以上に引き上げます。CEOのTroy Harveyは、TechCrunchに、ユタに本拠を置く同社の従業員から100人の従業員から140人に拡大することに向けられると伝えています。

The investment represents a major vote of confidence in PassiveLogic, considering that the startup hasn’t released any products to the public yet (although a beta’s planned for later this year). Nvidia was perhaps won over by PassiveLogic’s go-to-market strategy, which netted the startup contractual commitments for the first two years of sales and distribution partners that plan to include PassiveLogic’s platform in construction and retrofit projects.

この投資は、スタートアップがまだ一般に製品を公開していないことを考えると、パッシベロジックに対する自信の大きな投票を表しています(ただし、ベータは今年後半に計画されていますが)。Nvidiaはおそらく、Passivelogicの市場投入戦略によって勝ちました。これにより、建設および改造プロジェクトにPassivelogicのプラットフォームを含めることを計画している販売および流通パートナーの最初の2年間の契約上のコミットメントが得られました。

“We were impressed with PassiveLogic’s vision to revolutionize the real estate industry through autonomous operations at the edge,” nVentures head Mohammad Siddeek said in an emailed statement. “We are excited to support a world-class team with deep industry and technical expertise as they prepare to launch a highly differentiated solution with their initial customers.”

「私たちは、エッジでの自律的な運用を通じて不動産業界に革命を起こすというパッシベロジックのビジョンに感銘を受けました」と、Nventures Head Mohammad Siddeekは電子メールで声明を出しました。「私たちは、最初の顧客との高度に差別化されたソリューションを立ち上げる準備をしているため、深い業界と技術的な専門知識を持つ世界クラスのチームをサポートできることを楽しみにしています。」

Harvey founded PassiveLogic in 2016 with Jeremy Fillingim, who was previously a partner at Mote Systems, where he designed a touchscreen universal remote control. Harvey is the ex-CEO of Heliocentric, an engineering firm that worked with clients to architect “next-generation” buildings.

Harveyは、2016年にMote SystemsのパートナーであったJeremy Fillingimと一緒にPassivelogicを設立し、タッチスクリーンユニバーサルリモートコントロールを設計しました。Harveyは、クライアントと協力して「次世代」の建物を建築するためにクライアントと協力したHeliocentricの元CEOです。

PassiveLogic’s service — running on Nvidia’s Jetson computing platform — interfaces with legacy building systems using a combination of sensors, software and on-premises devices. The software lets customers create system models from 3D drawings or scans, which are then used to generate physics-based “digital twins” that predict how a buildings’ equipment will interact. Based on data from the digital twin, PassiveLogic makes control and management decisions for the real-world building’s systems.

NvidiaのJetsonコンピューティングプラットフォームで実行されるPassivelogicのサービス - センサー、ソフトウェア、およびオンプレミスデバイスの組み合わせを使用して、レガシービルディングシステムをインターフェースします。このソフトウェアにより、顧客は3D図面またはスキャンからシステムモデルを作成できます。これは、建物の機器がどのように相互作用するかを予測する物理ベースの「デジタルツイン」を生成するために使用されます。Digital Twinのデータに基づいて、PassiveLogicは、実際の建物のシステムの制御と管理の決定を行います。

Image Credits: PassiveLogic

画像クレジット:PassiveLogic

“Our research indicates that the biggest use case for generalized autonomy is buildings, which represent 25% of the world economy,” Harvey told TechCrunch in an email interview. “Unlike cars, each building is a one-off, with entirely custom needs for autonomous controls … A large building could have 500,000 inputs and outputs — or sensors and controllable degrees of freedom. That is enormous.”

「私たちの研究は、一般化された自治の最大のユースケースは、世界経済の25%を占める建物であることを示しています」とハーベイは電子メールインタビューでTechCrunchに語った。「自動車とは異なり、各建物は1回限りであり、自律制御に完全にカスタムニーズを備えています。大きな建物には500,000の入力と出力、またはセンサーと制御可能な自由度があります。それは巨大です。」

Beyond the aforementioned features, PassiveLogic automatically structures, labels and fuses building data into an ontology for use by third-party cloud apps. Responding to a question about privacy, Harvey asserted that all of PassiveLogic’s computing and storage happens at the edge and that data (e.g., from sensors) is maintained on an independent intranet not accessible to other IT infrastructure.

前述の機能を超えて、PassiveLogicは、サードパーティのクラウドアプリが使用するために、構築データを自動的に構造、ラベル、およびヒューズします。プライバシーに関する質問に答えて、Harveyは、PassiveLogicのすべてのコンピューティングとストレージがエッジで発生し、データ(センサーから)が他のITインフラストラクチャにアクセスできない独立したイントラネットで維持されると主張しました。

“To get to the future of real estate, there needs to be a digital platform that can aggregate building data, enable building managers to customize automation controls and act upon it in real-time,” Harvey said. “[T]he PassiveLogic platform solves the divide between IT and operational technology in the enterprise, and supports workflows that acknowledge that building controls purchasing decisions are most often made not at the C-level, but by the contractors installing controls.”

「不動産の将来に到達するには、建物のデータを集約し、建物のマネージャーが自動化制御をカスタマイズし、リアルタイムで行動できるようにするデジタルプラットフォームが必要です」とHarvey氏は言います。「彼は、PassiveLogic Platformは、企業のITと運用技術の間の格差を解決し、建物の制御が購入決定の決定を最もしばしばCレベルではなく、コントロールを設置する請負業者によって行われることを認めるワークフローをサポートしています。」

While PassiveLogic is currently focused on buildings and building infrastructure, Harvey believes that the company’s technology is applicable to other control systems, like energy grids and logistics and supply chain facilities. The long-term plan is to adapt PassiveLogic’s products to broader markets, including the utilities and networking sectors.

Passivelogicは現在、建物や建物のインフラストラクチャに焦点を当てていますが、Harveyは、同社の技術はエネルギーグリッドや物流やサプライチェーン施設などの他の制御システムに適用できると考えています。長期的な計画は、Passivelogicの製品を公益事業やネットワーキングセクターを含むより広範な市場に適応させることです。

Competitors in the space include Honeywell, which recently launched an AI-powered building control system, and HVAC management startups BrainBox and 75F. There’s also Mesa, a platform from Sidewalk Labs designed to help commercial building operators optimize existing climate control systems.

このスペースの競合他社には、最近AIを搭載した建物制御システムを立ち上げたHoneywell、HVAC Management Startups Brainboxと75Fが含まれます。また、商業ビルのオペレーターが既存の気候制御システムを最適化するのを支援するために設計された歩道ラボのプラットフォームであるMESAもあります。

\

元記事

Building control startup PassiveLogic inks partnership with Nvidia, secures $15M

Newsカテゴリの最新記事