【海外ITニュース速報】責任あるAIは最大の管理上の関心事ですが、なぜ組織はそれを展開しないのですか?

【海外ITニュース速報】責任あるAIは最大の管理上の関心事ですが、なぜ組織はそれを展開しないのですか?

Responsible AI is a top management concern, so why aren’t organizations deploying it?

責任あるAIは最大の管理上の関心事ですが、なぜ組織はそれを展開しないのですか?

要約(英語):

only 56% of respondents who believe that responsible artificial intelligence (AI) should be a top management priority have a fully mature program in place, according to Boston Consulting Group and MIT Sloan Management Review. Further, only 52% of organizations reported they have a responsible AI program in place and 79% of those programs are limited in scale and scope, the research said. Notably, only 19% of organizations regard responsible AI as a top strategic priority.

要約(日本語):

Boston Consulting GroupおよびMIT Sloan Management Reviewによると、責任ある人工知能(AI)が最優先事項であるべきであると考えている回答者の56%のみが完全に成熟したプログラムを実施していると考えています。さらに、責任あるAIプログラムを実施していると報告した組織の52%のみが、これらのプログラムの79%が規模と範囲が限られていると研究は述べています。特に、責任あるAIを最優先事項と見なしている組織の19%のみがあります。

本文:

Were you unable to attend Transform 2022?

Transform 2022に出席できませんでしたか?

Check out all of the summit sessions in our on-demand library now!

今すぐオンデマンドライブラリでサミットセッションをすべてチェックしてください!

Watch here.

ここをご覧ください。

Even though responsible artificial intelligence (AI) is considered a top management concern, a newly released report from Boston Consulting Group and MIT Sloan Management Review finds that few leaders are prioritizing initiatives to make it happen. 

責任ある人工知能(AI)はトップマネジメントの懸念と見なされていますが、ボストンコンサルティンググループとMITスローンマネジメントレビューから新しくリリースされたレポートは、それを実現するためのイニシアチブを優先しているリーダーはほとんどいないことがわかります。

Of the 84% of respondents who believe that responsible AI should be a top management priority, only 56% said that it is, in fact, a top priority — with only 25% of those reporting their organizations has a fully mature program in place, according to the research. 

責任あるAIが最優先の優先事項であるべきだと考えている回答者の84%のうち、実際には最優先事項であると答えたのは56%だけです。組織の25%のみが完全に成熟したプログラムを実施していると報告しています。調査によると。

Further, only 52% of organizations reported they have a responsible AI program in place – and 79% of those programs are limited in scale and scope, the BCG/MIT Sloan report said.

さらに、責任あるAIプログラムを実施していると報告した組織の52%のみが、これらのプログラムの79%が規模と範囲が限られているとBCG/MIT Sloanレポートは述べています。

With less than half of organizations viewing responsible AI as a top strategic priority, among them, only 19% confirmed they have a fully implemented responsible program in place.  

責任あるAIを最高の戦略的優先事項と見なしている組織の半数未満が、その中で、完全に実装された責任あるプログラムを実施していることを確認したのは19%だけでした。

This indicates that responsible AI lags behind strategic AI priorities, according to the report.

これは、レポートによると、責任あるAIが戦略的AIの優先順位に遅れをとっていることを示しています。

Event

イベント

MetaBeat 2022

メタビート2022

MetaBeat will bring together thought leaders to give guidance on how metaverse technology will transform the way all industries communicate and do business on October 4 in San Francisco, CA.

Metabeatは、10月4日にカリフォルニア州サンフランシスコで、すべての業界がコミュニケーションとビジネスを行う方法をメタバーステクノロジーがどのように変化させるかについてのガイダンスを提供するために、Sound Leadersを集めます。

\

元記事

Responsible AI is a top management concern, so why aren’t organizations deploying it? 

Newsカテゴリの最新記事