【海外ITニュース速報】Razor’s Edge Venturesは、防衛スタートアップに投資するように見えるため、3億4,000万ドルを閉鎖します

【海外ITニュース速報】Razor’s Edge Venturesは、防衛スタートアップに投資するように見えるため、3億4,000万ドルを閉鎖します

Razor's Edge Ventures closes $340M as it looks to invest in defense startups

Razor's Edge Venturesは、防衛スタートアップに投資するように見えるため、3億4,000万ドルを閉鎖します

要約(英語):

VC firm Razor's Edge Ventures has announced the closing of its third startup investment fund at just under $340 million. The fund, which exceeded the initial target of $250 million, will target companies developing autonomous systems, space technologies, cybersecurity, AI and machine learning and other aerospace and defense technologies. The firm's interest areas are informed by "strategic national security priorities," managing partner Mark Spoto said. Notably, Razor's Edge also invested in Corsha, a Washington, D.C.-based startup.

要約(日本語):

VC会社Razor's Edge Venturesは、3番目のスタートアップ投資ファンドの閉鎖を3億4,000万ドル弱で発表しました。2億5,000万ドルの初期目標を超えたファンドは、自律システム、宇宙技術、サイバーセキュリティ、AIおよび機械学習、その他の航空宇宙および防衛技術を開発する企業を対象としています。同社の関心分野は、「戦略的な国家安全保障の優先事項」によって通知されている、とマネージングパートナーのマーク・スポットは述べた。特に、Razor's Edgeは、ワシントンD.C.に拠点を置くスタートアップであるCorshaにも投資しました。

本文:

In a sign that national security tech is a safe bet even during troubled economic times, defense- and security-focused VC firm Razor’s Edge Ventures today announced the closing of its third startup investment fund at just under $340 million. It exceeded the initial target of $250 million, the firm notes, and will target companies developing autonomous systems, space technologies, cybersecurity, AI and machine learning, digital signal processing and other aerospace and defense technologies.

国家安全保障技術が問題を抱えた経済状況の間でさえ安全な賭けであるという兆候で、防衛およびセキュリティに焦点を当てたVC企業RazorのEdge Venturesは本日、3億4,000万ドル弱で3回目のスタートアップ投資ファンドの閉鎖を発表しました。同社は、2億5,000万ドルの最初の目標を超え、自律システム、宇宙技術、サイバーセキュリティ、AIおよび機械学習、デジタル信号処理、その他の航空宇宙および防衛技術を開発する企業をターゲットにしています。

Founded in 2010, Razor’s Edge funds multistage startups with both commercial and government customers but specializes in ventures that “[help] national security community [members] solve difficult technology problems and advance critical missions,” in its own words. The outfit’s interest areas are informed by “strategic national security priorities,” managing partner Mark Spoto tells TechCrunch, with the ostensible goal of helping the U.S. maintain “technological superiority.”

2010年に設立されたRazor's Edgeは、商業と政府の両方の顧客との多段階のスタートアップに資金を提供していますが、「[支援]国家安全保障コミュニティ[メンバー]が困難な技術の問題を解決し、重要なミッションを前進させる」ベンチャーを専門としています。衣装の関心分野は、「戦略的国家安全保障の優先事項」によって通知されていると、マネージングパートナーのマーク・スポットは、米国が「技術的優位性」を維持するのを支援するという表向きの目標を持って、TechCrunchに語ります。

“While economic conditions in the broad financial markets are challenging at this time, spending for defense has grown significantly both in the U.S. and abroad; we face an increasingly complex and growing threat environment,” Spoto said via email. “Limited partners (LPs) in our latest fund appreciated that Razor’s Edge offers an investment opportunity that participates in a unique way in a growing market and is not correlated to the broad financial, stock or commercial technology markets and in many ways serves as a countercyclical hedge to those asset classes. We launched our fundraising for the new fund last fall and wrapped it up in June, exceeding our fundraising target.”

「現時点では、幅広い金融市場の経済状況は困難ですが、防衛への支出は米国と海外の両方で大幅に増加しています。私たちはますます複雑で成長する脅威環境に直面しています」とSpotoは電子メールで言いました。「最新のファンドのリミテッドパートナー(LPS)は、Razor's Edgeが成長する市場でユニークな方法に参加する投資機会を提供し、幅広い財務、株式、または商業技術市場と相関していないことを認識しています。これらの資産クラスのヘッジ。私たちは昨年秋に新しい基金の資金調達を開始し、6月にそれを締めくくり、資金調達目標を超えました。」

Traditional venture firms are often reluctant to invest in defense-oriented startups given both the ethical implications and long pathway to profitability. In the U.S., it typically takes at least 18 months of planning before a government contractor wins its first contract — and most contracts are awarded to incumbents. Any startup that gets a foot in the door has to bridge the gap between the R&D phase and the contract award.

従来のベンチャー企業は、倫理的な意味と収益性への長い経路の両方を考えると、防衛志向のスタートアップに投資することに投資することに消極的です。米国では、政府の請負業者が最初の契約に勝つまでに少なくとも18か月の計画が必要です。ほとんどの契約は現職に授与されます。ドアに足を踏み入れるスタートアップは、R&Dフェーズと契約賞の間のギャップを埋める必要があります。

Razor’s Edge claims to have an advantage in its connections with the national security community and its investment approach. The firm operates under a two-pronged strategy, backing early-stage startups — e.g., Series A and B — as well as more established companies.

Razor's Edgeは、国家安全保障コミュニティとその投資アプローチとの関連性に有利になっていると主張しています。同社は、2倍の戦略の下で運営されており、初期段階のスタートアップ(シリーズAやBなど)、およびより確立された企業を支援しています。

For example, Razor’s Edge recently invested in Corsha, a Washington, D.C.-based cybersecurity startup looking to bring multifactor authentication security to machine-to-machine API traffic. Another of the firm’s portfolio companies is X-Bow Systems, which is developing a solid rocket motor.

たとえば、Razor's Edgeは最近、ワシントンD.C.に拠点を置くサイバーセキュリティスタートアップであるCorshaに投資しました。同社のもう1つのポートフォリオ企業は、X-Bow Systemsであり、固体ロケットモーターを開発しています。

When it comes to the early-stage investments, Razor’s Edge says it narrows in on companies it believes can grow into sizable business in the defense and intelligence markets and then later expand into commercial enterprise verticals. For the more established and later-stage prospects, which tend to be companies already doing work with the U.S. government, Razor’s Edge advises on strategic business investments and “tuck-in” acquisitions.

初期段階の投資に関しては、Razor's Edgeは、防衛市場と情報市場でかなりのビジネスに成長し、後に商業的なエンタープライズの業種に拡大することができると考えている企業を狭めていると言います。すでに米国政府と仕事をしている企業である傾向がある、より確立された後期の見込み客のために、Razor's Edgeは戦略的ビジネス投資と「タックイン」の買収について助言しています。

“We believe we are one of the first venture capital funds created that had, as its sole investment thesis, a national security focus. The idea for Razor’s Edge was borne out of the successes of Blackbird Technologies and Ravenwing, both national security technology companies founded and operated by the firm’s managing partners,” Spoto said. “We have a strong bias for management teams that seek revenue quickly, operate leanly and can leverage government contracts and revenues to mitigate longer-term capital requirements and to build products that the markets want and will pay for … [and we offer] a huge network of talent, in areas such as management, operations, engineering and sales, that our portfolio companies draw from.”

「私たちは、その唯一の投資論文として、国家安全保障の焦点を持っていた最初のベンチャーキャピタルファンドの1つであると信じています。Razor's Edgeのアイデアは、Blackbird TechnologiesとRavenwingの成功から生まれました。どちらも、同社のマネージングパートナーによって設立および運営されている国家安全保障技術企業です。「私たちは、収益を迅速に求め、leanせずに運営し、政府の契約と収益を活用して長期的な資本要件を緩和し、市場が望んでいて支払う製品を構築するために、政府の契約と収益を活用できる管理チームに強力なバイアスを持っています...当社のポートフォリオ企業が引き出す管理、運用、エンジニアリング、販売などの分野における才能のネットワーク。」

Razor’s Edge has a few successes under its belt — two initial public offerings and two “material” M&A exits — and $600 million in assets under management. A perfect track record is elusive no matter the thoroughness of the due diligence, however. And when asked about hype cycles in the defense space, Spoto admitted that it’s a difficult trap for VCs not to fall into.

Razor's Edgeには、2つの初期公募と2つの「マテリアル」M&Aが退場するといういくつかの成功があり、管理下の6億ドルの資産があります。しかし、完全な実績は、デューデリジェンスの徹底に関係なくとらえどころのないものです。そして、防衛空間の誇大広告サイクルについて尋ねられたとき、Spotoは、VCが陥らないのは難しいtrapであることを認めました。

“There’s overhype from valuation and funding perspective … in cybersecurity and also in parts of some other areas like drone and border security technologies,” he said. “[And] there are other areas that we are trying to get smarter on and taking a longer view, such as quantum computing, alternative power and energy technologies and the impacts of climate change on government and defense operations.”

「サイバーセキュリティや、ドローンや国境のセキュリティ技術などの他の分野の一部にも、評価と資金調達の観点からはオーバーハイプがあります」と彼は言いました。「[そして]量子コンピューティング、代替力とエネルギー技術、政府や防衛活動に対する気候変動の影響など、より賢く、より長いビューを取得しようとしている他の分野があります。」

In any case, Razor’s Edge will have to compete with new and established rivals like Booz Allen Hamilton’s recently launched $100 million corporate venture arm, Booz Allen Ventures, and Shield Capital — a firm with Defense Department connections. Other competitors include Lockheed Martin’s Lockheed Martin Ventures and HorizonX, which spun off from Boeing in August 2021.

いずれにせよ、Razor's Edgeは、Booz Allen Hamiltonの最近、1億ドルのコーポレートベンチャーアーム、Booz Allen Ventures、Shield Capitalを発売したような新しいライバルと競争しなければなりません。その他の競合他社には、2021年8月にボーイングから紡がれたロッキードマーティンのロッキードマーティンベンチャーズとホライゾンクスが含まれます。

\

元記事

Razor’s Edge Ventures closes $340M fund as it looks to invest in defense startups

Newsカテゴリの最新記事