【海外ITニュース速報】合成スピーチスタートアップMurfは、あらゆるサイズのコンテンツ作成者に声を貸します

【海外ITニュース速報】合成スピーチスタートアップMurfは、あらゆるサイズのコンテンツ作成者に声を貸します

Synthetic speech startup Murf lends a voice to content creators of all sizes

合成スピーチスタートアップMurfは、あらゆるサイズのコンテンツ作成者に声を貸します

要約(英語):

Murf, which has a library of more than 120 human-parity AI voices across 20 languages, has raised $10 million in Series A funding led by Matrix Partners. The company's clients include advertising, audiobooks, explainer videos and e-learning. Founded in October 2018, Murf has grown 26x in ARR and synthesized more than one million voice over projects since its seed round.

要約(日本語):

20言語にわたって120を超える人間特性AIの声のライブラリがあるMurfは、Matrix Partnersが率いるシリーズAの資金調達で1,000万ドルを調達しました。同社のクライアントには、広告、オーディオブック、説明ビデオ、eラーニングが含まれます。2018年10月に設立されたMurfは、ARRで26倍成長し、シードラウンド以来100万個以上のプロジェクトを統合しました。

本文:

Synthetic speech tech startup Murf gives a voice, literally, to content creators of all sizes. Murf, which now has a library of more than 120 human-parity AI voices across 20 languages, announced today it has raised $10 million Series A funding led by Matrix partners. Participation came from returning investors Elevation Capital and several prominent angel investors like Ola founder Ankit Bhai; Disney Streaming SVP of product; Ashwini Asokan, the founder of Mad Street Dap; and Pushkar Mukewar, founder Drip Capital

Synthetic Speech TechのスタートアップMurfは、文字通り、あらゆるサイズのコンテンツ作成者に声を与えます。現在、20言語にわたって120を超える人間特性AIの声のライブラリがあるMurfは、Matrix Partnersが率いる1,000万ドルのシリーズAの資金調達を調達したと発表しました。参加者は、投資家の標高資本を復帰し、Olaの創設者Ankit Bhaiのようないくつかの著名なエンジェル投資家から来ました。製品のディズニーストリーミングSVP;Mad Street Dapの創設者であるAshwini Asokan。Pushkar Mukewar、創設者のDrip Capital

Founded in October 2020 by IIT-Kharagpur school friends Sneha Roy, Ankur Edkie and Divyanshu Pandey, Murf’s previous funding announcement was a $1.5 million seed led by Elevation Capital and angel investors who helped them recruit talent, invest in product innovation and user acquisition. Murf says that since its seed round, it has grown 26X in ARR and synthesized more than one million voice over projects, in wide variety of speaking styles and tones.

2020年10月にIIT-Kharagpur Schoolの友人であるSneha Roy、Ankur Edkie、Divyanshu Pandeyによって設立されたMurfの以前の資金調達の発表は、標識資本とエンジェル投資家が率いる150万ドルのシードであり、才能、製品イノベーションとユーザー獲得への投資を支援しました。Murfは、シードラウンド以来、ARRで26倍に成長し、さまざまなスピーキングスタイルとトーンでプロジェクトを100万個以上合成したと述べています。

Some examples of how Murf’s technology has been used include a tech entrepreneur and artist creating an entire film using AI art models, deep fake programs and AI Voices from Murf studio; an entertainment animation agency that created a TV series using a collection of Murf’s voices; authors creating fantasy fiction audiobooks with Murf’s AI voices; and a YouTube influencer who used Murf’s AI voice to create a rap video.

Murfのテクノロジーがどのように使用されているかの例には、AI Art Models、Deep Fakeプログラム、Murf StudioのAI Voicesを使用して映画全体を作成するハイテク起業家とアーティストが含まれます。Murfの声のコレクションを使用してテレビシリーズを作成したエンターテインメントアニメーションエージェンシー。著者は、MurfのAI Voicesでファンタジーフィクションのオーディオブックを作成しています。そして、MURFのAI音声を使用してラップビデオを作成したYouTubeインフルエンサー。

Murf’s founders

Murfの創設者

Edkie, the CEO of Murf, told TechCrunch that even though Murf’s founding team worked in different domains in the past, they all ran into the pain points of creating high quality voice overs. This included creating and updating product demos and recording radio and video ads. He added that the pandemic “provided a boost to multimedia creation and the demand for scalable audio content was growing rapidly.”

MURFのCEOであるEdkieはTechCrunchに、Murfの設立チームは過去にさまざまなドメインで働いていたにもかかわらず、彼らはすべて高品質の音声オーバーを作成するという問題のポイントに遭遇したと語った。これには、製品のデモの作成と更新、ラジオおよびビデオ広告の記録が含まれます。彼は、パンデミックが「マルチメディアの作成を後押しし、スケーラブルなオーディオコンテンツの需要が急速に増加していると付け加えました。

Murf’s clients have used it in a variety of way, including advertising, audiobooks, explainer videos and e-learning. Murf.ai, its SaaS platform, was developed to make it easier for clients to create high-quality natural sounding voiceovers for any commercial purpose. The company’s clients range in size from individual content creators to SMBS and enterprises, and work in sectors like education, corporate, healthcare, media and entertainment, marketing, advertising, podcasting, customer support and more. 

Murfのクライアントは、広告、オーディオブック、説明ビデオ、eラーニングなど、さまざまな方法で使用しています。SaaSプラットフォームであるMurf.aiは、クライアントがあらゆる商業目的のために高品質の自然なサウンドのナレーションを作成しやすくするために開発されました。同社のクライアントは、個々のコンテンツクリエイターからSMBや企業まで、教育、企業、ヘルスケア、メディアとエンターテイメント、マーケティング、広告、ポッドキャスト、カスタマーサポートなどの分野で働いています。

Edkie, told TechCrunch that content creators and marketing teams often record voiceovers themselves, or outsource the entire process, both of which are “cumbersome, expensive and time-consuming.” Murf, on the other hand, lets users generate “human-like” voiceovers without needing to buy recording equipment or hire a voice artist. 

EdkieはTechCrunchに、コンテンツクリエイターとマーケティングチームは、しばしば自分自身をナレーションを記録するか、プロセス全体を外部委託することが多いと語っています。一方、Murfは、録音機器を購入したり、音声アーティストを雇ったりすることなく、ユーザーを「人間のような」ナレーションを生成できます。

The company also wants to remove limitations on what text-to-speech can do. “While TTS has been around for quite some time now, limitations in voice quality have restricted its usage. By leveraging recent advances in AI and deep learning, we are making it possible to create high-fidelity synthetic voices that mimim the natural prosody and pronunciation of human speech.”

同社はまた、テキストからスピーチができることの制限を削除したいと考えています。「TTSはかなり長い間存在していましたが、音声品質の制限により使用が制限されています。AIの最近の進歩と深い学習を活用することにより、私たちは、人間の発話の自然な韻律と発音をミミムする高忠実度の合成声を作成することを可能にしています。」

Murf’s platform includes an AI-enabled SaaS tool that helps users to generate “human-like” voices, typically for use in videos or presentations, without having procure complex and costly recoding equipment or hiring a voice artist. Content creators can use online voice recording booth, where they can sample a wide array of speaking styles. Murf wants to bridge diversity gap in traditional text to speech platforms by including voices across accents, like African American, British, Australian and others. 

MURFのプラットフォームには、ユーザーが「人間のような」声を生成するのに役立つAI対応SAASツールが含まれています。これは、通常、ビデオやプレゼンテーションで使用するために、複雑で費用のかかる機器を調達したり、音声アーティストを雇用したりすることなくです。コンテンツクリエイターは、オンライン音声録音ブースを使用できます。ここでは、幅広いスピーキングスタイルをサンプリングできます。Murfは、アフリカ系アメリカ人、イギリス人、オーストラリアなどのようなアクセントにわたって声を含めることにより、従来のテキストの多様性のギャップを音声プラットフォームに埋めることを望んでいます。

According to market reports used by Murf’s founders, the global text-speech market is expected to reach $7.06 billion by 2028, growing at a 14.6% CAG. Meanwhile, the voiceover and dubbing markets is predicated to generate a total of $8 billion annually by 2027.

Murfの創設者が使用した市場レポートによると、世界のテキストスピーチ市場は2028年までに70億6,000万ドルに達すると予想され、14.6%のCAGで成長しています。一方、ナレーションと吹き替え市場は、2027年までに年間合計80億ドルを生み出すことが予定されています。

Text-to-speech has been around for years, but quality limitations meant they were used primarily by voice assistants and chat bots. But recent developments in AI and deep learning now means it is possible to create synthetic voices that have the prosody and pronunciation of human speech. Murf’s AI engine is trained on hours of actual human speech and Murf Studios offer more than 120 human-variety AI voices, which can speak in 20 languages. Murf is also working towards bringing more diverse accents by partnering with voice actors to bring abroad voices like African American, British and Australian English.

テキストからスピーチは何年も前から存在していましたが、品質の制限により、主に音声アシスタントとチャットボットが使用していました。しかし、AIと深い学習の最近の発展は、現在、人間の発話の韻律と発音を持つ合成声を作成することが可能であることを意味します。MURFのAIエンジンは実際の人間のスピーチの時間で訓練されており、MURFスタジオは120以上の人間のさまざまなAIボイスを提供しています。Murfはまた、アフリカ系アメリカ人、イギリス人、オーストラリアの英語のような海外の声をもたらすために、音声俳優と提携することにより、より多様なアクセントをもたらすことに取り組んでいます。

Murf’s AI-powered text-to-speech can also learn from contextual information to return the right responses. The founders describe Murf as an “all-in-one-voice solution” that enables users to add images, videos and background music. It also has features for pronunciation using the international phonetic alphabet (IPA), voice customizations that change users’ pitch, pause, emphasis and speed.

MURFのAI駆動のテキストからスピーチは、文脈情報から学習して、正しい応答を返すこともできます。創業者は、ユーザーが画像、ビデオ、バックグラウンドミュージックを追加できるようにする「オールインワンボイスソリューション」とMurfを説明しています。また、国際的な音声アルファベット(IPA)を使用した発音の機能、ユーザーのピッチを変更する音声カスタマイズ、一時停止、強調、速度もあります。

Murf makes money through a subscription plan for its services. It came out of beta testing in January 2021, and over the last 18 months, has grown 22x in ARR and synthesized over one million voiceover project to date.

Murfは、サービスのサブスクリプションプランを通じてお金を稼ぎます。2021年1月にベータテストから出て、過去18か月間でARRで22倍に成長し、これまでに100万個以上のナレーションプロジェクトを合成しました。

Edkie said that Murf’s main competitors are the large tech and cloud companies, like Google, Amazon, Polly and Microsoft, who have the leading text to speech platforms in the market. Murf sets itself apart with natural sounding AI voices that also support multiple accents and styles. 

Edkieは、Murfの主な競合他社は、Google、Amazon、Polly、Microsoftなどの大規模なハイテク企業とクラウド企業であり、市場にスピーチプラットフォームの主要なテキストを持っていると述べました。Murfは、複数のアクセントとスタイルもサポートする自然な響きのAI声で際立っています。

“Going beyond a simple text to speech tool, our platform offers the ability for users to add images, videos, presentations, and to the voiceover, include background music and sync them altogether to create compelling content,” said Edkie. Murf’s AI-powered TTS can also learn from large amounts of contextual information to create contextual speech. For example, it has an in-built context awareness that can recognize common used entity formats like numbers, currencies, percentages, addresses, dates and times, reducing their randomness and bringing them closer to a predefined standard, Edkie added. 

「シンプルなテキストからスピーチツールを超えて、当社のプラットフォームは、ユーザーが画像、ビデオ、プレゼンテーションを追加し、ボイスオーバーにバックグラウンドミュージックを含め、魅力的なコンテンツを作成するためにそれらを完全に同期することができるようにすることができます」とEdkie氏は述べています。MURFのAI駆動のTTSは、コンテキストスピーチを作成するために、大量のコンテキスト情報から学習することもできます。たとえば、数字、通貨、パーセンテージ、アドレス、日付と時刻などの一般的な使用されているエンティティ形式を認識できる組み込みのコンテキスト認識があり、ランダム性を低減し、事前定義された標準に近づけるとEdkieは付け加えました。

In a prepared statement, Elevation Capital co-managing partner Mukul Arora said, “AI-driven, life-like voiceovers are the next frontier in the text to speech market. Murf, with their stellar founding team and unique IP, is perfectly poised to gain a leadership position in this space. Their execution prowess and tech-first focus is evident in the solid traction and growth that they’ve demonstrated so far. We are really excited to double down on our  partnership with Murf.”

準備された声明の中で、Elevation Capitalの共同管理パートナーであるMukul Arora氏は次のように述べています。Murfは、恒星の設立チームとユニークなIPで、この分野でリーダーシップの地位を獲得する準備ができています。彼らの実行能力と技術第一の焦点は、彼らがこれまでに実証した堅実な牽引力と成長に明らかです。MURFとのパートナーシップを倍増できることを本当に楽しみにしています。」

5 questions for venture capital in Q3 2022

2022年第3四半期のベンチャーキャピタルに関する5つの質問

\

元記事

5 questions for venture capital in Q3 2022

Newsカテゴリの最新記事