【海外ITニュース速報】キティホーク、ラリーペイジに支えられた電気航空機のムーンショットがシャットダウンしています

【海外ITニュース速報】キティホーク、ラリーペイジに支えられた電気航空機のムーンショットがシャットダウンしています

Kitty Hawk, the electric aircraft moonshot backed by Larry Page, is shutting down

キティホーク、ラリーペイジに支えられた電気航空機のムーンショットがシャットダウンしています

要約(英語):

Kitty Hawk, the electric aviation startup founded and led by Sebastian Thrun and backed by Google Co-founder Larry Page, is shutting down operations. "We have made the decision to wind down Kitty Hawk. We're still working on the details of what's next," the company said in a tweet. Kitty Hawk built and flew 111 aircraft and conducted more than 25,000 successful crewed and uncrewed flights with its fleet. However, that program was shuttered in June 2020. About 70 employees were laid off.

要約(日本語):

Sebastian Thrunが設立および率い、Googleの共同設立者Larry Pageが支援した電気航空のスタートアップであるKitty Hawkは、操業を停止しています。「私たちはキティホークを倒すことを決定しました。私たちはまだ次のものの詳細に取り組んでいます」と同社はツイートで述べました。キティホークは111機の航空機を建設して飛行し、25,000を超える成功した乗組員と非白信仰者のフライトを艦隊で実施しました。しかし、そのプログラムは2020年6月に閉鎖されました。約70人の従業員が解雇されました。

本文:

Kitty Hawk, the electric aviation startup founded and led by the “godfather of self-driving cars” Sebastian Thrun and backed by Google co-founder Larry Page, is shutting down.The company said in a tweet and on a post in LinkedIn that it was winding down operations.“We have made the decision to wind down Kittyhawk.

キティホークは、「自動運転車のゴッドファーザー」セバスチャンスルンによって設立され、グーグルの共同設立者であるラリーペイジに支援されたエレクトリックアビエーションスタートアップであると主導しています。「私たちはキティホークを倒すことを決定しました。

We’re still working on the details of what’s next,” the posts on social media read.We have made the decision to wind down Kittyhawk.

ソーシャルメディアの投稿は、まだ次のものの詳細に取り組んでいます。キティホークを倒すことを決定しました。

We're still working on the details of what's next.— Kittyhawk (@kittyhawkcorp) September 21, 2022Efforts to reach Thrun or a company spokesperson have been unsuccessful.

私たちはまだ次のものの詳細に取り組んでいます。

TechCrunch will update the article if more information is provided.Kitty Hawk was founded by in 2010 Thrun with backing from Page.

TechCrunchは、より多くの情報が提供されている場合、記事を更新します。KittyHawkは、2010年にページからのバッキングでThrunによって設立されました。

Page had tapped Thrun, a longtime friend and adviser who co-founded X, the Alphabet moonshot factory, to lead the company. Kitty Hawk operated largely in secret for years — except for the occasional media scoop — until the middle of the decade when it introduced its Flyer aircraft.

ペイジは、XであるAlphabet Moonshot Factoryを共同設立した長年の友人で顧問のThrunをタップし、会社を率いていました。キティホークは、時折メディアスクープを除いて、長年にわたって秘密に運営されていましたが、それがチラシ航空機を導入した10年半ばまで。

The single-seater, all-electric, vertical take-off and landing vehicle was the company’s inaugural moonshot to develop an ultralight electric flying car designed for anyone to use. Kitty Hawk built and flew 111 aircraft and conducted more than 25,000 successful crewed and uncrewed flights with its fleet.

シングルシーター、全電気、垂直の離陸および着陸車両は、誰でも使用できるように設計された超軽量の電気飛行車を開発するための同社の最初のムーンショットでした。キティホークは111機の航空機を建設して飛行し、25,000を超える成功した乗組員と非白信仰者のフライトを艦隊で実施しました。

However, that program was shuttered in June 2020 — and about 70 employees were laid off — to make room for Heaviside, a more capable, quieter and once-secret electric aircraft that could fly and land anywhere autonomously.

しかし、そのプログラムは2020年6月に閉鎖され、約70人の従業員が解雇されました。

Heaviside had been in development since 2015, but it wasn’t revealed publicly until the 2019 TechCrunch Disrupt conference.Sebastian Thrun of Kitty Hawk at TechCrunch Disrupt SF 2019 on October 3, 2019. Image credits: TechCrunchKitty Hawk had at least one other public project called Cora, a two-person, autonomous flying taxi that was initially revealed in 2018. Cora was spun off in late 2019 into a joint venture with Boeing.

Heavisideは2015年から開発中でしたが、2019年のTechCrunchのCitty HawkのSebastian Thrunが2019年10月3日にSF 2019を破壊するまで公開されていませんでした。2018年に最初に明らかにされた2人の自律的な飛行タクシーであるCoraと呼ばれます。Coraは2019年後半にボーイングとの合弁会社に紡がれました。

The joint venture, now named Wisk, is trying to develop and commercialize electric, self-flying air taxis.

現在Wiskという名前の合弁事業は、電気的で自動飛行する航空タクシーの開発と商業化を試みています。

In early 2022, Boeing invested another $450 million into Wisk.With Flyer shuttered and Cora spun off, Kitty Hawk’s only mission was Heaviside and reportedly another larger version of the aircraft.

2022年初頭、ボーイングはさらに4億5,000万ドルをウィスクに投資しました。フライヤーがシャッターされ、コーラがスピンオフされたため、キティホークの唯一のミッションはヘビサイドであり、伝えられるところによれば別の大型バージョンの航空機でした。

HVSD, which is named after renowned physicist and electrical engineer Oliver Heaviside, is Kitty Hawk’s third act.While the program progressed, competitors like Beta Technologies, Joby Aviation, Lilium and Volocopter popped up and made progress as well.

HVSDは、有名な物理学者であり電気エンジニアであるOliver Heavisideにちなんで名付けられましたが、Kitty Hawkの3番目のACTです。プログラムが進行している間、ベータテクノロジー、Joby Aviation、Lilium、Volocopterなどの競合他社がポップアップして進歩しました。

Internal strife between Thrun and Heaviside program lead, physicist and electrical engineer Damon Vander Lind, added to the pressure.

ThrunとHeavisideプログラムのリード、物理学者、電気技術者のDamon Vander Lindの間の内部争いが圧力に追加されました。

Lind was fired in May 2021, Forbes reported at the time.Kitty Hawk hit another milestone in 2021 when it demonstrated a beyond-visual-line-of-sight flight in Ohio.

リンドは2021年5月に解雇され、フォーブスは当時報告しました。キッティホークは2021年にオハイオ州で視覚を超えた視線の飛行を実証したときに別のマイルストーンを打った。

The demo was part of a joint effort with the FAA, the Air Force and SkyVision, a ground-based radar service.

デモは、地上ベースのレーダーサービスであるFAA、空軍、スカイビジョンとの共同努力の一部でした。

By then, the company had built more than 16 H2 vehicles.By 2022, however, the mission was less clear.

それまでに、同社は2022年までに16個以上のH2車両を建設していましたが、ミッションはそれほど明確ではありませんでした。

Sources told TechCrunch that Kitty Hawk was working on Heaviside in 2022. However, its website hinted at another stage for the company.

情報筋はTechCrunchに、Kitty Hawkは2022年にHeavisideに取り組んでいたと語った。しかし、そのウェブサイトは会社の別の段階を示唆した。

Kitty Hawk said it was working on its first commercial air taxi, a vehicle built off of the H2 platform that would be small, light and quiet and remotely piloted.

Kitty Hawkは、小規模、軽く、静かでリモートでパイロットされるH2プラットフォームから建てられた車両である最初の商用航空タクシーに取り組んでいると言いました。

\

元記事

Kitty Hawk, the electric aircraft moonshot backed by Larry Page, is shutting down

Newsカテゴリの最新記事