【海外ITニュース速報】ベルリンのKaiko Systemsは、海上技術作戦を支援するために200万ユーロをネットしますペーパーレス

【海外ITニュース速報】ベルリンのKaiko Systemsは、海上技術作戦を支援するために200万ユーロをネットしますペーパーレス

Berlin's Kaiko Systems nets €2M to help maritime technical operations go paperless

(ベルリンのKaiko Systemsは、海上技術作戦を支援するために200万ユーロをネットしますペーパーレス)

要約(英語):

Berlin-based startup Kaiko Systems is trying to digitize operations on commercial vessels, CEO Fabian Fussek said. The startup has done over 10,000 inspections for roughly 250 vessels around the world. Its built-in artificial intelligence can verify data plausibility and flag issues to onshore teams, he added. Around 90% of the world's traded goods are carried over the ocean, Fussek added.

要約(日本語):

ベルリンを拠点とするスタートアップKaiko Systemsは、商業船の運用をデジタル化しようとしている、とCEOのFabian Fussek氏は述べています。スタートアップは、世界中の約250隻の船について10,000を超える検査を行っています。組み込みの人工知能は、データの妥当性と陸上チームのフラグの問題を検証することができると彼は付け加えた。世界の取引商品の約90%が海の上に運ばれている、とFussekは付け加えた。

本文

From healthcare to manufacturing, traditional industries have been getting a digital makeover over the past decade. But some sectors have been left behind. Maritime shipping, argued Fabian Fussek, CEO and co-founder of Kaiko Systems, is the “last frontier of digitzation.”

ヘルスケアから製造まで、従来の産業は過去10年間でデジタル変身を獲得してきました。しかし、一部のセクターは取り残されています。Kaiko SystemsのCEO兼共同設立者であるFabian Fussekは、「Digitzationの最後のフロンティア」であると主張した海事海運は、

Kaiko Systems is a Berlin-based startup trying to digitize operations on commercial vessels. Around 90% of the world’s traded goods are carried over the ocean, but an industry with such a pivotal role in the global economy is still heavily reliant on pens, paper, and Excel, noted Fussek, a former Deloitte consultant. The manual process means maintenance and inspection on ships are costly, inefficient and prone to human errors, he added.

Kaiko Systemsは、商業船の運用をデジタル化しようとするベルリンを拠点とするスタートアップです。世界経済において極めて重要な役割を果たしている産業は、世界の取引商品の約90%が海上に運ばれています。手動プロセスは、船舶のメンテナンスと検査が費用がかかり、非効率的で、人間の誤りが生じやすいことを意味します、と彼は付け加えました。

Kaiko Systems, which Fussek founded in 2020 with Eddy del Valle, the former CTO of freight forwarding unicorn Sennder, provides a smartphone-based tool for front-line workers and inspectors to collect operational data onboard. In turn, Kaiko’s built-in artificial intelligence can verify data plausibility in a timely manner and flag issues to onshore teams. For example, when the system finds a newly implemented part that’s the cause of a breakdown in the ship, it can identify all the other vessels that might be subject to the same vulnerability.

Fussekが2020年に設立されたKaiko Systemsは、元CTOのUnicorn Sennderの元CTOであるEddy Del Valleとともに、最前線の労働者と検査官が船内で運用データを収集するためのスマートフォンベースのツールを提供します。次に、Kaikoの組み込みの人工知能は、データの妥当性をタイムリーな方法で検証し、陸上チームにフラグを立てることができます。たとえば、システムが船の故障の原因である新しく実装された部分を見つけた場合、同じ脆弱性の影響を受ける可能性のある他のすべての船舶を識別できます。

While Fussek declined to share the firm’s financial performance, the CEO said the markup is “very positive” and the startup is “on a strong path to profitability.” So far the company has done over 10,000 inspections for roughly 250 vessels around the world. Some of its more reputable customers include Columbia Shipmanagement, one of the world’s largest privately-owned shipping companies, Marlow Navigation, USC Barnkrug, CTM, and The Asian Spirit Steamship Company.

Fussekは会社の財務パフォーマンスを共有することを拒否しましたが、CEOはマークアップは「非常に前向き」であり、スタートアップは「収益性への強い道を進んでいる」と述べました。これまでのところ、同社は世界中の約250隻の船について10,000を超える検査を行ってきました。より評判の良い顧客には、世界最大の個人所有の海運会社の1つであるMarlow Navigation、USC Barnkrug、CTM、およびAsian Spirit Steamship Companyの1つであるColumbia Shipmanagementが含まれます。

The early traction is what helped the startup close a €2 million seed funding round backed by industry giants. Investors include Schoeller Holdings, the parent company behind Columbia Shipmanagement, Vineta Ventures, A round Capital, Flagship Founders, and industry veterans Clasen Rickmers, managing partner at The Asian Spirit Steamship Company, and Justus Kniffka, managing director and CEO at shipping company Hanseatic Lloyd.

初期の牽引力は、スタートアップが業界の巨人に裏付けられた200万ユーロのシード資金調達ラウンドを閉鎖するのに役立ったものです。投資家には、シェーラー・ホールディングス、コロンビア造船所の背後にある親会社、ヴィネタ・ベンチャーズ、ラウンド・キャピタル、旗艦の創設者、業界の退役軍人であるクレイゼン・リックマーズ、アジアスピリット・スピリットシップ・カンパニーのマネージング・パートナー、そして海運会社のhanseatic lloyd。

As to why ocean shipping came late to digitization, Fussek reckoned that margins in the industry were too thin until recently. The average cost of shipping a standard large container reached $10,000 in 2021, but from 2015 to 2020, the number largely trended below $2,000. The spike in cost was in part due to an increase in global consumption, ports shut down by COVID-19, and supply chain disruptions during the outbreak, the founder explained.

海洋輸送がデジタル化に遅れた理由について、フッセクは、最近まで業界のマージンが薄すぎると考えていました。標準的な大型コンテナの出荷の平均コストは2021年に10,000ドルに達しましたが、2015年から2020年にかけて、その数は大部分が2,000ドルを下回りました。コストの急増は、世界的な消費の増加、Covid-19によるポートが閉鎖され、アウトブレイク中のサプライチェーンの混乱が原因であることが原因であると、創設者は説明しました。

“Shipping companies finally made their long-overdue investment in digitization,” said Fussek. Aside from having extra cash to spend on boosting productivity, COVID-induced travel disruptions also made digitization all the more urgent as inspectors can’t travel from ship to ship easily in person.

「海運会社はついにデジタル化に長い間延期された投資をしました」とフッセクは言いました。生産性の向上に費やすために余分な現金を持っていることは別として、Covid誘発性の旅行の混乱は、検査官が船から簡単に船から簡単に船に旅行できないため、デジタル化をさらに緊急にしました。

With its new capital infusion, Kaiko Systems plans to grow its team, improve its software solution and expand into new markets beyond its current footprint in Germany, Greece, and East Asia. Fussek believed scaling across geographies would not be particularly challenging thanks to ocean freights’ high degree of standardization. The company employs ten people around the world and plans to double its headcount in the coming months.

Kaiko Systemsは、新しい資本注入により、チームを成長させ、ソフトウェアソリューションを改善し、ドイツ、ギリシャ、東アジアの現在のフットプリントを超えて新しい市場に拡大する予定です。Fussekは、地域全体のスケーリングは、海洋貨物の高度な標準化のおかげで特に挑戦的ではないと考えていました。同社は世界中の10人を雇用しており、今後数か月での人員を2倍にする予定です。

Nigeria’s OnePort 365 lands $5M to digitize freight management in Africa

ナイジェリアのワンポート365土地アフリカの貨物管理をデジタル化するために500万ドル

元記事
https://techcrunch.com/2022/09/21/berlins-kaiko-systems-nets-e2m-to-help-maritime-technical-operations-go-paperless/

Newsカテゴリの最新記事