【海外ITニュース速報】Atlantic Generalは、Softbankから約1億5,200万ドル相当の株を購入(2年前は2 億 1,500 万ドルの評価額)

【海外ITニュース速報】Atlantic Generalは、Softbankから約1億5,200万ドル相当の株を購入(2年前は2 億 1,500 万ドルの評価額)

General Atlantic buys out SoftBank's 15% stake in edtech Kahoot, now valued at about $152M vs the $215M SoftBank ponied up 2 years ago

(Atlantic Generalは、SoftbankのEdtech Kahootの15%の株式を購入します。現在、約1億5,200万ドルと評価されています。)

要約(英語):

Kahoot, the Norwegian startup that provides a popular platform for people to build and use education-focused games, announced that General Atlantic is buying out its 15% stake in the company. The company sunk at least $215 million into the company in the last several years. However, 15% of Kahoot's current market cap works out to about $152 million. Notably, SoftBank is exiting at a loss.

要約(日本語):

人々が教育に焦点を当てたゲームを構築して使用するための人気のあるプラットフォームを提供するノルウェーのスタートアップであるKahootは、大西洋将軍が会社の15%の株式を買収していると発表しました。同社は、過去数年間で少なくとも2億2,500万ドルを会社に沈めました。ただし、Kahootの現在の時価総額の15%は約1億5,200万ドルになります。特に、SoftBankは途方に暮れています。

本文

SoftBank’s retreat from its past investing exuberance continues apace. This morning, Kahoot, the Norwegian startup that provides a popular platform for people to build and use education-focused games, announced that General Atlantic is buying out SoftBank’s entire 15% stake in the company. SoftBank is exiting at a loss. The firm sunk at least $215 million into the company in the last several years. However, 15% of Kahoot’s current market cap (10.415 billion Norwegian Krone) works out to about $152 million (1,562,250,000 NOK).

過去の投資の活気からのソフトバンクのリトリートは、APACEを続けています。今朝、人々が教育に焦点を当てたゲームを構築して使用するための人気のあるプラットフォームを提供するノルウェーのスタートアップであるKahootは、Atlantic将軍がSoftbankの15%の株式全体を会社に買い取っていると発表しました。SoftBankは途方に暮れています。同社は、過去数年間で少なくとも2億2,500万ドルを会社に沈めました。ただし、Kahootの現在の時価総額(10.415億ノルウェーKrone)の15%は約1億5200万ドル(1,562,250,000 NOK)になります。

This looks like an all-secondary round: no new investment coming in alongside the buyout. (We’re confirming this with Kahoot and will update as we learn more.) “Kahoot plans to partner with General Atlantic to accelerate further growth initiatives, drive innovation, and expand its global footprint in homes, schools, and corporations,” the company said in a statement.

これは全米ラウンドのように見えます。バイアウトと一緒に新しい投資はありません。(私たちはこれをKahootで確認しており、詳細を学ぶにつれて更新します。)「Kahootは、General Atlanticと提携して、さらなる成長イニシアチブを加速し、イノベーションを推進し、家庭、学校、企業でのグローバルなフットプリントを拡大する予定です」声明で言った。

Nevertheless, the deal comes as Kahoot, like many other tech companies, continues to feel the pinch of the general downturn in technology stocks and the wider technology market. A year ago, its shares were trading at 70.25 NOK on the Oslo Stock Exchange. They are now worth only 22.77 NOK. And that is with a bump of nearly 27% that Kahoot had this morning on the news of the investment/divestment.

それにもかかわらず、この取引は、他の多くのハイテク企業と同様に、Kahootがテクノロジー株の一般的な景気後退とより広いテクノロジー市場のピンチを感じ続けているためです。1年前、その株式はオスロ証券取引所で70.25ノックで取引されていました。現在、22.77ノックの価値があります。そして、それは、投資/売却のニュースで今朝、Kahootが持っていた27%近くのバンプを持っています。

SoftBank, meanwhile, has been in hot water itself, facing up to big losses in its splashy Vision Fund investment vehicles on the back of those wider tech industry doldrums. In August, Vision Fund I reported a loss of over $17 billion for just one quarter (Q1). Vision Fund 2 is reportedly down in value by some 19% on the funds that have been invested so far. Amid layoffs and big executive changes, no surprise, then, that it is now divesting stakes that are underperforming. (It’s still working on a Vision Fund 3 though, so never say die in the world of tech.)

一方、SoftBankはお湯自体にあり、より広いハイテク業界の低迷の裏にある派手なビジョンファンドの投資手段で大きな損失に直面しています。8月、Vision Fund Iは、わずか4分の1(第1四半期)で170億ドル以上の損失を報告しました。Vision Fund 2は、これまでに投資されてきた資金で約19%下落していると伝えられています。レイオフと大きなエグゼクティブの変化の中で、驚くことではありませんが、今ではパフォーマンスの低い利害関係を売却しています。(まだVision Fund 3に取り組んでいるので、テクノロジーの世界で死ぬとは決して言いません。)

“We are very grateful to SoftBank for their partnership over the past two years. As Kahoot! continues to pursue its mission to improve lifelong learning by building a leading global learning and engagement platform, we are thrilled to add a partner of General Atlantic’s caliber,” Eilert Hanoa, CEO of Kahoot, said in a statement. “The team at GA brings deep experience in scaling global education technology and software businesses and positioning market leaders for long-term success, and we look forward to our next phase of momentum in empowering the learning ecosystem around the world.”

「過去2年間のパートナーシップについて、ソフトバンクに非常に感謝しています。カフートとして!主要なグローバルな学習とエンゲージメントプラットフォームを構築することで生涯学習を改善するという使命を追求し続けています。私たちは、大西洋将軍の口径のパートナーを追加することに興奮しています」と、KahootのCEOであるEilert Hanoaは声明で述べています。「GAのチームは、グローバルな教育技術とソフトウェアビジネスを拡大し、市場リーダーを長期的に成功させるために深い経験を積んでおり、世界中の学習エコシステムに力を与えるという次の勢いの段階を楽しみにしています。」

“We believe Kahoot has significant potential for further growth as digital learning solutions continue to be adopted across its work, school, and home markets,” added Chris Caulkin, managing director and head of technology for EMEA at General Atlantic. “With its much-loved brand, product-centric approach, and engaged global user base, Kahoot is well positioned to scale, and we look forward to supporting Eilert and the full Kahoot! team in the years to come as they reach and engage ever more users worldwide.” General Atlantic and SoftBank have partnered on many deals in the past, so there was clearly already a relationship between the two and that may have played a factor here as well.

「Kahootは、作業、学校、および在宅市場全体でデジタル学習ソリューションが引き続き採用され続けているため、さらなる成長の可能性があると考えています」と、AtlanticのEMEAのマネージングディレクター兼テクノロジー責任者であるChris Caulkin氏は付け加えました。「非常に愛されているブランド、製品中心のアプローチ、およびエンゲージメントグローバルユーザーベースにより、Kahootはスケーリングに適しています。エイレートとフルカフートのサポートを楽しみにしています!チームが到達し、世界中でより多くのユーザーに到達し、関与するにつれて、チーム。」アトランティック将軍とソフトバンクは、過去に多くの取引で提携してきたので、明らかに2つの間にはすでに関係があり、それもここでもその要因を果たしている可能性があります。

To be fair, since SB Northstar (the SoftBank Group fund making the investment) made its first investment in Kahoot nearly two years ago, in October 2020, Kahoot has grown a lot. It had 1.3 billion users (“participating players”) at that time; now that number is 8 billion.

公平を期すために、SB Northstar(SoftBank Group Fundが投資を行っている)が2年近く前にKahootに最初の投資を行ったため、2020年10月にKahootは大きく成長しました。当時、13億人のユーザー(「参加プレイヤー」)がいました。現在、その数は80億です。

What started as a “YouTube for education”- style model (big emphasis on user-created content and a way of using what you have made for yourself or your own learning group, but also dipping in and using material made by others) has worked to diversify deeper into enterprise and more. It said today that Kahoot! at Work is used in 97% of Fortune 500 companies for corporate learning and engagement, and that Kahoot! at School is used by approximately 9 million teachers in the classroom. And Kahoot! at Home & Study has more than 18 million users as an “at-home gamified learning solution.”

「教育のためのYouTube」として始まったもの - スタイルモデル(ユーザーが作成したコンテンツに重点を置いており、自分や自分の学習グループのために作ったものを使用する方法ですが、他の人が作った素材を浸したり使用したりすることもできます)企業やその他のより深く多様化する。それは今日、カフートだと言った!職場では、フォーチュン500企業の97%で企業の学習とエンゲージメント、そしてそのKahoot!学校では、教室で約900万人の教師が使用しています。とカフー!Home&Studyには、「在宅のゲーミング化学習ソリューション」として1800万人以上のユーザーがいます。

Indeed, the company went large during the COVID-19 pandemic, doubling down on being one of the platforms to help fill the gap of amusement and engagement for students who were no longer in classrooms; and ditto for remote workers as a way of team building and more.

実際、同社はCovid-19のパンデミック中に大きくなり、教室にいない学生の娯楽と関与のギャップを埋めるためにプラットフォームの1つであることを倍増させました。そして、チームビルディングなどの方法としてのリモートワーカーのために。

But as with many companies that found business ballooning because of market conditions, now as more people return to the office, students are back in the classroom, and generally budgets are all being reined in in the current economic climate, it will be having an effect on Kahoot as well.

しかし、市場の状況のためにビジネスバルーンを見つけた多くの企業と同様に、今ではより多くの人々がオフィスに戻ってきて、学生が教室に戻ってきて、一般的に予算はすべて現在の経済情勢で抑制されています。Kahootでも。

元記事
https://techcrunch.com/2022/09/16/kahoot-softbank-general-atlantic/

Newsカテゴリの最新記事