【海外ITニュース速報】中国は核融合に使用できる月の鉱物を発見します

【海外ITニュース速報】中国は核融合に使用できる月の鉱物を発見します

China Discovers Mineral on the Moon That Could be Used for Nuclear Fusion

(中国は核融合に使用できる月の鉱物を発見します)

要約(英語):

China's Chang'e-5 mission in 2020 returned the first lunar samples since the end of the Apollo program in 1976. The transparent crystal has a diameter smaller than a human hair and is believed to have formed about 1.2 billion years ago when the region explored by Chang'e-5 was still volcanically active. The mineral has been named Changesite—(Y) after the moon goddess that gave the rover its name. Notably, China is the third nation after the US and Soviet Union to return lunar material to Earth

要約(日本語):

2020年の中国のChang'e-5ミッションは、1976年のApolloプログラムの終わり以来、最初の月のサンプルを返しました。透明な結晶は人間の髪よりも狭い直径を持ち、地域が探索した約12億年前に形成されたと考えられています。Chang'e-5はまだ火山性が活発でした。ミネラルは、ロバーにその名前を与えた月の女神にちなんで、変化と名付けられました。特に、中国は米国とソビエト連邦の後の第三の国であり、月の材料を地球に戻す

本文

The moon is our nearest celestial neighbor and the only body aside from Earth where humans have ever set foot, but there’s still a great deal we don’t know about it. China’s Chang’e-5 mission in 2020 returned the first lunar samples since the end of the Apollo program in 1976, and scientists now report the discovery of a new mineral in the payload. Even more interesting, the tiny crystallized mineral could also be the key to generating energy through nuclear fusion. 

月は私たちの最も近い天の隣人であり、人間が足を踏み入れたことがある地球以外の唯一の体ですが、まだ私たちがそれについて知らないことはまだありません。2020年の中国のChang’e-5ミッションは、1976年のApolloプログラムの終了以来、最初の月のサンプルを返し、科学者は現在、ペイロードにおける新しい鉱物の発見を報告しています。さらに興味深いことに、小さな結晶化されたミネラルは、核融合を介してエネルギーを生成するための鍵となる可能性があります。

Chang’e-5 landed on the moon on Dec. 1, 2020, just a few days after it launched from China’s Hainan Island space center. The rover wasted no time, collecting 3.7 pounds (1.7 kilograms) of lunar regolith over the next two Earth days. The samples were loaded into an ascent vehicle and sent back to Earth on Dec. 3, landing on Dec. 16. This made China the third nation after the US and Soviet Union to return lunar material to Earth. 

Chang’e-5は、中国の海南島宇宙センターから発売されてからわずか数日後、2020年12月1日に月に着陸しました。ローバーは時間を無駄にし、次の2日間で3.7ポンド(1.7キログラム)の月のレゴリスを集めました。サンプルは上昇車両に積み込まれ、12月3日に着陸し、12月3日に地球に送り返されました。

Chinese scientists now report the discovery of a novel mineral in those samples. The transparent crystal has a diameter smaller than a human hair, and it is believed to have formed about 1.2 billion years ago when the region explored by Chang’e-5 was still volcanically active. The mineral has been named Changesite—(Y) after the same moon goddess that gave the rover its name. 

現在、中国の科学者は、これらのサンプルにおける新規鉱物の発見を報告しています。透明な結晶は、人間の髪よりも小さい直径があり、Chang’e-5が探索した地域がまだ火山性に活発であったとき、約12億年前に形成されたと考えられています。ミネラルは、(y)ローバーにその名前を与えた同じ月の女神にちなんで変更されました。

According to Chinese state media, the Chinese Atomic Energy Authority has confirmed the presence of helium-3 inside the crystal. This isotope of helium is rare on Earth, but scientists (and science-fiction authors) have long speculated it could be present in significant amounts on the moon. Compared with other forms of the element, helium-3 produces fewer radioactive byproducts when going through fusion. That makes it appealing as a fuel source for fusion power generation, a still-theoretical way to generate energy in the same way stars do. The technology to sustain fusion on Earth is still elusive, but access to helium-3 could help get us there. 

中国の国営メディアによると、中国の原子エネルギー当局は、結晶内のヘリウム3の存在を確認しています。このヘリウムの同位体は地球上ではまれですが、科学者(およびサイエンスフィクションの著者)は、それが月にかなりの量で存在する可能性があると長い間推測してきました。他の形態の元素と比較して、Helium-3は、融合を通過するときに放射性副産物が少なくなります。それは、星の発電のための燃料源として魅力的であり、星が同じようにエネルギーを生成するためのまだ理論的な方法です。地球上の融合を維持する技術はまだとらえどころのないものですが、ヘリウム3へのアクセスは私たちをそこに連れて行くのに役立ちます。

Like the US and other spacefaring nations, China has expressed interest in mining resources on the moon. That mostly focuses on in-situ resource utilization, an approach to space exploration where missions collect materials at the destination to reduce what they need to bring from Earth. However, if Changesite—(Y) turns out to be present in sizable deposits on the moon, it could be mined as a source of helium-3 and shipped back to Earth. We have a long way to go before that happens, though.

米国や他の宇宙船国家と同様に、中国は月の採掘資源に関心を示しています。これは主に、地球のリソースの利用に焦点を当てています。これは、地球からもたらすものを減らすためにミッションが目的地で資料を収集する宇宙探査へのアプローチです。しかし、変化 - (y)が月のかなりの堆積物に存在することが判明した場合、それはヘリウム3の源として採掘され、地球に戻ることができます。ただし、それが起こる前に長い道のりがあります。

元記事
https://www.extremetech.com/?p=339600

Newsカテゴリの最新記事