【海外ITニュース速報】激しい競争:誰がインテリジェントオートメーションアームレースで優勝できるか

【海外ITニュース速報】激しい競争:誰がインテリジェントオートメーションアームレースで優勝できるか

Fierce competition: Who could win the intelligent automation arms race

(激しい競争:誰がインテリジェントオートメーションアームレースで優勝できるか)

要約(英語):

Microsoft, UiPath and Blue Prism will be competing for the top spot in the metaverse technology summit on October 4 in San Francisco, CA. The summit will bring together thought leaders to give guidance on how metaverse technology will transform the way all industries communicate and do business. Microsoft and Automation Anywhere will be competing for the top spot in the market for robotic process automation. The summit will be held in partnership with Gartner

要約(日本語):

Microsoft、Uipath、Blue Prismは、10月4日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催されたMetaverse Technology Summitのトップスポットを競います。このサミットは、Sound Leadersを集めて、すべての業界がコミュニケーションとビジネスを行う方法をメタバーステクノロジーがどのように変えるかについてガイダンスを提供します。MicrosoftとAutomation Anywhereは、ロボットプロセスオートメーションの市場のトップスポットを競い合います。サミットはガートナーと協力して開催されます

本文

There is a quiet yet fierce battle being fought by technology heavyweights. They want to consolidate the exponentially increasing RPA (robotic process automation) market and the sizable investments users are making, which continue to grow. According to recent research, organizations on average spend $480,000 on RPA annually, with those in the highest tier spending well over $1 million on automation every year.

テクノロジーのヘビー級によって戦われている静かで激しい戦いがあります。彼らは、RPA(ロボットプロセスの自動化)市場と、ユーザーが行っているかなりの投資を増やしているように増加しているRPA(ロボットプロセス自動化)市場を統合したいと考えています。最近の調査によると、組織は平均して毎年RPAに480,000ドルを費やしており、最も高いティアにあるものは毎年自動化に100万ドルをはるかに超えて費やしています。

With a market of that size and all indications being that automation will only get bigger, it’s no wonder the likes of Microsoft have entered the fray to duke it out with perennial leaders Automation Anywhere, UiPath and Blue Prism, raising the question: Who will come out on top?

そのサイズの市場とすべての兆候は、自動化が大きくなるだけであるということです。Microsoftのような人たちが、どこでも多年生のリーダーの自動化、Uipath、Blue Prism、質問を提起するためにそれを公開するために争いに参加したのも不思議ではありません。上に?

Since Gartner released its first Magic Quadrant for the upstart RPA software segment in 2019, the same runaways have occupied the coveted “leaders” spot, jockeying for position like thoroughbreds coming down the main straight at Churchill Downs. From our seat at the finish line, Microsoft might have gotten off to a late start, but it’s coming on strong as some of its competitors wane and tire. It’s shaping up to be a two-horse race where Microsoft and Automation Anywhere are galloping away from the pack. 

Gartnerが2019年にUpstart RPAソフトウェアセグメントの最初の魔法の象限をリリースして以来、同じ暴走が切望された「リーダー」スポットを占領し、チャーチルダウンズのメインストレートに登場するサラブレッドのようなポジションをジョッキングしています。フィニッシュラインの席から、マイクロソフトは遅いスタートを切った可能性がありますが、競合他社の一部が衰えてタイヤが衰えているため、強くなっています。マイクロソフトと自動化がパックから離れてギャロッピングしている2つの馬のレースになりつつあります。

Automation programs have matured. They’re at a stage in their lifecycle where the name of the game is no longer adoption, but rather scale, innovation, cost reduction and more end-to-end automation. In their pursuit of these prioritized objectives, companies are also experimenting with a multi-platform approach where multiple automation tools are used to leverage specialized features, use cases and increased compatibility with enterprise architectures. 

自動化プログラムが成熟しました。彼らは、ゲームの名前がもはや採用ではなく、スケール、イノベーション、コスト削減、およびよりエンドツーエンドの自動化であるライフサイクルの段階にあります。これらの優先目標を追求する際に、企業はまた、複数の自動化ツールを使用して、特殊な機能、ユースケース、およびエンタープライズアーキテクチャとの互換性の向上を活用するマルチプラットフォームアプローチを実験しています。

Moreover, the next evolution of automation will be in the cloud. Where legacy, first-generation RPA tools have stalled, Microsoft’s Power Platform and Automation Anywhere’s Automation 360 deliver feature-rich, cloud-native platforms loaded with next-gen capabilities and a host of other benefits that pique the interest of all CIOs.

さらに、自動化の次の進化はクラウド内にあります。レガシー、第一世代のRPAツールが停滞している場合、MicrosoftのPower Platform and Automation AnywhereのAutomation 360は、次世代の機能と、すべてのCIOの関心をそそる他の多くの利点を備えた機能が豊富なクラウドネイティブプラットフォームを提供します。

Re-platforming entire automation estates to a new platform is challenging and can be expensive because automations in most cases need to be rebuilt anew. These challenges often deter businesses from making a switch. However, there are solutions and providers that can facilitate and accelerate re-platforming automation estates onto a new tool, like Microsoft’s Power Automate which seems to be getting the lion’s share of attention from prospective suitors. 

自動化エステート全体を新しいプラットフォームに再施行することは困難であり、ほとんどの場合自動化を再構築する必要があるため、高価になる可能性があります。これらの課題は、多くの場合、企業が切り替えをすることを阻止します。ただし、MicrosoftのPower Automateのようなリオンの注目を集めているように見えるMicrosoftのPower Automateのような新しいツールに再びプラットフォームの自動化不動産を促進し、加速できるソリューションとプロバイダーがあります。

Microsoft’s Power Platform, a portfolio of next-gen efficiency-based solutions, and its soon-to-be flagship offering Power Automate, are garnering so much support because they hit the spot their target audience cares about the most: their wallets. Microsoft included Power Automate for free with Windows 10. You still have to pay for scheduling and orchestrating automation; however, the pricing model is extremely competitive, with both per-user and per-flow structures, and that’s before you take into account the other forms of cost savings it offers. 

次世代の効率ベースのソリューションのポートフォリオであるMicrosoftのPower Platformと、間もなく旗艦で提供されるPower Automateは、ターゲットオーディエンスが最も気にかけているスポットにヒットしたため、非常に多くのサポートを獲得しています。Microsoftには、Windows 10を使用してPower Automateが無料で含まれていました。スケジューリングとオーケストレーションオートメーションの支払いをお勧めします。ただし、価格設定モデルは非常に競争が激しく、ユーザーごとの構造と流量あたりの構造の両方があり、それが提供する他の形式のコスト削減を考慮する前です。

Because so many organizations already use Microsoft’s suite of products, whether it’s Azure for cloud computing or Office 365 for business apps, Power Automate slides right into existing enterprise architecture so organizations can automate more of their business processes with minimal effort and greater quality. Power Automate’s UX (user experience) and UI (user interface) are also a departure from its very technical and complex competitive predecessors that needed highly skilled technical resources to build even the simplest of automated tasks. Looking to finally deliver on the promise of “citizen developers,” Microsoft, with an intuitive drag-and-drop interface, will continue to make automation more accessible to the average business user.

非常に多くの組織がすでにMicrosoftの製品スイートを使用しているため、クラウドコンピューティング用のAzureであろうとビジネスアプリ用のOffice 365であろうと、Power Automate Slidesは既存のエンタープライズアーキテクチャにスライドしているため、組織は最小限の労力とより大きな品質でより多くのビジネスプロセスを自動化できます。Power AutomateのUX(ユーザーエクスペリエンス)およびUI(ユーザーインターフェイス)は、最も単純な自動タスクを構築するために高度なスキルのある技術リソースを必要とする非常に技術的で複雑な競争前の前任者からの脱却でもあります。最終的に「Citizen Developers」の約束を提供しようとすると、Microsoftは直感的なドラッグアンドドロップインターフェイスを使用して、平均的なビジネスユーザーが自動化をよりアクセスしやすくし続けます。

Close on Microsoft’s heels is a mainstay in the RPA space: Automation Anywhere. Traditionally, Automation Anywhere owned a major slice of the RPA market with its Enterprise 10 and 11 offerings. Now, it’s built the industry’s first cloud-native platform from the ground up, offering what its customers and the whole industry found missing from its flagship and legacy solutions. 

Microsoftのかかとを閉じることは、RPAスペースの主力です。どこでも自動化です。従来、自動化は、エンタープライズ10および11の製品を備えたRPA市場の主要なスライスを所有していました。現在、業界の最初のクラウドネイティブプラットフォームをゼロから構築し、顧客と業界全体が旗艦やレガシーソリューションに欠けていることがわかったものを提供しています。

Beyond its more than 1,000 pre-built automations, Automation Anywhere’s Automation 360 platform presents suitors with a difficult choice when stacked up against Microsoft Power Automate. With a lower cost of ownership because of its cloud infrastructure; a very intuitive UX; built-in machine learning and AI; better security, flexibility and scalability; and a significant shift from UI-centric to API-centric automation, cloud-native Automation 360 makes for a difficult decision for CIOs looking at the two incumbent leaders. 

1,000を超える事前に構築された自動化を超えて、Automation Anywhere's Automation 360 Platformは、Microsoft Power Automateに積み重なったときに求婚者に困難な選択を提供します。クラウドインフラストラクチャのため、所有コストが低くなっています。非常に直感的なUX;組み込み機械学習とAI;より良いセキュリティ、柔軟性、およびスケーラビリティ。また、UI中心からAPI中心の自動化への大幅なシフトであるCloud-Native Automation 360は、CIOが2人の現職のリーダーを検討するために難しい決定を下します。

The future of business process automation is clear: It’s going to become more intelligent. There will be a stark evolution and divergence from automating swivel-chair, repetitive business tasks to leveraging machine learning and artificial intelligence on cloud-native platforms to automate complex, end-to-end business processes. What remains unclear is whom you will choose to get you there. From our vantage point, the choices will most likely come down to Microsoft Power Automate and Automation Anywhere.

ビジネスプロセスの自動化の未来は明らかです。それはよりインテリジェントになるでしょう。スイベルチェアの自動化、繰り返しのビジネスタスクの自動化から、クラウドネイティブプラットフォームで機械学習と人工知能を活用して、複雑でエンドツーエンドのビジネスプロセスを自動化することから、厳しい進化と発散があります。不明確なのは、誰があなたをそこに連れて行くことを選ぶかということです。私たちの有利な点から、選択肢はおそらくどこでもMicrosoft Power Automateと自動化に至るでしょう。

元記事
https://venturebeat.com/automation/fierce-competition-who-could-win-the-intelligent-automation-arms-race/

Newsカテゴリの最新記事