【海外ITニュース速報】YouTubeのショート動画はクリエイターにとってTikTok よりも収益が良い可能性がある

【海外ITニュース速報】YouTubeのショート動画はクリエイターにとってTikTok よりも収益が良い可能性がある

YouTube Shorts could steal TikTok’s thunder with a better deal for creators

(YouTubeのショート動画はクリエイターにとってTikTok よりも収益が良い可能性がある)

要約(英語):

YouTube Shorts is set to announce an ad revenue-sharing model that could revolutionize short-form video. TikTok pays creators through its Creator Fund, a pool of $200 million, unveiled in summer 2020. "You can't get rich on TikTok, because even the most viral creators earn a negligible portion of their income from the platform itself," said Jim Louderback, former CEO of TikTok

要約(日本語):

YouTube Shortsは、ショートフォームビデオに革命をもたらす可能性のある広告収益共有モデルを発表するように設定されています。Tiktokは、2020年夏に発表された2億ドルのプールであるクリエイターファンドを通じてクリエイターを支払います。Louderback、Tiktokの元CEO

本文

The biggest open secret in short-form video has nothing to do with the algorithm. The secret is that you can’t get rich on TikTok, because even the most viral creators earn a negligible portion of their income from the platform itself.

ショートフォームビデオの最大の秘密は、アルゴリズムとは何の関係もありません。秘密は、最もバイラルなクリエイターでさえ、プラットフォーム自体から収入のごくわずかな部分を獲得しているため、ティクトクに金持ちになることはできないということです。

TikTok remains hugely dominant over the copycat short-form video feeds that competing social media giants have spun up in recent years, like Instagram Reels and Snapchat Spotlight. But, according to reports from The New York Times, YouTube Shorts is gearing up to announce an ad revenue-sharing model that could revolutionize short-form video and give TikTok a run for its money — literally.

Tiktokは、InstagramのリールやSnapchat Spotlightなど、競合するソーシャルメディアの巨人が近年回転しているコピーキャットの短編ビデオフィードよりも非常に支配的です。しかし、The New York Timesからの報告によると、YouTube Shortsは、短編ビデオに革命をもたらし、Tiktokにそのお金のために走ることができる広告収益共有モデルを発表するために準備を進めています。

YouTube was arguably the first platform that made it possible for creative people to earn a living by posting interesting content on the internet. In 2007, only three years after YouTube was founded, the platform unveiled its Partner Program, offering creators 55% of the revenue earned from advertisements served before or during their videos.

YouTubeは間違いなく、創造的な人々がインターネットに興味深いコンテンツを投稿することで生計を立てることを可能にした最初のプラットフォームでした。YouTubeが設立されてからわずか3年後の2007年に、プラットフォームはパートナープログラムを発表し、作成者の55%がビデオの前またはビデオ中に提供された広告から得た収益の55%を提供しました。

But TikTok pays creators through its Creator Fund, a pool of $200 million unveiled in summer 2020. At the time, TikTok said it planned to expand that pool to $1 billion in the U.S. over the next three years, and double that internationally.

しかし、Tiktokは、2020年夏に発表された2億ドルのプールであるクリエイターファンドを通じてクリエイターを支払います。当時、ティクトクは、今後3年間でそのプールを米国でそのプールを10億ドルに拡大し、国際的に2倍にすることを計画していたと述べました。

That might sound like a lot of money, but by comparison, YouTube paid creators over $30 billion in ad revenue over the last three years.

それは多くのお金のように聞こえるかもしれませんが、それに比べて、YouTubeは過去3年間で300億ドルを超えるクリエイターを支払いました。

A big reason why TikTok and other short-form video apps haven’t unveiled a similar revenue-sharing program yet is because it’s trickier to figure out how to fairly split ad revenue on an algorithmically-generated feed of short videos. You can’t embed an ad in the middle of a video — imagine watching a 30-second video with an eight-second ad in the middle — but if you place ads between two videos, who would get the revenue share? The creator whose video appeared directly before or after it? Or, would a creator whose video you watched earlier in the feed deserve a cut too, because their content encouraged you to keep scrolling?

Tiktokやその他の短編ビデオアプリが同様の収益共有プログラムを発表していない大きな理由は、短いビデオのアルゴリズム的に生成されたフィードで広告収益を公正に分割する方法を把握するのが難しいためです。ビデオの途中に広告を埋め込むことはできません。中央に8秒の広告がある30秒のビデオを見ることを想像してください。ビデオが直前または直後に登場した作成者?または、あなたがフィードで前半で視聴したビデオもカットに値するのでしょうか?

“We’re still in such early days on how we monetize this stuff, but I am an optimist, and I think that the industry will figure it out,” said Jim Louderback, former CEO of VidCon, in a conversation with TechCrunch this summer. “They’re gonna have to, because otherwise, creators are going to go where the money is.”

「私たちはまだこのようなものを収益化する方法についてこのような初期の頃ですが、私は楽観主義者であり、業界はそれを理解すると思います」とVidconの元CEOであるJim Louderbackは、この夏のTechCrunchとの会話で述べています。。「そうでなければ、クリエイターはお金のある場所に行くので、彼らはそうする必要があります。」

But YouTube might just have figured it out. The company is reportedly set to announce a Partner Program-like ad revenue sharing model on Tuesday at its Made on YouTube event. If the rumors are true, YouTube Shorts creators would get 45% of ad revenue — a smaller cut than they do on YouTube videos, but a substantial upgrade compared to a paltry Creator Fund payout. As Louderback said, creators will follow the money.

しかし、YouTubeはそれを理解しただけかもしれません。同社は、火曜日にYouTubeイベントで行われたパートナープログラムのような広告収益共有モデルを発表する予定です。噂が真実であれば、YouTubeショーツクリエイターは広告収益の45%を獲得します。これは、YouTubeビデオよりも小さいカットですが、わずかなクリエーターファンドの支払いと比較して相当なアップグレードです。ラウダーバックが言ったように、クリエイターはお金に従います。

You can’t get rich on TikTok? What about Charli D’Amelio, who started posting dance videos out of her bedroom in high school and then made $17.5 million in 2021? But that money isn’t coming from TikTok itself. Rather, she and her sister Dixie D’Amelio got rich through massive brand deals, a reality show and venture capital investments. Even the YouTuber MrBeast (Jimmy Donaldson), who out-earned every other creator by making $54 million last year, can’t seem to make good money on TikTok.

ティクトクに金持ちになることはできませんか?高校の寝室からダンスビデオの投稿を始め、2021年に1750万ドルを稼いだCharli D’Amelioはどうですか?しかし、そのお金はティクトク自体から来ていません。むしろ、彼女と妹のディクシー・ダメリオは、大規模なブランド取引、リアリティショー、ベンチャーキャピタル投資を通じて金持ちになりました。昨年5,400万ドルを稼いで他のすべてのクリエイターを獲得したYouTuber Mrbeast(ジミードナルドソン)でさえ、ティクトクで良いお金を稼ぐことはできないようです。

That’s because TikTok’s Creator Fund model simply doesn’t work. The Creator Fund is a static pool of money that is divided each day among users in TikTok’s creator program based on how many views they get — but since the pool doesn’t grow, that means that as TikTok gets bigger, creators earn less money.

それは、TiktokのCreator Fundモデルが単に機能しないためです。クリエーターファンドは、ティクトクのクリエイタープログラムのユーザーの間で毎日分割されている静的なお金のプールです。

Longtime internet creator Hank Green said in a video about the Creator Fund that he initially made about five cents per thousand views, but the number of creators in the program outpaced the growth of the program itself. So, over time, his payout decreased to about two cents per thousand views. At that rate, a highly impressive 10 million views per month would net you just $200, which isn’t exactly going to pay the rent.

長年のインターネットクリエイターのハンク・グリーンは、クリエイター基金についてのビデオで、最初は1000ビューあたり約5セントを獲得したと述べていますが、プログラムのクリエイターの数はプログラム自体の成長を上回っていました。したがって、時間の経過とともに、彼の支払いは1000ビューあたり約2セントに減少しました。そのレートでは、1か月あたり非常に印象的な1,000万回の視聴回数は、たった200ドルを獲得します。

Of course, TikTok can be life-changing for creators who build an audience on the platform. Charli and Dixie D’Amelio may not make their millions from the TikTok app itself, but they wouldn’t have gotten the opportunity to work on their very own fashion line and reality show if not for their TikTok stardom.

もちろん、Tiktokは、プラットフォーム上で視聴者を構築するクリエイターにとって人生を変えることができます。CharliとDixie D’Amelioは、Tiktokアプリ自体から何百万人ものものを作っていないかもしれませんが、Tiktok Stardomではないにしても、独自のファッションラインやリアリティショーに取り組む機会を得ることができなかったでしょう。

The father of these TikTok stars, Marc D’Amelio is the CEO of the family’s ventures, like D’Amelio Brands.

これらのティクトクスターの父であるマークダメリオは、ダメリオブランドのような家族のベンチャーのCEOです。

“I have read about how TikTok is working on an ad sharing model and that would be great for the creator economy,” Marc D’Amelio told TechCrunch via email. “TikTok has built an amazing platform and changed the lives of tens of thousands of creators by giving them a platform to share their creativity with the world. It would be an incredible next step if so many of these creators could turn their creativity into full-time jobs.”

「Tiktokが広告共有モデルにどのように取り組んでいるかを読んだことがありますが、それはクリエイターエコノミーにとって素晴らしいことです」とMarc D’Amelioは電子メールでTechCrunchに語りました。「Tiktokは素晴らしいプラットフォームを構築し、何万人ものクリエイターの生活を変えました。これらのクリエイターの多くが彼らの創造性をフルタイムの仕事に変えることができれば、それは信じられないほどの次のステップでしょう。」

D’Amelio is referring to TikTok Pulse, a program unveiled in May that allows brands to pay to place their ads next to the top 4% of videos on the platform. For the first time, this let creators earn 50% of ad revenue generated through that specific program. For now, this program is only available to creators with over 100,000 followers who happen to also create the platform’s top 4% of videos. But YouTube Shorts’ potential ad revenue sharing program could further democratize access to this kind of earnings.

D’Amelioは、プラットフォーム上のビデオの上位4%の隣に広告を配置できるようにする5月に発表されたプログラムであるTiktok Pulseについて言及しています。これにより、クリエイターはその特定のプログラムを通じて生成された広告収益の50%を獲得できました。現時点では、このプログラムは、プラットフォームの上位4%のビデオを作成した100,000人以上のフォロワーを持つクリエイターのみが利用できます。しかし、YouTube Shortsの広告収益共有潜在プログラムは、この種の収益へのアクセスをさらに民主化する可能性があります。

“I think TikTok is great on awareness. Whether you’re a brand or a creator, it’s a great place for people to become aware of you,” said Louderback. “But when it comes to conversion, whether you’re a brand that wants to sell a product, or a creator that wants to sell a Patreon [subscription] or merch, YouTube in many ways can be a better platform.”

「ティクトクは認識に最適だと思います。あなたがブランドであろうとクリエイターであろうと、それは人々があなたに気付くのに最適な場所です」とLouderbackは言いました。「しかし、コンバージョンに関しては、製品を販売したいブランドであろうと、Patreon [サブスクリプション]または商品を販売したいクリエイターであろうと、YouTubeは多くの点でより良いプラットフォームになります。」

When creators build their audience on TikTok, the platform doesn’t remain their bread and butter for long.

クリエイターがティクトクで聴衆を構築するとき、プラットフォームは長い間パンとバターのままではありません。

“I will say I don’t rely on it anymore,” Tyler Gaca (ghosthoney) told TechCrunch in June. “When [the Creator Fund] first came out and it was first established, I was in that period where I was creating seven videos a week, and it did help cover some of my bills.”

「もう頼らないと言うでしょう」とタイラー・ガカ(Ghosthoney)は6月にTechCrunchに語った。「[クリエイター基金]が最初に出てきて、最初に設立されたとき、私は週に7つのビデオを作成していた時期にいました。

But as Creator Fund payouts became less reliable, Gaca turned to podcasting and other writing projects for more sustainable income.

しかし、クリエーターファンドの支払いが信頼性が低下するにつれて、GACAはより持続可能な収入のためにポッドキャスティングやその他の執筆プロジェクトに目を向けました。

“The Creator Fund doesn’t really help as much anymore,” he said. “But that’s because I’m not as active, I think.”

「クリエーター基金はもうそれほど役に立たない」と彼は言った。「しかし、それは私がそれほど活発ではないからだと思う。」

Some creators can successfully leverage their TikTok followings to sell products or join them on other, more lucrative platforms, but that’s no guarantee.

一部のクリエイターは、Tiktokのフォローを活用して製品を販売したり、他のより収益性の高いプラットフォームに参加したりすることができますが、それは保証ではありません。

“With my funk band Scary Pockets, we spun up a TikTok presence pretty quickly and got to 100,000 followers on TikTok within three to six months,” Patreon CEO and co-founder Jack Conte, who also plays in several bands, told TechCrunch. “We were pumped about it until we realized, wait, this actually doesn’t mean very much for us. Like, we can’t send these folks to Spotify. It’s hard to get them to buy merch or join a membership.”

「私のファンクバンドの恐ろしいポケットで、私たちはティクトクの存在感をかなり早く紡ぎ、3〜6か月以内にティクトクで100,000人のフォロワーに到達しました」と、パトレオンのCEO兼共同設立者のジャック・コンテは、いくつかのバンドで演奏しています。「私たちは、待って、これは実際に私たちにとってあまり意味がないことに気付くまで、それについて興奮しました。たとえば、これらの人々をSpotifyに送ることはできません。商品を購入したり、メンバーシップに参加させたりするのは難しいです。」

Conte thinks that this is because TikTok’s algorithm is so hard to understand.

Conteは、これはTiktokのアルゴリズムを理解するのが非常に難しいためだと考えています。

“Sometimes you post a video and it gets a million views, and sometimes you post a video and it gets 100 views,” Conte told TechCrunch. “That is the essence of that algorithmically-curated ecosystem. What that essentially does is it reduces a creator’s ability to build connections with their followers.”

「ビデオを投稿すると、100万回のビューが表示されます。ビデオを投稿すると、100回のビューが表示されます」とConteはTechCrunchに語りました。「それが、そのアルゴリズム的にキュレーションされたエコシステムの本質です。それが本質的に行うことは、それが彼らのフォロワーとのつながりを構築するクリエイターの能力を減らすことです。」

With these challenges, running a creator business can feel unsustainable — but with the amount of value creators generate for these platforms, it shouldn’t be that way.

これらの課題により、クリエイタービジネスを運営することは持続不可能に感じることができますが、これらのプラットフォームに生成される価値のある価値があるため、そうではないはずです。

“It seems to me that every content creator friend that I’ve talked to, we all share this same fear that everything’s just gonna collapse under your feet one day,” Gaca told TechCrunch. “So I did find myself at the beginning [on TikTok] definitely overworking myself, like doing full, minute-long comedic skits with costume changes and background changes, seven days a week. It was great for building an audience, but then I had this huge crash and burn.”

「私が話したすべてのコンテンツ作成者の友人は、いつかすべてがあなたの足の下で崩壊するという同じ恐怖を共有しているように思えます」とガカはTechCrunchに語った。「それで、私は(ティクトクで)最初は、週7日、コスチュームの変更と背景の変化を伴う完全で1分間のコメディースキットをするように、間違いなく自分自身を過度にしていることに気づきました。聴衆を構築するのに最適でしたが、その後、この大きなクラッシュと燃えました。」

For the past few years, major social platforms’ attempts to keep up with TikTok’s exploding popularity have felt laughable.

過去数年間、ティクトクの爆発的な人気に追いつくための主要なソーシャルプラットフォームの試みは、笑いやすいと感じています。

To lure creators to its platform, Instagram even offered to pay out huge bonuses for posting viral Reels — in November, one creator told TechCrunch that they had been offered $8,500 for 9.28 million Reels views on Instagram. But users still don’t seem to want a TikTok-like experience from Instagram. Instagram even had to walk back some TikTok-like changes to its app after users (including Kylie Jenner and Kim Kardashian) expressed such deep distaste for them. Instagram head Adam Mosseri said that Instagram lags behind YouTube and TikTok in metrics important to creator satisfaction, a recent report from The Information showed.

クリエイターをプラットフォームに誘い込むために、Instagramはバイラルリールの投稿に大きなボーナスを支払うことさえ申し出ました。11月、ある作成者はTechCrunchに、Instagramで928万リールのビューで8,500ドルを提供されたと語った。しかし、ユーザーはまだInstagramからティクトクのような体験を望んでいないようです。Instagramは、ユーザー(Kylie JennerとKim Kardashianを含む)が彼らのためにそのような深い嫌悪感を表明した後、アプリにいくつかのティクトクのような変更を戻さなければなりませんでした。InstagramのヘッドであるAdam Mosseriは、InstagramがYouTubeとTiktokの後ろに、作成者の満足度にとって重要なメトリックに遅れていると述べた、と情報の最近のレポートによると。

Even though Instagram’s parent company Meta has poured a wealth of resources into building out Reels, internal documents leaked to The Wall Street Journal revealed that Instagram users are only spending a total of 17.6 million hours a day with the product. That’s less than 10% of the time TikTok users spend on the platform, a cumulative 197.8 million hours a day.

Instagramの親会社Metaがリールを構築するために豊富なリソースを注ぎ込んだにもかかわらず、Wall Street Journalに漏れた内部文書は、Instagramユーザーが製品に合計1760万時間しか費やしていることを明らかにしました。これは、Tiktokユーザーがプラットフォームに費やす時間の10%未満であり、1日あたり1億780万時間累積的です。

Meanwhile, over 1.5 billion logged-in users watch YouTube Shorts each month, but the company hasn’t shared metrics about how engaged these users are. TikTok reached 1 billion monthly active users about a year ago.

一方、15億人以上のログインユーザーは毎月YouTubeショーツを視聴していますが、同社はこれらのユーザーがどれほど関与しているかについてメトリックを共有していません。Tiktokは、約1年前に毎月10億人のアクティブユーザーに到達しました。

If it can pull off this ad revenue share model, YouTube Shorts now has a chance to prove itself as the best way for short-form video creators to make a living. Even better, we know that social apps love to copy each other. If YouTube Shorts’ new monetization structure can lure other platforms to figure out their own revenue-sharing models ASAP, then we’re in for yet another boom in the creator economy.

この広告収益シェアモデルをやめることができれば、YouTube Shortsは、ショートフォームのビデオクリエイターが生計を立てるための最良の方法として自分自身を証明する機会があります。さらに良いことに、ソーシャルアプリはお互いをコピーするのが大好きであることを知っています。YouTube Shortsの新しい収益化構造が他のプラットフォームを誘い込んで自分の収益分担モデルをできるだけ早く把握できる場合、クリエーターエコノミーのさらに別のブームに参加しています。

Patreon CEO Jack Conte is fed up with Instagram and Facebook

Patreon CEOのJackConteはInstagramとFacebookにうんざりしています

Maybe creator funds are bad

たぶん、クリエイターの資金は悪いです

元記事
https://techcrunch.com/2022/09/17/youtube-shorts-could-steal-tiktoks-thunder-with-a-better-deal-for-creators/

Newsカテゴリの最新記事